ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

「まだ若いのにそういう考えは良くない。」

登場作品『仮面ライダー(新)

第2話「怪奇!クモンジン」

CV:仁内建之/スーツアクター:河原崎洋夫


概要

ゼネラルモンスターが選抜した蜘蛛とスペア人間NO.105(演:団巌)から作りだした改造人間。コードネームもゼネラルモンスターが付けた。

奇怪な呼吸音のような鳴き声を発する。

その態度からゼネラルモンスターに一喝されるが、性格から部下としては信頼されたようで腕試しとしてスペア人間に選ばれた元高校球児の高森真一を拉致するよう命令され、一度は誘拐するもアジトに近づいたスカイライダーを仲間と勘違いして案内したために真一を奪還されてしまい、真一の弟・健二を人質にして真一に自分の元に来るよう要求する。


武器は口からの溶解液と蜘蛛の糸。


最後は自分の糸を投げ返されて雁字搦めになったところをスカイキックを受け、消滅した。


前期OPでは毎回ガメレオジンコウモルジンサソランジンと共に登場。

仮面ライダーZXの雑誌展開ではバダンの再生怪人軍団の一人として登場している。


性格

仲間だと思った者や境遇が似ている者にはひたすらフレンドリーで親身である。

スカイライダーと闘う寸前だったアリコマンドたちを「これが人間に見えるか、俺たちの仲間だ」と諌めつつ「いやあ、すまんすまん、何しろまだよく知らんものでな」と非礼を詫びたり、彼の頼みを快く受け入れアジトに案内している。また拉致した真一が自分を見ても驚かなかったどころか改造人間にされると言われても驚かず、自分の命を惜しいとも思わない態度から前述のセリフを言って説教したりした。(真一は志望の大学に入れずに3浪したことで世捨て人のようになっている)

仮に生き延びたとしたら、ムカデンジンあたりの面倒を親身に見たことであろう。


余談

真一に説教するシーン、怪人が説教をするという展開が本放送当時ラジオ番組で話題になったとか。

元々ベースになったスペア人間NO.105が改造手術を受けるのに意欲的だったが、元は破産した漁師という設定から自分の境遇と重ねていたのかもしれない。

改造前の素体である105を演じた団氏は第9話にもプロレスラー・ミスター怪力役で出演した。過去の昭和ライダーシリーズにも何度かゲスト出演している

真一役の石井茂樹氏は後に『大戦隊ゴーグルファイブ』で青山三郎/ゴーグルブルーを演じた。

登場話のタイトルはもちろん「怪奇蜘蛛男」のオマージュ。

名前は似ているがこの人とは全く関係ない。


関連項目

ネオショッカー ネオショッカー怪人 蜘蛛


始まりはクモ クモ、コウモリ、サソリ


ディスパイダー・リボーン屋久島のツチグモ:同じく第2話に登場した蜘蛛のライダー怪人(人型ではないが)。

関連記事

親記事

ネオショッカー怪人 ねおしょかーかいじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7807

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました