ピクシブ百科事典

セイリングジャンプ

せいりんぐじゃんぷ

スカイライダーの能力の一つ。
目次[非表示]

概要

 『仮面ライダー(新)』の主人公スカイライダーの持つ特殊能力。
 自らのにかかる重力を軽減することで、自在にを飛ぶという素晴らしい能力。最高時速は800㎞/hと、そんじょそこらのライダーマシン並みのスピードを出せる。
 最終回では自分の他に7人ライダーにも重力軽減をかけ、全員でジャンプして怪獣のような巨体のネオショッカー首領を持ち上げるという離れ業を見せた。
 

裏話

 途中でスカイライダーはパワーアップして仮面から黄緑に代わってしまったため、中盤以降は空を飛ぶバンク映像が殆ど使えなくなってしまった。そのため終盤では筑波洋自身の口から「俺がスカイライダーであることを忘れたか!!」というセリフが出るなど、ある種のネタにされていた。

その他の空を飛べるライダー

 あまり知られていないが、実は飛べる。全身のエネルギーを脚に集めて飛ぶことで、原爆を内蔵したカメバズーカ太平洋上まで運び、起爆させた。また、初代仮面ライダー23話で2号ライダーが怪人ムササビードルを追って有珠山の山頂まで飛んでいる。
 漫画版では全身を機械化した1号ライダーが逆噴射しまくってスイスイ空を飛んでいる。

 V3・26の秘密に2本のマフラーの安定翼を利用して滑空するグライディングマフラーという技が存在する。ただし、この技はTV版では中盤での方針変更によりOPテーマの歌詞で存在が示唆されるのみに留まり、本編では飛行能力に長けたツバサ一族との戦いなどでも使用されなかった。後にゲーム作品で使用している。
 脚からのジェット噴射で空を飛べるが、映像では使用していない。
 契約モンスターであるダークウイングを背中に装着することで飛行が可能。
 最強形態・ブラスターフォームの背中にあるマルチユニット「フォトンフィールドフローター」を展開して飛行可能。
 コイツの場合自力で飛んでいるわけではなく、背中に背負ったブースターで空を飛んでいる。
 Jのカードジャックフォームに変身すれば、背中からオリハルコンウイングが生えて空が飛べる。
 キングフォームでも背部のグラビティジェネレーターによる重力操作で浮遊・飛行が可能になる。
 ハートの6、フロートのカードを使えば飛べる。レンゲル(蜘蛛)はともかく、カリス(カマキリ)が他のアンデッドの力を使わなければ飛べないというのも変な話だが。
 モチーフはに生えた翼で空を翔ける。
 最強形態ハイパーフォームへと変身すれば飛行が可能になる。
 超クライマックスフォームではウイングフォームの電仮面の翼により飛行が可能。
 飛翔態というフォームがある。では背中に蝙蝠のような翼が生えるのかと思いきや予想の斜め上の姿となる。
 飛翔態の飛行速度はスカイライダーを上回るマッハ3.4。
 飛行能力を持ち、レジェンドアークになると翼も生える。
 MOVIE大戦2010ではアルティメットフォームから自身の意思でアルティメットゴウラムに変身し、飛行した。
 ディケイドファイナルフォームライドのカードを使用する事で飛行能力を持つ形態に変形できる。
 劇場版に登場したサイクロンジョーカーゴールドエクストリームに変身すると、6枚の金色の翼が生え空を飛びまわることができるようになる。
 黄色いボディのアクセルブースターになればスラスターで空を飛べる。
 「バード」のメモリの力により飛行が可能。
 鳥形グリードであるアンクコアメダルタカクジャクコンドルの力を手に入れたタジャドルコンボになれば空を飛べる。
 また、プトティラコンボでも翼竜の翼により飛行可能。
 スーパータトバコンボは背中にオーラ状の翼を形成することで飛行可能。
 バースCLAWsのひとつ、カッターウィングを装着することにより飛行が可能。
 普段は飛べないが、ロケットモジュールを装着すれば猛スピードで空や宇宙を飛べる。他にジャイロモジュールでも飛行が可能。
 ロケットモジュールを内蔵したロケットステイツなどでも飛行が可能。
 後の作品では、フォーゼの力を使用した「フォーゼアームズ」「フォーゼ魂」といったフォームが登場しているが、これらもフォーゼ同様ロケットモジュールによる飛行が可能。
 フォーゼ同様、ロケットモジュールで飛行可能。
 風の力を持つハリケーンスタイルに変身すれば、を纏い天を翔けることが可能。
 ハリケーンドラゴンオールドラゴンスペシャルラッシュはウィザードラゴンの翼で飛行することも可能。
 映画MOVIE大戦アルティメイタム』では上記の平成二期ライダーが全員飛行して(メテオはなでしこに捕まって飛んだ)敵の移動要塞を追う、という昭和では考えられないシーンが描かれた。
 右肩にの力を宿したファルコマントを使うことで飛行能力を得る。
 スイカアームズのジャイロモードが飛行能力を持つ。
 飛行というより浮遊ではあるが、地面から浮くことが可能。
 脱出王フーディーニの力を使うことにより、愛機マシンフーディー合体することで自在な飛行が可能。ゴーストも同様にフーディーニの力を使うことにより飛行可能。
 サンゾウ魂では3体のお供を召喚し觔斗雲の様な物に変化させ、それに乗ることで飛行が可能。
 ハンターアクションゲーマー レベル5(フルドラゴン、ドラゴンファング共に)は背面のゲイルドラゴウィングにより短時間の飛行が可能。
 コンバットフライトゲームをモチーフとするコンバットシューティングゲーマーレベル3(レーザーはプロトコンバットバイクゲーマーレベル0)に変身すると飛行能力を持つ。
鷹の能力を宿すタカフルボトルで変身したホークガトリングフォームが飛行能力を持つ。

 このように、意外にも飛行能力を持ったライダーは多い。また、ここには記述しないが、本人は飛行能力が無くてもマシンやサポートモンスター等が飛行能力を持ち、それに乗ったり掴まったりすることで空中を移動できる例(仮面ライダークウガゴウラムなど)もある。
 しかし、翼もジェットエンジンもなく、の力なども利用せずに体一つで悠々と天を翔けることができるスーパーマンスタイルの飛行ができるのは、今のところ彼とだけである。もっとも、厳密に言えば「彼」は仮面ライダーの力で空を飛んでいるというわけではないので、純粋にライダーとしての性能・だけで飛べるのはやはりスカイライダーをおいて他にない、ということになる。
 『仮面ライダー大戦』では飛行能力を駆使して強敵・仮面ライダーカブトを撃破し、フォーゼとも戦った。バダンとの決戦時にはフォーゼ、オーズ(タジャドル)、そしてアギトトルネイダーに乗ったディケイドと共に空をかけ、天空高くそびえるバダンシティへと乗り込み、とらわれた超能力少年・シュウを救い出した。

関連項目

スカイライダー 必殺技 ウルトラマン

pixivに投稿された作品 pixivで「セイリングジャンプ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16535

コメント