ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

あだ名はうっちー。
特技:隠密
好き:キモいこと
嫌い:キモいこと

人物

もこっちの2年生時のクラスメイトで、絵文字( ' - ' )のようなシンプルな顔が特徴。
もこっちからはその顔から「絵文字」と呼ばれている。髪型はボブカットで、もこっち曰く「顔半分隠して目つぶってればゆうちゃんに似てる」
うっちーはゆうちゃんを「ジェネリック私」と評しているが、実際はゆうちゃんが先発、うっちーは後発なのでうっちー=「ジェネリックゆうちゃん」が正しいだろと意見も少なからずあるようだ。決してうっちー=ゆうちゃんのパチモンではない。

修学旅行の時には、もこっちを初めとする余り物集団の4班のメンバーを「あんたらとは極力関わりたくないし思い出も作りたくないんだから」と、露骨に避ける態度を取るなど、あまり性格の良い方ではなかった。
とはいえ表面上は笑顔で接し、空気は読める方である。喪164では、田村ゆりのある一言にも口にこそ出さないが「そういう事言うから友達がいないんだよ」と心の中では感じていた。
ある回では南さんサチと喧嘩してることも見抜いていた。
もこっちの事は後述の出来事もあって、ことあるごとに「キモい」と罵っている。
この「キモい」とは「気持ち悪いことは気持ち悪い。でも気持ちいいこともあるの」(喪161)を意味しており、持ちギャグの一つである。

経歴


修学旅行編まで

初登場は野球応援の回で、移動のバスの座席で智子の隣に座り、後ろの座席に座る宮崎さんとかよとおぼしき女子と身を乗り出して会話している姿が確認できる。
この時はもこっちと会話すらしていない状態である。

修学旅行編

修学旅行の班分けで荻野先生が余ってる者同士で班を作った結果、智子と同じ4班となる。この時うっちーは「5人組になれなかったからこの班にいるだけだし」と発言している。

そのこともあり修学旅行中は就寝時や荷物を取りに部屋に戻る時などを除いてほとんどの時間を雌猫の間グループの友人たちと過ごし、智子達4班のメンバーに対しては「興味がない」という態度を取っていたが、修学旅行最後の夜に智子と二人部屋になった際にシャワーをのぞかれたり、誤解ではあるがパンツを盗まれそうになったり、夜寝顔をずっと見つめられたりした結果、思い出が全て智子の存在で塗りつぶされる事となった。

修学旅行後~2年生時の卒業式

修学旅行での出来事がきっかけとなり、智子を自分を狙っている同性愛者と怯え逃げ回るようになる。体育祭でチアリーディングの練習をしていた時は自分の体をおかずにご飯を食べられていると思い込む。しかし同時に、応援の本番で他の女子ばかり見ていた智子に対して怒ったり、別の回では智子を見ていた田中真子に対して忠告をしつつも自分が被害者である事がどこか自慢気であった。というか自分を「かわいい」と思ってる節があるようだ。
もこっちからは「絵文字」の扱いだが。
この頃は気配によって智子の存在を察知してるらしい描写も。
しかしある朝うっちーと一緒に登校してたゆりにもこっちが話しかけようと近づいた際にはセンサーが働かなかったのか事前に気づいてなかったようだ
(朝一のキモさ!?)

以降、余った北海道みやげの菓子を同じ修学旅行班だったよしみで田村ゆり吉田茉咲に1枚づつ配ったあと、寝たフリをしていた智子の制服のポケットに4枚つっこんだり、智子と智貴が一緒にいる場面を見かけた際には、二人の仲をあれこれ勘ぐる宮崎さんとかよに対して「どう見ても弟でしょ」「遺伝子が一緒って感じがするじゃん」と断言したり人間離れした芸(ギャグも披露する。

バレンタインデーの時には、「余ったから」と言いつつ智子を探して校舎を回ったあげく見つからなかったからという旨の手紙と共にチョコレートを智子の下駄箱に残し、
(この頃智子はゆりと一緒に学校で友チョコを作っていた)
そのお返しとして智子からチョコをもらったら、それを家に持ち帰り「キモあまい!!」と言いながら一口食べ、残りを冷蔵庫に保管しようとしてこのチョコが元々はうんこ型だった事に気づき、体を震わせながらもう一口食べるなどギャグの中でも評価が高い。


3年生時

3年のクラス替えでは雌猫の間グループとは同じクラスになれたものの智子と同じクラスになれなかったことを、泣きわめいて地面に転がって足をばたつかせている。
なんで!?
この頃には「キモイ」「なんで!?」のギャグが確立した様子。

うっちーから見た田村ゆり


真子を南さんの元に行かせるゆりを「いいの?」と気遣う。直後に雌猫の間グループに発見され手を引かれ連れていかれ際にゆりを心配するような表情を浮かべる。前述にもあるが別の回でもゆりとは特段仲が良い様子はないが、何かと気にかけている様子が窺える(人物の項目)。
うっちーがもこっちとお化け屋敷のトークをしてた時も「そんなの黒木と田村だけ」と二人の性格を見抜いてる節がある。
うっちーは平沢雫に対しては(もこっちをめぐり)敵意むき出しの態度を取るが、意外ともこっちといつも一緒にいるゆりに対してはそういう態度を取らない。ゆりもこの関係を見抜いて敢えて対抗しないのか。真相は原作で公開、されるかもしれない。

遠足


もこっちからモーさんのキーホルダーをプレゼントされた。後日友達に「もう必要ないと思ったから、(智子と)離れていても会えなくても(キーホルダーのおかげで)つながっているのがわかっているから」と話しているが、智子自身いつも何か貰ってるのでたまにはこちらから、というのが事実である。

加藤明日香に「黒木さんからもらったの」とキーホルダーを3個も見せられた際には目を見開いて驚く。智子とつながっている(と思い込んでいる)証であるを自分以外にも貰った人がいることを思い知らされる。その後外を眺めていたが、思い浮かべていた智子の顔がみるみるうちに遠ざるオチで幕を閉じた。
喪138で智子がゆりの事を「まあ学校がなくても消える関係じゃないと思ってるけど」と、ゆりとの「つながり」と意識しているのは何とも皮肉な事である。

関連タグ


親タグ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

子タグ

うっちーを探せ '皿' 安定のうっちー

人物

田村ゆり 吉田茉咲 田中真子 平沢雫

関連記事

親記事

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! わたしがもてないのはどうかんがえてもおまえらがわるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「内笑美莉」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「内笑美莉」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14237137

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました