ピクシブ百科事典

黒木智子となかまたち

くろきともことなかまたち

黒木智子となかまたちとは、漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」における主人公・黒木智子とその仲間達である。
目次[非表示]

概要

高校2年目の修学旅行において黒木智子と同じとなった、いわゆる「余り者同士」。
当初はお互いに無干渉・無関心であったが、やがて少しずつ会話や交流する機会が増えていった。
修学旅行を終えた後も高校生活内で触れ合うようになり交友関係を築くようになった。
ちなみに「黒木智子となかまたち」とは後の体育祭で智子が発した呼称である。

人物

黒木智子

あの…


本作の主人公。修学旅行では班長となり、四苦八苦しながらも一人で班行動の計画を立てた。
旅行中も度々吉田と揉めたりみんなとはぐれたりしつつも、班のメンバー達とできる範囲で会話や交流をしようと彼女なりに考えながら悪戦苦闘を繰り広げた。
その甲斐あってか、それまで学校内に友達がいない正真正銘のぼっちだった彼女と班のメンバー達は旅行後も少なからず交流を続けるようになり、不慣れな現状にまだまだ戸惑いながらも以前より充実した学校生活を送れるようになった。
その影響からか、以前のような卑屈な態度や孤独に苛まれる感情なども多少改善の傾向を見せつつあるが、思い込みの激しいところや心の中で相手に毒づく性格はまだまだ健在。
友人やクラスメイトに対してもだんだん遠慮がなくなってきており、彼女を気にしたり彼女に声を掛けるクラスメイトは以前より多くなっている(一部では「例のあの人」として名を馳せる)。

田村ゆり

ゆりちゃん


よくイヤホン付きで音楽を聴いている黒髪お下げの脱力系少女。
登場当初は修学旅行前の班決めで親友の真子が南の班に誘われた事が原因で真子と喧嘩していた。そのせいで修学旅行序盤までは拗ねて同じ班のメンバーに対しても無関心で冷めた態度を取っていたが、智子と吉田のトラブルを何度か仲裁していく内に少しずつ態度が軟化していった。
どこか気だるげでやや素直じゃない面もあるせいか、うっちーいわく友達は少ないようだが、班内では最も良識のあるキャラで担任荻野の一押しもあり、修学旅行後は智子や吉田にも積極的に話しかけるようになり、彼女らの交流の橋渡し的な役割を担う面倒見のいい性格。
現在では二人の扱いも手慣れたもので、智子が多少おかしな事を口走ってもいつもの事のように聞き流したり、やらかした智子を吉田が軽くシメる際もあえて止めてなかったりする。
旅行中に智子とは番号交換しており、智子や真子とLINEをする事もある。
また、智子・真子との三人でお昼ご飯を食べるのが日課になっており、自分が風邪で欠席した際には智子と真子がどうしているか、ちょっと気にしたりもする。
智子の事は「悪い人じゃないけどいい人でもないと思う…」と、ある意味絶妙に評している。

吉田茉咲

Delinquent Girl High Kicking


見るからにガラの悪い不良少女で、智子からは(心の中で)ヤンキー呼ばわりされている。
修学旅行中は度々智子と揉めるが徐々に打ち解け、最後まで一緒に班行動をしていた。
旅行中に足を挫いた智子をおんぶして階段を登ったり、体育祭の50m走では一位になるなど、基礎体力や運動神経は良い様子。
見かけによらず可愛いもの好きで、キャラもののパンツやハンカチなどのファンシーなグッズを愛用しており、智子いわく「ガキ向けなぬいぐるみ」に執着したり、成人式でミッキーに祝ってもらえない事を知った時には落胆し、ゆりいわく「凄く悲しそうな顔」をしていた模様。
また、性に疎い一面もあり、智子には密かに「ピュアヤンキー」呼ばわりされる事もある。
失言セクハラ行為の多い智子を軽くシメる事もしばしばあるが、お互い言うほど嫌悪している様子はなく、何だかんだで悪くない二人の仲はあの今江先輩も認めている。
現在では雨の日に傘を忘れた智子を自分の傘に入れてあげたり、体育の授業の準備運動であぶれた智子に声を掛けて二人組になったり、態度こそぶっきらぼうながら彼女なりの智子に対する気遣いも見られるようになっているが、猜疑心の強い智子には誤解されがちでいまいち伝わっていない。
長らく苗字しか判っていなかったが、122話にて名前が判明した。

田中真子

ワタモテの真子ちゃん


色の薄いショートヘアとソバカスが特徴的な少女。
修学旅行では誘ってきた南と一緒の班だったので智子達と同じ班ではなかったが、喧嘩をしていたゆりと仲直りした翌日の自由行動では一緒に観光をして回った。
ゆりと喧嘩した件については自分がゆりを裏切ったとして今でも密かに気に病んでおり、それが遠因となって智子にある誤解を抱くようになる。
智子とはゆりを介して昼食を一緒に食べる、いわゆる「友達の友達」という微妙に距離のある間柄だったが、ゆりが風邪で休んだ日に起きたある出来事を通じて正式に「友達」となった。
しかし、お互いに相手の事をよく知らないまま様々な誤解や偶然が重なり、トイレの個室の中で二人きりという少々特殊なシチュエーションで、真子が智子を雪隠詰めにした挙句、「私と友達になって」と懇願し、別の意味で身の危険を感じた智子がそれを承諾した(せざるを得なかった)ため、結果的に真子は智子を「凄くいい人」、智子は真子を本物と認識するに至った。
彼女も長らく名前しか判っていなかったが、122話にて苗字が判明した。

関連項目

黒木智子 田村ゆり 吉田茉咲
田中真子 吉もこ ゆりもこ 山本太郎となかまたち

pixivに投稿された作品 pixivで「黒木智子となかまたち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61291

コメント