ピクシブ百科事典

カメバズーカ

かめばずーか

特撮番組『仮面ライダーV3』で、おそらくもっとも有名な怪人。
目次[非表示]

「1号、2号、死んでもらう!!」

概要

CV:峰恵研山口健(ゲーム版)、関智一春休み合体スペシャルスーパーヒーロー大戦GP

背中に巨大なバズーカ砲を背負った型の怪人デストロン怪人としてはハサミジャガーに次ぐ2番目の怪人だが、後述するエピソードの影響もあり知名度ではナンバーワン。ちなみにハサミジャガーは第1話の冒頭シーンではハサミしか画面に映っていなかったので、全身像が出たのはカメバズーカの方が先である。
2014年の『僕たちの好きな「仮面ライダー」怪人ランキング』では8位(デストロン内ではトップ)にランクインした。

特徴

単純な強度なら30mの鉄塊に匹敵するとされる強固な甲羅で身を固め、主砲による射程外からの砲撃を得意とする。この砲撃は威力・連射性ともに非常に優れており、ダブルライダーが終始接近することさえできない有様であった。鳴き声は「ズゥーカァー!」という何ともそのまんまな声。これは同じくライダー怪人の声優で相方のハサミジャガーを演じた沢りつお氏がカメバズーカを演じた峰氏から相談を受け考案されたとのこと。ちなみにこの鳴き声は同じく峰氏が演じたハンマークラゲも使っている。
さらに体内にはなんと時限式の原子爆弾が内蔵されている。

劇中での活躍

ハサミジャガーの殺人現場を目撃した風見志郎暗殺するべく、立花レーシングクラブで練習中の志郎を砲撃するが失敗する。
その後ダブルライダーが志郎の改造手術を行なっているデストロンのアジトを砲撃で破壊立花藤兵衛のいる少年ライダー隊本部救援の為に急ぐダブルライダーを妨害し勝利する(ダブルライダーは砲撃に紛れて離脱していたが)
ハサミジャガーと共に「東京都全滅作戦」を実行。ハサミジャガーがV3を引き付けている隙に、新宿副都心の地下で、自分の体内に埋め込まれた原子爆弾を爆発させようとする。
仮面ライダー1号仮面ライダー2号がその場に駆けつけるが、爆破までの残り時間はあとわずか。またも砲撃で接近することもできず、更に下手な場所で倒そうものなら、東京は一瞬で焦土と化してしまう。

最悪の事態を避けるため、1号と2号は全エネルギーを使ってを飛び、後の日本平和V3に託して太平洋上へ向かい、直後に大爆発。かくて東京は救われたが、V3のは暗かった。
ダブルライダーは後に劇場版「仮面ライダーV3対デストロン怪人」、第2部のキバ一族編で帰ってくるのだが、当時視聴していた子供たちは「仮面ライダーが核爆発に巻き込まれ死んだ」と思い込んで哀しみに打ちひしがれ、トラウマが刻み込まれた。それ故にダブルライダーを巻き添えにしたカメバズーカの知名度も飛躍的に上昇することとなった。

その後の活躍

派生作品

すがやみつるによる漫画版では自爆作戦に関してはテレビバエがその役を担っており、おやっさんに対し「1号2号ならとっくにテレビバエと一緒に吹っ飛んじまったよ」とせせら笑うなどTV版を揶揄したようなセリフを吐いている。
おやっさんを砲撃で仕留めようとするも、駆け付けたV3のパンチ口の中に受けて瞬殺される。
読切ではデストロン暗殺部隊のトリを飾り、砲撃でV3を仕留めようと目論むも、V3ホッパーやっぱりの中にぶち込まれてV3バックスイング地面に叩き付けられ爆発四散した。

漫画仮面ライダーSPIRITS』では、暗闇大使の時空魔法陣によって再生。ドクトルGの高知県制圧に参加し、攫った人々をこき使ってサタンニウムを採掘していた。乗り込んできたV3に他のデストロン怪人とともに襲いかかるが、風見が負傷していたため撃破されずに生き残り、バダンUFOで撤収していった。

漫画版仮面ライダーの続編を描いた小説仮面ライダーEVE』でも再生個体が登場。ライダーマンを砲撃で襲い、スイングアームの星球を破壊して追い詰めたが、背後から現れた仮面ライダーアマゾンのジャガーショックで頸動脈を食い破られあえなく死亡した。

ゲーム作品でも貴重な砲撃キャラなのでPS版『仮面ライダーV3』は勿論、『スーパー特撮大戦2001』でも『ライダージェネレーション』でも登場を果たしている。『ガイアセイバー』では同じ砲撃系怪人のタイガーロイドといっしょに登場することが多い。『バトライド・ウォー創生』に至っては、ハサミジャガーをガン無視してカメバズーカがV3ステージの大ボスに選ばれているくらいである。
スーパーヒーロー列伝』では彼が主人公の番外編があり、正義について問うメッセージ性の高いストーリーであった。


平成作品における映像出演

映画『オーズ 電王 オールライダー レッツゴー仮面ライダー』ではショッカーが試作段階で作った半機械怪人として登場。無理に名前を付けるならプロトカメバズーカとでもすべきか。デンライナーを砲撃し、破壊してしまった
これが原因でゲームロストヒーローズ』ではV3をさしおいて参戦している。

仮面ライダーGIRLSのセカンドシングル「『KAMEN RIDER V3』(V3の主題歌「戦え!仮面ライダーV3」のカバー)」のミュージックビデオにもデストロン怪人代表として登場したが、同じくミュージックビデオに出演した、当時のIWGP王者にしてライダー大好きプロレスラーとして有名な棚橋弘至と対戦。彼の得意技であるドラゴンスクリューを食らってた。体内の原爆の事は気にするな

映画『仮面ライダー大戦』では地獄の底から蘇り、バダンのメガ・リバース計画に参加。しかし自慢の大砲を使う暇もなく仮面ライダーZOのZOキックを受けて爆死した。大して影響が出なかったことを見る限り、多分「レッツゴー仮面ライダー」に登場した試作機なのであろう。

映画『スーパーヒーロー大戦GP』ではショッカー兵隊(二代目ブラック将軍親衛隊?)が変身する新型改造人間の一人として登場。ザンジオーシュバリアンと共に南光太郎を襲撃するが、ライダーキックを受けて木端微塵粉砕された。

『GP』の前日譚『春休み合体スペシャル』では別個体が登場しており、既に原作におけるアルマジロングなどのように量産化されているらしい。
ディー博士過去を調査しようとする泊進ノ介伊賀崎天晴詩島霧子詩島剛の4名を襲撃する。最終決戦でもヒルカメレオンロイミュード076妖怪ブルブル(=ディー博士)と共に駆けつけ、マッハと交戦。ヒルカメレオンと協力してバズーカからの連続砲撃でマッハを苦しめるが、マッハのシグナルバイク「マゼール」の銃撃によって砲口を塞がれたことで弾詰まりを起こし、そのまま内部で弾が爆発自滅してしまった。

バトライド・ウォー創生

仮面ライダーV3の原作再現ステージでボスとして登場。ひっくり返されると中々起き上がれないといった演出がある。

関連項目

デストロン デストロン怪人 バズーカ 核爆弾
タイホウバッファロー
グランザイラスゴ・ガメゴ・レオリオン・ゾディアーツ・・・同じく自爆がヤバい系の怪人。

カノントータス:大砲を背負ったカメの後輩
メガカメックス:他人の空似
テツワン探偵ロボタック:登場する亀型ロボット「カメロック」の必殺技がカメバズーカである。

pixivに投稿された作品 pixivで「カメバズーカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29265

コメント