ピクシブ百科事典

マントコング

まんとこんぐ

「アフリカの王者」を自称するネオショッカー怪人。※メインイラストの一番左の怪人

「俺とドライブがしたいのかな?」
魔神提督!私を差し置いてなぜこんなゆでだこに!」
CV/池水通洋
第34話「危うしスカイライダー!やって来たぞ風見志郎!!」
第35話「風見先輩!タコギャングはオレがやる!!」

概要

魔神提督がアフリカから呼び寄せたネオショッカー怪人。ゴリラの怪人だけあって、胸をたたく癖がある。怪力と爆発力のある左手の鉄球が武器で、タフな体を持つ。
植物に動物的特性を与えるワクチンを開発した城南大学の植物学者・南博士に、動物を植物に変えるワクチンを作らせるべく博士の娘・亜矢子を人質にして、博士も誘拐しワクチンを完成させ、日本中の人間を植物に変えようとたくらむ。
さらに、たまたま男友達とドライブ中のアキとナオコも筑波洋をおびき寄せるために誘拐した。
と、色々実績を上げているにもかかわらず、魔神提督が同じく作戦に従事させているタコギャングをえこひいきしていることに不満を抱いており、タコギャングからも馬鹿にされている。
(マントコング自身は怪力キャラによくある脳筋という様子は見受けられず、むしろナオコを囮にアジトから引き離そうとした節がある。知恵者と呼ばれている癖に筑波洋の死んだふりに気付かずアジトがばれる元凶作ったタコギャングの方がよっぽど問題ある)

魔神提督に「ライダーの一人でも倒してみろ!」と言われ、アジトを探索しに来た仮面ライダーV3を襲撃、V3キックV3チョップなどの技を悉く跳ね除けるも、劣勢に陥り撤退してしまう。
博士がワクチンを完成させたことで作戦を実行しようとするも、筑波洋がアジトに侵入したことで魔神提督はタコギャングをつれてアジトの爆破装置を作動させて逃げてしまい、スカイライダーをそのまま引き止める役を負わされる。スカイライダーをも苦戦させたが、交替したV3と対決、V3を投げ飛ばすもその力を逆に利用したV3ダブル反転キックでようやく倒された。

ワクチンを持って逃げた魔神提督とタコギャングもスカイライダーが追跡、タコギャングは倒されたが…

余談

34話からがんがんじい(OPクレジット上はしばらくの間ガンガンジーと表記されている)が初登場。マントコングとも対決したが、当然役には立っておらず、メインストーリーにも深く絡んではいない。

スカイライダーと直接対決したのは35話Bパートになってからで、それどころか34話中筑波洋は一回も変身していない。

完成したワクチンについては魔神提督が逃げた後どのようになったかは言及されていない。次の36話にてキギンガーが同様に人間を木に変える植物アフロマジンカの種の研究をしていたので、魔神提督が持ち去った物を元に開発したと考えるのが妥当だろう。

コメント