ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

短いツインテールと、(●▲●)なモブ顔が特徴的な女子学生。
初登場は2年目の体育祭で、騎馬戦の時に智子が不在だった為に友人らが急遽チームを組んだ娘。
その際は単騎で5組ものハチマキを奪う活躍をして智子を驚愕させている。
3年目のクラス替えで(似たような容姿の子と入れ替わる形で)智子と同じクラスに編入した。
休み時間には教室内で柔軟体操をする様子も見せておりかなり身体が柔らかい事が判明している。また、体育館でベンチプレスをしていたり器具を使った下半身のトレーニングも日課にしているようで、全てはゲームの為にやっていると語っている。

運動神経だけでなくゲームの腕前も凄まじく音ゲー、ダンスゲー、格ゲー、更には射的も得意な一面を見せている。また学校の成績も学年99位と高め。
ゲームに対する情熱は相当のものらしく進学後はプロゲーマーになる事が夢と堂々と言い切っている。
反面、麻雀などの運が大きく絡む勝負は苦手だと自負している。
YouTubeに顔出しはしていないが自分のゲーム実況チャンネルを持っており、登録者数5万人越えで、再生数の多い動画は6桁を叩き出すなどかなりの人気を誇っている。最初の頃は普通のゲーム画面のみのプレイだったが、トークを頑張ったり、ニーソにあざといポーズのサムネで釣ったりと再生数を上昇させる為の努力を重ねており、もこっちを感心させている。

これまで存在感を発揮しながらも智子を中心とした日常に絡む事は無かったが喪147においてゲーセンを訪れた智子や茉咲らと邂逅し一緒に遊ぶ仲になった。
遠足回では伊藤光に射的の景品を手渡している。
学校非公認の音ゲー部など高校内にゲーム仲間の男子が複数おり、ゲームの上手さもあってか一目置かれる存在であるようである。
キバ子こと南小陽とは席が近いという縁もあってか交流が生まれ、一緒に昼食を食べる仲になっている。
最初は孤立しないための関係だった南小陽も、二木の独自性と接して今まで見下していたゲーム好きなオタクとも交流を経て、流石に彼女とその周囲の人間の悪口は気が咎めるようになっている。

一人でいることは多いが、マイペースなだけで話し掛けられればちゃんと会話し、他者を気に懸けたりとコミュ障と言うわけではない。また、自分をしっかり持っているので、ゲーム趣味のオタクと言う周囲の眼も理解して割り切り、気にしていない。

余談

その身体能力とゲームテクニックの凄さから苗字や名前が判明するまで読者から「ポテンシャルさん」の愛称で呼ばれていた。
これは騎馬戦においての「何かポテンシャル見せつけてる!!?」という智子の独白からのもの。

関連イラスト

センシティブな作品
絵文字MK-Ⅱ!!?


らくがき二木さん
進撃のポテ娘




関連タグ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 黒木智子  田村ゆり 
田中真子 吉田茉咲 伊藤光 南小陽

関連記事

親記事

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! わたしがもてないのはどうかんがえてもおまえらがわるい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「二木四季」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「二木四季」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1751746

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました