ピクシブ百科事典

空想科学読本

くうそうかがくどくほん

著:柳田理科雄の考察本。マンガやアニメ等の設定・現象を、現代科学の知識で掘り下げていくという内容。
目次[非表示]

概要

アニメ漫画特撮で描かれてきた様々なSFヒーロー怪獣・各種キャラクターSF設定を「科学的」に検証した書籍。マニアに限らず一般読者にも受け入れられてベストセラーとなり、シリーズ化している。しかし、文庫化をめぐって当初の発行所である宝島社と決裂し、メディアファクトリーから改訂版・文庫版・新装版が発行されている。過去にはテレビ放映もされた。
メディアファクトリーがKADOKAWAに統合されてからは、角川文庫版も発売された。

近藤ゆたかが挿絵を担当しており、2までは木原浩勝が企画監修していた。


元々は柳田が経営する学習塾の赤字を少しでも減らす目的で執筆されたものだが、惜しくも印税の振込が間に合わず、塾は閉鎖されてしまっている。

近年では『イナズマイレブン』『戦国BASARA』『進撃の巨人』『ゴジラ』『ポケットモンスター』『スターウォーズ』などの人気作品の版権元から依頼され、1冊丸ごとその作品について取り扱ったも出している。
2017年以降は小中学生向けに内容を改訂した『ジュニア空想科学読本』が出版の中心になっている。

また、『シン・ウルトラマン』では(公式は明言していないものの)本シリーズで実際に検証・考察された内容終盤のある展開で反映されている。

本の内容

絶対、空想科学読本のネタにするんでしょう!!


本書のコンセプトは、基本的には「怪獣映画やSFマンガなどの空想科学作品で描写されている事象を実際の現代科学で再現すればどうなるか」を現実の物理法則にあてはめてシミュレーションすることである。ユーモアあふれる文章と科学的な検証が好評を博してベストセラーになり、続編、関連書も次々と出版されるようになった(ついでに他社から類似本も結構出た)。

いつも科学考証をやっているとは限らず、「セカンドインパクトで人口の半分が死んだらどんな社会問題が起きるか」やら「スーパー戦隊の歴史はマンネリ化などしていないことを実証する」とか「江戸川コナンの周囲で発生する事件を統計学的に分析したらどうなるか」など、「実際にやってみたらどうなるか」といった統計学や人文科学の視点から検証を入れることもある。

ウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズなどが本作の常連だが、中には『Fate/Zero』などの科学よりも魔術よりの作品や、『はたらけ、ケンタウロス!』や『ヌードファイター柚希』といったマイナーな作品、ギリシャ神話などの古典が取り上げられる事があり、ある種、新規層が他作品を知る切っ掛けにもなっている(ただし、後述するように本シリーズでの作品解説は公式のものとは異なる事があるので、注意が必要である)。

派生作品である『空想法律読本』では空想世界の事象を法律の観点から分析、『空想英語読本』では空想世界のワードを実際の英語に置き換えたり、翻訳する事を主題にしている。これらは作者が柳田氏ではないシリーズである。

挿絵

本シリーズの挿絵は全て近藤ゆたかによるものであるが、著作権への配慮としてキャラクターのイラストはオリジナルに似ないように描かれている。

例えばドラえもんは初期の「タケコプター」や「どこでもドア」の検証では後ろからなど顔を描いておらず、空想法律読本2にてようやく解禁され、本誌第5巻では「ドラえもんの体形と野比家の構造」についての検証でドラえもんの顔(に近いもの)が描かれたが、口元(マズル)部分が突き出たイヌっぽい顔になった。他にも、ウルトラマンが長ズボンを履いていたり、歴代の仮面ライダーがことごとく鼻から下をむき出しにしたライダーマンスタイルだったり(宇宙で活動するフォーゼだけはちゃんと口まで描いてあった)、ウルトラ戦士が口を動かして会話していたり、鉄腕アトムの顔や関節がメカ感モロ出しのデザインだったり、ガンダムの口元がダースベイダーのようになっていたり、フランキーが褌を締めていたりと、意図的にキャラクターのデザインを似せずにイラストが掲載されている。

だが、ゲゲゲの鬼太郎目玉おやじはどう描いても似てしまうため、目に横線が引いてある(後に登場した時は一反木綿ともども口も追加されている)。一方でゴジラ怪獣はイジり様がないためか容姿ほぼそのままだったり、ねずみ男の頭巾にデカい丸耳を追加したり両津勘吉目ん玉を繋げたりコブクロのイラストにファンから「似ていない」とクレームがきたり(これに対し書籍収録の際欄外に新規イラストが挿入された)もしている。

第5巻以降はカラーイラスト(2色刷り)も掲載されているが、こちらも上記の理由もあり配色設定も微妙である(ケロロ軍曹帽子が白い、初音ミク一方通行金髪になっている、など)。

それ以外にもイラストではコアだったりマイナーな古いネタを使ったイラストも多い。
挿絵の他、口調も敢えて少し似てないように書いているようで、うずまきナルトの口癖が微妙に違っていたりする。

空想科学読本シリーズ


1999年の論争!までは木原浩勝が企画監修している。

空想歴史読本 - 円道祥之 著
空想法律読本 - 盛田栄一 著
空想科学映画読本シリーズ(扶桑社)
空想科学漫画読本シリーズ(日本文芸社)
空想科学日本昔話読本(扶桑社)
空想科学生活読本(扶桑社)
ジュニア空想科学読本シリーズ(角川つばさ文庫
空想科学論争! - 柳田理科雄・円道祥之 著
空想非科学大全 - 柳田理科雄 著
空想科学理科読本(大和書房)
空想英語読本 - Matthew Fargo 著
空想科学大戦!シリーズ - 漫画作品
ポケモン空想科学読本シリーズ(オーバーラップ)

※なお、文庫本の「空想科学読本Q」、「空想科学日本昔話読本」、「空想科学漫画読本」、「ジュニア空想科学読本」、「空想科学理科読本」に関してはいずれも近藤ではない別のイラストレーターが挿絵を担当している。
「ポケ空」に至っては姫野かげまる氏直筆である。

注意点

ベストセラーになっているように多くのファンを持つが、わけあって嫌悪する人も少なくない。

  • 作品やキャラクターを愚弄しているとも受け取れる内容
  • 作品を深く見ていない、そもそも見ていない
  • 現実に存在しない物質を、現実のものに無理やり置き換えて考える等作品設定を考慮しない(注釈は入る)
  • 十分に現実との差を踏まえないで行われる考察

本人も認めているが、長寿シリーズなこともあり誤字脱字や設定の誤解が多く、計算等が間違っているケースも存在する。本書を話題として持ち出す際にはその点で注意が必要である。

注釈で取り上げた作品に対する解説が入るものの、『空想科学読本ミドリ』ではクワゴ怪人のモチーフがなぜか桑になっていたり(実際はクワゴという昆虫がモデル)、綱海条介が雷門中に転校してきた(実際はイナズマキャラバンという対エイリア学園チームに加入しただけで、転校した訳ではない)という風に記載されるなどの誤りも多い。

なお、柳田氏も上述のような様々なミス等の指摘に対しては「科学とは一人の力でなく皆の協力で発展していくもの」と前向きな姿勢を持っているため、指摘があるのであれば手紙や公式サイトのフォームなどを利用して(礼節は守ったうえで)送ってみるのもいいだろう。

類似本などのせいで勘違いされがちだが、この本の主題は「空想世界のこういう描写は科学的に間違っている!」という批判ではなく、「この描写は科学的にはこんな感じ!」や「こんなに荒唐無稽なことを考えてしまう人間の想像力は素晴らしい!」という賞賛である。

関連タグ

設定 メタフィクション 唐沢なをき そこにワンダーはあるのかい すごい科学で守ります!

関連記事

親記事

メディアファクトリー めでぃあふぁくとりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「空想科学読本」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「空想科学読本」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 368444

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました