ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メディアファクトリー

めでぃあふぁくとりー

かつて日本に存在していた出版社。コンピューターゲーム、カードゲーム、映像関係等も手掛けた企業。
目次 [非表示]

概要

英語名:MEDIAFACTORY

別名:「MF(えむえふ)」、「メディファク(めでぃふぁく)」


ポケモンシリーズの版権事業部・カードゲームや家庭用ゲームや音楽CD・ビテオ・DVDなどの各種製品・各種書籍の出版の製造・販売を行う企業だった。


1986年12月に設立された。もともとリクルートの出版部門の一部が分離する形での設立だったため、「リクルート出版」と名乗っていた。1991年4月にこの名前に改名した。


設立のいきさつから長年リクルートの子会社だったが、2011年に角川書店(厳密に言えば角川グループホールディングス→KADOKAWA)の傘下に入ったあと、2013年9月30日をもって角川書店に吸収合併され、消滅した。当初はKADOKAWAの企業内カンパニーという形で存続したのだが、2015年3月いっぱいで企業内カンパニーとしても消滅した。ただしKADOKAWAのブランドのひとつとして残されてはいる。


社内カンパニー制廃止後もしばらく独自の事業局として存続していたアスキー・メディアワークス(電撃系)やエンターブレインと異なり、MFの出版部門はいち早く一体化を受け入れたがその過程で一部の元社員が独立してオーバーラップを立ち上げている。また、2022年には創業者がオリンピック贈賄事件で逮捕され、大きな痛手を負うことになった。


映像事業

KADOKAWAへの吸収合併後も映像事業は本社(旧角川書店)系と完全に一体化しておらず、品番も本社系の「KAxx-」に対して独自の「ZMxx-」を使用する。テレビCM等では区別がつきにくいが、アニメ化作品でグループ外の出版社(秋田書店芳文社スクウェア・エニックスなど)が原作でKADOKAWAが映像ソフトを発売するタイトルは基本的に旧MF系のラインが担当しており、近年では一ツ橋グループ(小学館集英社他)や音羽グループ(講談社光文社他)が原作を刊行する作品も手がけるようになった。


KADOKAWA買収以前の事例としては「赤ちゃんと僕」(白泉社=一ツ橋グループ)や「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」(スクウェア・エニックス、制作委員会の一員として参加)、或いは「きんいろモザイク」(芳文社、制作委員会の一員として参加。なお「ハロー!!きんいろモザイク」ではKADOKAWAとして参加)などがある。

KADOKAWAグループ編入後はMFの版権マークも「不死鳥マーク」に統一され、角川に関係ない出版社の作品にも不死鳥マークがつくようになった。そのため、上記の出版社も角川グループに編入されていると誤認される場合がある。


また、KADOKAWAの社内ブランドでもMF関係(MF文庫Jコミックフラッパーコミックアライブ)が原作のタイトルは当然こちらで扱うが、富士見書房ファンタジア文庫ドラゴンエイジ)関係のタイトルでも本社系でなくMF系のラインで発売される場合がある。


主な事業

MF文庫J

ゼロの使い魔インフィニット・ストラトス(後にオーバーラップ文庫に移籍)、僕は友達が少ないなどをかかえる文庫本レーベル。


漫画雑誌

代表的なものはコミックアライブまりあ†ほりっくディーふらぐ!などのシリーズや、MF文庫J・ゲーム作品などのコミカライズを連載している。

この他の漫画雑誌に、コミックフラッパーコミックジーンコミックキューンがある。


ぞくぞくヒーローズ

自主開発されたゲームソフト。


ゲームボーイサクラ大戦

第1弾の「檄・花組入隊!」のみ発売(第2弾はセガからリリース)。


ポケットサクラ

ピンク色の万歩計。ポケットピカチュウカラーと違う性能。


移管・消滅

ポケモンカードゲーム

その名の通りポケモンを題材としたトレーティングカードゲーム。任天堂が製造元。株式会社ポケモンの新設に伴い同社に移管された。


ポケットモンスター関連CD

「ピカチュウレコード」名義で販売を行っていたが、2012年10月にソニーミュージックの日本法人への移行に伴い消滅。ただし、ゲームのサウンドトラックに関してはオーバーラップが引き継いでいる。


ポケットモンスターの関連ビデオ・DVD

小学館が発売元。上記の「ピカチュウレコード」と同様にソニーミュージックの日本法人に移行する形で消滅。


ゲーム版ポケットモンスター攻略本

小学館のほかにもゲーム版ポケットモンスターシリーズの攻略本が発売されていたがこちらもオーバーラップに移管された。


アンジュ・ヴィエルジュ

メディアファクトリー富士見書房の共同開発によるトレーディングカードゲーム。

TCGと同時期にセガからスマートフォンアプリ「アンジュ・ヴィエルジュ 第二風紀委員会ガールズバトル」(現在はアップデートによりタイトルが「アンジュ・ヴィエルジュ ガールズバトル」に変更された)もリリースされている。

2016年にはアニメ化された。

2017年にTCG版の商品展開が終了。スマートフォンアプリ版はその後もサービスを継続し、2023年にTCG・アプリの両方で新シリーズのリリースを予定している。


関連タグ

出版社 ゲームメーカー リクルート KADOKAWA

オーバーラップ(一部社員が退社し、設立)

関連記事

親記事

KADOKAWA かどかわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64663

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました