ピクシブ百科事典

春休み合体スペシャル

はるやすみがったいすぺしゃる

春休み合体スペシャルとは、スーパー戦隊と仮面ライダーの共闘を描いたテレビスペシャル作品のことである。
目次[非表示]

概要

7:30〜8:30までの1時間特番で、それぞれの作品のキャラクターが共演し戦う。

いずれも公開中の映画とも連動した企画となっている。

なおTVシリーズでの平成ライダースーパー戦隊の共演は2009年の『仮面ライダーディケイド』と『侍戦隊シンケンジャー』で既に実現していたが、そちらは飽くまでもそれぞれの番組枠の中での共演であり、1つの番組として放映したのは今回が初である。

烈車戦隊トッキュウジャーVS仮面ライダー鎧武

夢の共演の舞台は


2014年3月30日に放送。脚本は鎧武のサブライターでもある毛利亘宏、監督はトッキュウジャーのパイロット監督中澤祥次郎が務める。

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』と連動している。

あらすじ

沢芽市についたトッキュウジャー達。そこに現れたバダン帝国の怪人。トッキュウジャーはアーマードライダー達と力を合わせて戦う事になる。

ナイトオブのぼり旗~♪
巨大化のイマジネーション



登場キャラクター(トッキュウジャー・鎧武以外)

モグラロイド
バダン帝国の怪人。戦闘員を引き連れ仲間を呼ぼうとするが、失敗して何故かクラックを開けてしまう。
鳴滝
映画でも中心人物の一人だった主人公を差し置いて何故かパペット片手に登場。
何してんのあんた。
車掌チケットの知り合いらしく、紘汰にレインボーパスをプレゼントした。
仮面ライダーフィフティーン
モグラロイドにトドメを刺そうとするトッキュウジャーに立ちはだかる。
仮面ライダー1号2号V3
仮面ライダーフィフティーンと戦う為に登場。V3はミオに「3号じゃないんだ」と突っ込まれた。まさか伏線だったのだろうか……。映画での再共闘の矛盾点は一番無い…と言うよりも全然違和感が無い様になっている。

手裏剣戦隊ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ

special lap.4「単細胞はトップギアになるのか」


2015年3月29日に放送。脚本はドライブのメインライターを務める三条陸
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』と連動している。
春休み合体1時間スペシャルと言うタグがついている事もある為、この作品に関係した検索だけをしたい場合はこのタグで探すのも手だろう。

あらすじ

妖怪ブルブルを相手に戦うニンニンジャー。そんな中、妖怪の起こした重加速を察知した仮面ライダードライブと出会うが、ロイミュードの仲間だと誤解されてしまう。

登場キャラクター(ニンニンジャー・ドライブ以外)

妖怪ブルブル
ディー博士
仮面ライダー3号
カメバズーカ
ヒルカメレオン

余談

共通する部分として『和風系ヒーロー』と『乗り物系ヒーロー』が共闘する等が挙げられる。
また、前回の合体SPで呉島貴虎「巨大ロボが暴れている」と言う知らせが入ったように、ニンニンジャーが召還したオトモ忍をブレンが目撃したが、疲れている為の幻だったと解釈した為、ひょっとしたら今後の合体SPの恒例行事になるのかもしれない…と思われたがそんな事はなかった。

スペシャル



この作品ではスーパー戦隊と仮面ライダーの世界は別々の物だと十六夜九衛門の口から語られている。GPではニンニンジャーが再びドライブの世界にやって来るのだが、どうやってこの世界に再びやって来たのかは不明(仮面ライダーの歴史改変の影響でスーパー戦隊の歴史も消えてしまうとかそう言う理由で再びこの世界に来たのだろうか?)。
また、GPは春休み合体スペシャルの後日談にも関わらず、特にドライブサイドは初対面の様な反応を見せている(ドライブは正義の心を取り戻すまでショッカーライダーとして活動していた為、歴史を改変された影響もあるかもしれないが)。

動物戦隊ジュウオウジャーVS仮面ライダーゴースト

2016年は上記2作品と異なり、1作品ではなく、それぞれのエピソードに相手側のキャラが客演する形での共演である。

どちらでもショッカーが相手で『ゴースト』終盤では新生仮面ライダー1号ウルガ怪人態が登場する等『仮面ライダー1号』と連動した内容になっている。

宇宙戦隊キュウレンジャーVS仮面ライダーエグゼイド

2017年3月26日放送企画、映画公開記念スペシャル!昨年同様に双方の主役がゲスト出演。

  • 『宇宙戦隊キュウレンジャー』第7話「誕生日を取り戻せ」
誕生日を奪うという子供番組らしい展開。ダイカーンを追跡する中イカーゲンが現れたと思いきや、スペースイカデビルなる怪人と戦う事となる。
ショウ・ロンポーが送り出したたまたまあった特別キュータマによりエグゼイドが召喚された。

  • 『仮面ライダーエグゼイド』第24話「大志を抱いてgo together!」
いきなり3体の怪人相手に苦戦するエグゼイドにたまたまそこへやってきたラッキーが応加勢した。
なお、途中CMに入るところで“この後、スーパースターシシレッドvs超濃い新社長”というアオリが表記されていたものの結局全然戦わなかった。

仮面ライダーセイバーVS機界戦隊ゼンカイジャー

2021年7月18日放送予定。「スーパーヒーロー戦記」公開直前記念。映画の公開時期の都合上、春休み期間ではないが便宜上ここに表記。

「ジュウオウジャーVSゴースト」「キュウレンジャーVSエグゼイド」同様1本の番組ではなくそれぞれのエピソードだが、あくまでゲスト扱いだった2作と違い、共演がメインエピソードになっている。

映画との矛盾点を減らすための処置なのか共演キャラは主役ではなく「セイバー」にはゾックス、「ゼンカイジャー」には神代兄妹が登場する。
また、コラボ事件の発端は海洋生物に関与したキーアイテムを取られたでこれは前述書かれたディケイドとシンケンジャーの発端のセルフオマージュである。

上記以外の共通点として

どちらも7:50頃に戦隊ロボと巨大化した敵との戦闘もある(メタに言えばスーパー戦隊にとってのいつもの時間)が、その巨大化した敵は仮面ライダー側の敵である。しかも何故かいつもの反応と違ってたり戦隊側の敵の術が効いて巨大化しているため、仮面ライダーにとっては驚愕の光景にしかならなかった(もっとも、仮面ライダーで巨大戦は映画版やクロスオーバーくらいで、TV本編中では大きくても10mくらい)。

最終的にはスーパー戦隊と仮面ライダーが協力して敵を倒すという展開になるが、その前の場面でどちらかが「平和を脅かす存在とはいえ、本来の敵以外と戦うべきではない」「自分の所の問題が解決したのだから、これ以上余所の問題にまで関与すべきでない」と関係者に言われたり、考えたりして共闘をためらうシーンもあった。

同シリーズ同士でのクロスオーバーである『VSシリーズ』や『MOVIE大戦』シリーズと異なり、それぞれが別シリーズの作品であるため、ただの夢の共演のお祭り騒ぎで終わらせたくない、設定段階でも色々と深く絡むアメリカのスーパーヒーローとの差別化を図りたいという思惑もあったのだろうか。

関連タグ

ニチアサキッズタイム スーパーヒーロータイム

スーパーヒーロー大戦シリーズ:戦隊とライダーの競演が目玉の劇場版作品。春休み合体スペシャルと少なからず関係がある。
シンケンジャーの世界:史上初戦隊とライダーの競演を呼び込んだ切っ掛けの舞台。
イマジン戦隊デンオウジャー:『烈車戦隊トッキュウジャー』と『仮面ライダー電王』のコラボネタ。『仮面ライダー大戦』で競演(但し、トッキュジャーとキョウリュウレッドは多少の絡みがあったが当の電王に対してはほぼガン無視同然だった為、ちゃんとした絡みはほぼ皆無に等しかった)。

関連記事

親記事

スーパーヒーロータイム すーぱーひーろーたいむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「春休み合体スペシャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 418382

コメント