ピクシブ百科事典

コウモルジン

こうもるじん

コウモルジンとは、仮面ライダー(新)に登場するネオショッカーの改造人間の名称である。
目次[非表示]

「もしも喋ってみろ。その時はお前を殺す‼」
CV/村越伊知郎

概要

仮面ライダー(新)』第3話「勇気だ!コウモリ笛の恐怖」に登場する蝙蝠の能力を持った改造人間

元日本軍大佐が素体となって誕生したとされており、子供たちの血液からのみ採取される“RHB”の要素を使って特殊な毒ガスの製造を目論み、とある公園管理人に成り済まして次々と子供たちをその魔手に掛けていった。

『コウモル笛』という名の特殊な催眠音波を出す事の出来るを奏でて人間を催眠状態にして操る事ができるほか、両腕の鋭いを使った切り裂き攻撃やから一瞬であらゆる物を溶かしてしまう色の溶解液を吐き出すことができる。
人間の筋に噛みつき吸血行為をおこなって対象者を仮死状態にすることも可能。
また、蝙蝠の改造人間だけあり飛行能力を有しているが、強烈なに弱いという弱点を持っている。

子供たちを襲った後、人間態である公園の管理人の姿になる所をサトル少年に目撃されてしまい自身の正体を筑波洋=スカイライダーに気づかれてしまという事態に陥ってしまう。
怒り狂った怪人はサトル少年を自身のアジトへと連行するが、彼と攫われた子供たち救出に来たスカイライダーと激闘を繰り広げるが、『スーパーライトウェイブ』に怯んで『コウモル笛』を落としてしまい劣勢に陥ってしまう。
その為、得意の空中戦へと持ち込み高所から地面へと叩き落とそうと試みるも、『セイリングジャンプ』でその目論見は失敗してしまい、最後はその際に一撃を受けて怯んだ隙に放たれた『スカイキック』の直撃を喰らい地面へと叩き付けられ絶命した。

余談

日本軍では士官が上位の階級に進級するためには一定の期間を勤続していなければならず、大佐に昇進するには任官してから概ね二十年はかかるため、敗戦時に大佐だったとすると改造された時の年齢は最も若くても七十代後半には到達していたと思われる。最も高齢の場合、百十歳代という可能性もある。悪の組織に入ってしまうような過激さを持っていたということを考えると、政治やトンデモ思想にかぶれていた昭和初期の将校がその正体であろう。

関連項目

ネオショッカー怪人 ネオショッカー 蝙蝠 スカイライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「コウモルジン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント