ピクシブ百科事典

内笑美莉

うちえみり

漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の登場人物 。
目次[非表示]

('皿')「キモいキモいキモい」

人物

絵文字を思わせる特徴的な顔をしたボブカットの少女。初登場は喪59だが、この時はモブキャラ的な存在で、本格的にストーリーに関わるのは喪80以降。通称「うっちー」。アニメには未登場。

修学旅行では人数調整の都合で黒木智子達と同じ班になるが、当初はまだ智子達にほとんど関心が無く、自由行動や宿泊先でも寝る時以外はいつものグループの友達とばかりつるんでいた。
しかし、旅行最後の宿泊先で智子と二人だけで同室となり、その時に起きたある出来事から智子への一方的な誤解と疑念を抱くようになり、智子とは極力関わり合いを避けていた。
智子とは関わりたくないという本人の意思とは裏腹に修学旅行以降、物語が進むにつれて、明らかに彼女の言動はおかしくなってきている。

智子を『自分を狙う同性愛者』と誤認するようなるが、さらに『自分に好意を抱いてる』と誤認し、挙句の果てには犯罪とも言える行為(ストーキング)を行うようになる。
当然の事ながらこれはうっちー自身の思い込みであり、智子自身は特段狙ってもいなければ好意も抱いていない。
このような経緯もあってかいくら智子に好意を示しても、智子にはその好意が全く理解されておらず、伝わる事は無い

傍から見ると犯罪者、異常者の類にしか見えないが、智子と直接話す際はごく普通の会話をしている。また智子に執着する事以外は比較的良識のある人物で友達の雌猫グループからも慕われており、また遠足回ではある人物を気遣う発言や態度を示している。

経歴

黒木智子との関係

智子から「パンツを盗まれかける」、「裸を見られる」、「消灯後にじーっと見つめられる」、「トイレまでストーキングされる」、「スカートの中を覗かれる」、「自分をおかずにしてご飯を食べられる」という様々な被害を受ける(※一部誤解あり)。

彼女の事を『自分を狙う同性愛者』と誤認するようになる。以降、智子の一挙一動に怯えるようになって現在に至る。

その他のエピソード

・体育祭の応援合戦にて、(他の女子がいたら私に見向きもしやがらねぇ!!!)とキレる。
 本来であれば智子に注目されないのは彼女にとって喜ばしい事のはずなのだが…
・喪93にて、離れた場所にいる智子を敏感に察知して気付く。
 一緒に居た友達そっちのけで智子を注視する。
・保健体育の授業中にて、「LGBT」の「L」が何を示すか正確に答えられた智子に戦慄する。
 (智子はただ、授業で習った内容を答えただけ)
・3学期明け、何だかんだと理由を付け、冬休みの旅行のおみやげのお菓子を智子にも配る。
 (しかも智子にだけ残りの4つを全部あげる)
 そして智子からお礼の手紙を受け取り、「きもいきもい」と言いつつ何故か頬を赤らめる。
・11巻のおまけにて、クラスのリア充女子と会話する智子を見て嫉妬とも取れる意味深な描写。
 この際、(私以外誰も気付かないっての!!)と智子のネイルにすぐ気付いている。
・遠足回では周囲の人々の迷惑を顧みず智子たちと共に行動する。
 例えば…
(1)仲間とはぐれた際に真子が宮崎さんと連絡を取ろうとしたのに余計なことするなと怒鳴りつける
(2)ジェットコースターで田村ゆりが無理して隣に乗っているのに降りた直後「つまんなかったー」と発言しゆりを怒らせている。
(3)智子と一緒に写真を取る際に、近くに寄りたいが為にクマの手を寄せた結果智子の首が絞まり、智子を苦しめている。
(4)その他、心の中で智子の事を「ぼっち」と見下している(喪125)。また、雌猫グループにもLINEで智子を見下す発言をしている(喪129)。

智子を意識しているが、心の中ではどこか智子がぼっちである事を(実際はぼっちではないのだが)見下す、蔑む描写が見受けられる(上記の遠足回、喪125、喪128等)。

喪131で智子からキーホルダーを貰い、智子との間に特別な繋がりがあると思い込んでいたが、加藤さんが智子から貰った3つのキーホルダーを見てショックを受ける。自分と智子との間に特別な繋がりなどないと自覚し失意の中、自身の意識から智子の姿が消えていった。

関連イラスト

うっちーともこっちの確執
ㅤ


【ゆり×うち】27P漫画
忍者サッパリさん


関連タグ

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
黒木智子 田村ゆり 吉田茉咲

pixivに投稿された作品 pixivで「内笑美莉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 581048

コメント