ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

谷川ニコ(正確には原作の谷川イッコ、作画の谷川ニコの2人組)による漫画作品。ガンガンONLINEにて2011年8月4日から毎月第1・3木曜日更新で連載中。
2013年7月からテレビアニメがテレビ東京テレビ大阪テレビ愛知アニメシアターX、1ヶ月遅れで熊本放送にて放送された。

あらすじ

高校は人生で一番モテる時期と思っていたオタク少女の黒木智子。
しかし、現実ではモテないどころか、入学後2ヶ月近くも同じ高校生と会話してない有様だった。
あんな奴らと群れるくらいならぼっちでいいと思いつつも、智子は友達や恋人を作る努力を始める。
これは、喪女、モテない女子高生のどうでもいい日常の物語である。

作品解説

主人公のゲスい思考、モテるために行う行動が色々とぶっ飛んでおり、空回りや自意識過剰による痛々しい勘違いで勝手に自滅を繰り返す様と、そんな彼女を取り巻く周囲の世界の優しさと切なさを面白おかしく描いているのが本作の肝である。
主人公のぼっち描写について作者の実体験に基づいているためかリアリティが高く、学生時代に交友関係が少なかった読者には共感できるシーンが数多く存在するのも本作の面白さだが、中にはそれを辛いと感じる読者もいるようである。

文化祭や修学旅行など様々な学校行事を経て、会話をするキャラクターが徐々に増えていき、「友達」と言える存在が新たにできる。初期がぼっちの独り相撲だったのに対し、現在は関わる人物が増えたが故の、様々な事情を抱えた登場人物との人間関係が描かれている。

元々ガンガンONLINE上でも人気な作品だったが、海外の掲示板『4chan』にて大きな共感を呼び、ブームとなった。その人気は単行本の帯に「海外の2ちゃん的な掲示板で大人気」と書かれる程である。

主人公

黒木智子(くろき ともこ)

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!


本作の主人公。
作品ファンからの愛称はもこっち(作中では中学時代のあだ名)。
ボサボサの黒髪に目の下のクマが特徴的。

智子の家族・親類

黒木智貴(くろき ともき)

おとうと


智子の弟。
サッカー部FWのレギュラーであり、性格は智子と正反対の真人間だが、智子と同じく目の下にクマがある。
毎日1時間の会話を強制したり、自分の飲食物を勝手に飲み食いする姉を心の中でうざいと思いつつも放っておくことができず、公園でいじけている智子に声をかけたりと、根は優しい。
本人は忘れているが、幼少期は姉が大好きで将来は姉と結婚するとまで言っていたほど。

母親

智子と智貴の母親。
智子とは違い常識人。怒ると怖い。

父親

智子と智貴の父親。
寛容な性格。娘たちのクマは彼譲りと思われる。

里崎希心(さとざき きこ)

きーちゃんのドミスト


智子の従姉妹。通称「きーちゃん」。
小学生の頃、智子が見栄を張って言った彼氏がいるという話を信じて尊敬していたが、中学生になって初めての夏休みに智子の痛々しい現実を目の当たりにして、ゴミを見るような眼差しで軽蔑するようになる。
しかし、やがて考えを改め、今度は捨てられた子犬を見るような憐憫の眼差しに変わった。
喪141で名字が判明する。

中学からの友人

成瀬優(なるせ ゆう)

優ちゃん2019


智子の中学時代の友達。通称「ゆうちゃん」。
中学時代は地味なオタク少女で智子と仲良しだったが、ちょっとアホの子だったので智子と同じ高校には進学できなかった。高校生になって再会した彼女は、眼鏡を外して髪を染め、性格も明るくなり、まるで別人の様になっていた。
もとから智子が発情するレベルには素材は良く、かなりの美人に変貌を遂げた。
彼氏も出来たため、智子の心の中でメスブタ扱いされるが、本人の優しい性格は変わっておらず、智子に対しても変わらぬ友情を抱き続けている。しかしよく智子にセクハラされる。2年生時に友達を優先し彼氏と別れた。

小宮山琴美(こみやま ことみ)

こみさん


ゆうちゃんの友達で智子の知り合い。通称「こみさん」。
千葉ロッテマリーンズガチ勢。変態シスターズ姉。
智貴に一方的な想いを寄せているのだが、言動や行動がシャレにならない。それが原因で智子とは因縁の関係にあるが、度々ゆうちゃんを含めた3人でお茶会をするなど腐れ縁でもある。2人ともゆうちゃん経由の知り合いなのだが高校はゆうちゃんだけ別の学校である。高校3年で智子と同じ5組になる。

高校の関係者:智子と同じクラス

吉田茉咲(よしだ まさき)

無題


ピュアヤンキーな女子生徒。初登場は喪72話。アニメ未登場。
修学旅行にて智子と同じ班になった事で知り合う。
口調が荒く手が出るのも早いが、純真でかわいいものが好きという一面も。
ラッキースケベ体質(被害者)。

田村ゆり(たむら ゆり)

ゆりちゃんは無表情かわいい


脱力系でおさげ髪が特徴の女子生徒。初登場は喪69話。アニメ未登場。
修学旅行にて智子と同じ班になった事で知り合う。
智子にとって高校に入って初めてできた友達である。
イヤホンを付けて両手をポケットに突っ込んでいる事の多いダウナー系女子。
智子からは「ゆりちゃん」と呼ばれている。

田中真子(たなか まこ)

まこ


そばかすがチャームポイントの女子生徒。初登場は喪69話。アニメ未登場。
あだ名はまこっち
修学旅行の班は別だが自由行動から合流し一緒に回ることになる。
ゆりの親友。保護者的な一面を持つ、とてもいい人。
智子からは「そっちの人」だと思われている。
最近は吉田さんに色々と思うところがある様子。

根元陽菜(ねもと ひな)

無題


ツーサイドアップが特徴的な同じクラスの女子生徒。
リア充故に智子から妬みの対象となっていたが、声優志望であることを知り、さらに喪97でのやりとりをきっかけに本音で会話する関係に。智子は心の中で「ネモ」とあだ名していたがつい口に出してしまい、あだ名で呼び合う事を強要される。

初芝(はつしば)

とにかく友達が欲しいキバ子


(イラスト右側の男子生徒)
漫画研究部所属の男子生徒。
智子曰く「限定じゃんけんで裏切りそうな顔」。
美術の補修で智子の似顔絵を描き慣れた漫画のモブと同じ顔で描いたのだが、智子はその似顔絵を見て自分に特別な感情を持っていると誤解している。

岡田茜(おかだ あかね)

岡田さん


同じクラスの女子生徒。ネモの親友でリア充グループの1人。
ポンパドゥール・ヘアーの頂点がパイナップルの葉のように開いているのが特徴。正義感の強いスポーツ女子。

南小陽(みなみ こはる)

キバ子


同じクラスの女子生徒。
八重歯が特徴で、智子は心の中で「キバ子」とあだ名している。
表向きは陽キャだが典型的なキョロ充。人間関係の距離感の取り方が致命的。
3年生の2学期になってからは二木さんに話しかける事が多い。
サチの友達。

加藤明日香(かとう あすか)

加藤明日香


同じクラスの女子生徒。
高身長でスタイルも良い美人な上に気さくで、智子にも気軽に話しかけ、時にはメイクをしてくれる。周囲への気配りも欠かさず、母性溢れる存在。やや冗談が通用しない面があり、その場の雰囲気を変えてしまう事もある。
違うクラスだが楠夏帆佐々木風夏成田美保と仲がいい。

二木四季(ふたき しき)

進撃のポテ娘


智子の心の中でのあだ名は「ポテンシャルさん」又は「絵文字MK-II」。
内笑美莉と同じく顔が絵文字。3年で智子と同じクラスになる。
運動神経・反射神経等で高いポテンシャルを持つ女子高生。
喪147でフルネームが判明する。
最近では黒木智子吉田茉咲、麗奈、杏奈と一緒に行動することが増えている。
3年生の2学期になってからは南さんに話しかける事が多い。

伊藤光(いとう ひかり)

伊藤さん


小宮山の友人で、彼女のことを「こと」と呼ぶ。吹奏楽部所属。
1年から3年まで小宮山とは同じクラスである。小宮山とは似ても似つかぬ常識人で、どこか達観している。
喪143でフルネームが判明する。

清田良典(きよた よしのり)

よーっす、お待たせ


同じクラスの男子生徒。メガネをかけたリア充グループの1人。
リア充ゆえに1年の頃は智子の妬み嫉みの対象となっていたが、次第に智子にも気を使って場を和ませようとしてくれるただのいい奴である事が判明する。作中でも特に空気の読める男。

和田(わだ)

わたモテ落書き


(イラスト左側の男子生徒)
同じクラスの男子生徒。パーカーが特徴で、清田の友人。
智子とジャンプの話で盛り上がったり、智子から雑誌を貸してもらったりしている。
尚、タグ検索する際は「和田くん」で探した方がノイズが少ない様である。

その他の高校関係者

今江恵美(いまえ めぐみ)

今江先輩


智子達より1学年上の先輩。生徒会長。
1年のころから智子に優しく接してくれていた作中屈指の聖人。

井口朱里(いぐち あかり)

高目をアガる朱里ちゃん


智子達より1学年下の後輩。智貴の事が好き。
変態シスターズ妹。小宮山とは智貴を巡る良きライバル。

平沢雫(ひらさわ しずく)

もこっちに後輩ができたよ!


智子達より2学年下の後輩。
入試の際に体調を崩し、試験監視役になっていた智子に保健室へと連れられ、そこで励ましの言葉をかけてもらった。
その後は無事入学を果たし、名実ともに智子の後輩となったが、実は天然の男たらし(しかも自覚なし)のせいで、同性の友人が出来ないという悩みを抱えた、アレな少女の1人であった。このため女子なのに自分へと能動的に話しかけてくれる智子を、本心から慕うようになった。
よって劇中、雫視点の智子は、美化140%で描かれる

因みに智子からによる雫の評価は「クズ」「いじめたくなる」「クソビッチ」「女に好かれる要素ゼロ」などだが、同時に「エロければ何でもいい」スタンスでもあるため、“低くも高くも無い”レベル。

杏奈(あんな)

わたモテ絵詰め合わせ3


吉田茉咲の友人でヤンキー3人組の1人。

麗奈(れいな)

仲直り


(イラスト左側の女性)
上記と同じく吉田茉咲の友人。
校則違反をし謹慎処分を受けたりと、3人の中では一番ヤンキーらしい。

楠夏帆(くすのき かほ)

夏帆ちゃん


3年4組。初登場は喪78。
加藤明日香、佐々木風夏、成田美保の友達。
2年の時は明日香と同じ4組でとても仲がいい。
3年でクラスが異なるが、4組に明日香が辞書を返しに行ったり5組で明日香と昼食を取ったりしており交流が続いている。
田中真子と同じ千葉西大学を目指している。

佐々木風夏(ささき ふうか)

風夏ちゃん


3年6組。初登場は喪87。
黒髪をポニーテールにまとめ、凛とした顔立ちが特徴。
喪148で久しぶりに登場する。通学時は智子と同じ電車を利用している。
ソフトボールの経験がある描写が見られ、球技大会では優勝に貢献している。
加藤明日香と名前で呼び合う仲である。明日香と同じ青山学園大学を目指している。
楠夏帆とも仲が良く、同じクラスの事もあり成田美保と2人でいる描写が多い。
最近は残念な美人と化している。

成田美保(なりた みほ)

わたモテみほちゃん


3年6組。初登場は喪87。
喪154で久しぶりに登場する。
明るくノリのいい性格で、球技大会の表彰台では賞状を手にして「いぇーい!」とアピールしていた。
加藤明日香、楠夏帆、佐々木風夏と仲が良い。

サチ

わたしのこはるちゃん
私の小陽ちゃん


3年4組。
南小陽の友達。グループのリーダー的存在で性格に少々難あり。
セミロングの髪型と目元が描かれない事が特徴だったが、喪188にて目元が描かれるようになる。
喪191で名字が「美馬」と判明する。

雌猫組

内笑美莉(うち えみり)

センシティブな作品


(イラスト右)
絵文字
もこっちが嫌がろうとも「キモいキモいよ」と大声で叫ぶ。流石は安定のうっちー
温泉の湯を飲む妄想卵型のテカテカ顔黒木のうんこ見たの!?発言とギャグに一層磨きがかかって読者を楽しませてくれる。
宮崎(みやざき)さん
(イラスト左)
3年4組。
凪は田村ゆりと以前から会話したかったようで、夏合宿でゆりと仲良くなってる。

荻野 / 荻野先生(おぎの)

オギー


智子の担任の女性教員。熱血で生徒の事を真摯に考えており、決して悪い人ではないのだが、デリカシーの欠片もない人物。
やることなすことぼっちにとっては鬼畜の所業であり、幾度となく智子(と稀にネモ)を精神的に追い込んだが、なんだかんだ智子にも友達ができたので結果オーライ(かもしれない)。

学校外

マロ(犬)

クソ犬と吉田さん


今江先輩の愛犬。
時々学校の中庭に現れるもこっちそっくりの犬。
吉田さんのスカートに顔を突っ込んだためある人達からはク●ニ犬、ク●ニーヌと、智子そっくりな顔よりまたある人からは「キモイーヌ」と呼ばれる。
飼い主以外からマロと呼ばれていない。

ちなみに

登場人物の苗字の大半はモブキャラを含め、千葉ロッテマリーンズに所属経験のある選手が由来である。ちなみに黒木智子の声優を務める橘田いずみはかつてM☆Splash!!チアガールをしていた。こういった事から千葉ロッテマリーンズとのコラボも行われた。

関連動画




関連タグ

一般谷川ニコ ガンガンONLINE 2013年夏アニメ 喪女
略称私モテ わたモテ ワタモテ watamote
users入り私モテ100users入り私モテ500users入り私モテ1000users入り私モテ3000users入り
一覧記事私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!のコンビ・グループ・カップリング一覧


外部リンク

関連記事

親記事

谷川ニコ たにがわにこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109300070

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました