ピクシブ百科事典

ショッカー

しょっかー

漫画「仮面ライダー」及びそれを原作とした特撮作品に登場する、本郷猛と一文字隼人を改造人間にした元凶にして最大の敵。世界征服を虎視眈々と目論む悪の秘密結社である。
目次[非表示]

ショッカーとは世界征服を企む悪の秘密結社である!

概要

恐怖のショッカー


本郷猛の耳にしたショッカーそれは世界のあらゆる所に網が張られる悪の組織なのだ本郷猛はなぜか日本の人里離れた秘密基地に運び込まれたショッカーの狙いは世界各国の人間を改造しその意のままに動かして世界制服を計画する恐るべき団体なのである
(第1話ナレーション)

仮面ライダーを生み出した秘密結社であり仮面ライダーの宿敵。
ナチスと関連があったことが公式に設定されている(例を挙げると、後述のゾル大佐の出自やその側近達などナチス出身の構成員が在籍していること、主力の改造人間の技術は元々ナチスで研究されていた技術であったことなど)。ただし、情勢を考慮してか、近年ではナチスと関わりがあったことを匂わせる描写はされなくなっている。

子供番組における「悪の組織」の代名詞とされるため、ともすればコミカルなイメージを抱きがちであるが、その作戦内容は、いずれも現代の放送コードではシャレにならないほど凶悪なものばかりである。
後のゲドンゴルゴムが町の中で怪人を暴れ回らせ、ド派手なテロを行っていたのに比べ、ショッカーは秘密裏に作戦を行うことが多く、あまりに秘密主義を貫きすぎて目撃者を殺しまくったせいでライダーにアジトがばれてしまった事すらあった。

また有名組織故によく間違われるが、一見間抜けな作戦の代表格である幼稚園バスの襲撃はやっていない(ただし普通のバスを襲ったことはある、しかも乗員乗客は愚か、自分自身まで皆殺しにしてしまった)。人によっては、ジョッカーと混同しているかもしれない。
また、戦闘員に対してライダーがいつも「出たな、ショッカー!!」と言っているため、例の戦闘員のことを「ショッカー」という名前なのだと勘違いしている人も多い(藤岡弘、氏も戦闘員=ショッカーと勘違いしていたほど)。

しかし度重なる失敗から地獄大使の死後、首領はショッカーを見限りアフリカの暗黒組織ゲルダム団と統合しゲルショッカーを結成する。その際に科学者や戦闘員等の残党は粛清されるという憂き目にあっているが、後の関連書籍等では後発の組織に拾われたりといった形で生き延びた者も存在するとされており、中には平成の時代まで生存していたことが確認された者もいる
また新仮面ライダーspiritsでは、東京湾に沈められていた日本支部最後の基地があった。

仮面ライダーシリーズで一番最初に登場した悪の組織と言うこともあり、歴代のライダーの敵組織の中では人気・知名度共にトップクラス。
ある意味、ライダーの敵の象徴ともいえる存在になっており、平成シリーズに入ってからも、(主に劇場版限定ではあるものの)ありとあらゆるライダーの敵組織を従え、様々な手段でライダーたちを苦しめる凶悪な集団として君臨し続けている(平成以降は単にショッカーという名称に留まらず、大ショッカースーパーショッカースペースショッカーノバショッカーといった具合に、名称そのものもグレードアップしているケースが多い)。

なお仮面ライダーtheFIRSTにおいて、ショッカーは"Sacred Hegemony Of Cycle Kindred Evolutional Realm"="SHOCKER"の略称とされたが、これには「同種の血統による全体の、神聖なる支配権」という意味がある。

首領(ショッカー首領、ゲルショッカー首領)


コイツコワイ


正体不明の首領。その姿は覆面の下に無数のがうごめき、さらにその下に単眼が覗くという、奇怪極まるものであり、最後まで謎に包まれた存在であった。さらにV3デストロン首領と同一人物とされる(ゲルショッカー壊滅時の単眼とデストロン首領が同一の個体なのか、それがデルザー軍団大首領の分身なのかは明言されていない)。
仮面ライダーストロンガー』以降は「大首領」とも呼ばれる存在として登場している。
ショッカー、ゲルショッカー、デストロンの首領は、同一の存在であることが明言されているが、
一説には昭和ライダーゴルゴム以降の組織は除く)に登場する全ての組織が、彼の支配下であるともされている(デルザー軍団・岩石大首領の言葉など)。映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』では、ショッカー首領の正体が岩石大首領という事になっている。
(声を演ずるのは、銭形警部でも有名な納谷悟朗。)

大幹部

ここでは、初代ショッカーの大幹部3名について簡単に触れておく。
ブラック将軍ゲルショッカーの大幹部であるため割愛。ただし近年の映画ではブラック将軍はショッカーの一員になっている事も多い。また、舞台『戦闘員日記』では、本来はデストロンの大幹部であるドクトルGがショッカー大幹部として登場している)

ゾル大佐

仮面ライダー・・・我が敵ではない・・・
友達に


最初に番組に登場した大幹部(実際は2代目)。演者は宮口二郎
モンゴル出身のドイツ人であり、ナチスの残党。「服装の乱れは精神の乱れ」と考えている。
化粧(変装)を得意としており、滝和也になりすましたこともある。
その正体は黄金狼男であり、なんと指先から弾幕を発射する。

死神博士

The MAD Scientist
イカデビル


おそらく、もっとも有名なショッカーの大幹部。演ずるは天本英世
ショッカー最高の科学者でもあり、数々の強力な怪人を生み出した。日本人ロシア人のハーフ
仮面ライダーSPIRITSによれば、最初に日本支部の支部長に就任した幹部であり、蜘蛛男からトカゲロンまでの怪人たちを作ったのも死神博士だということになっていた。その後ヨーロッパ支部に転勤し、ゾル大佐の死後再び来日する。
その正体は怪人イカデビルであり、ライダーキックを破るほどの強敵(立花藤兵衛を拉致して、トレーニングを受けたりもしていた)。
実は隕石を誘導して、地上に降らせることのできる恐ろしいヤツである。
講談社が『仮面ライダー』~『ZX』までの悪役の人気投票を行った際、蜘蛛男(第1号怪人)を大きく引き離して1位になった。
天本氏没後も、映画『THE FIRST』では吹き替えで「死神を思わせる老紳士」が「SHOCKER」幹部として登場している。

地獄大使

今に見ておれ・・・
また、してやられちゃったわい♪


事実上、ショッカー最後の大幹部。アメリカ出身で、本名はダモン
やや気性が激しく軽率な行動も目立ち、『V3』客演時には、うっかりライダーに捕まった際に他の幹部らから「何というザマを!」「この、おっちょこちょいめが!」と口々に罵声を浴びせられたこともある。
特筆すべきは、群を抜いた忠誠心であり「ショッカー軍団、万歳!」の叫びとともに息絶えた。
その正体は怪人ガラガランダであり、強力な毒と地中を自由に移動するトリッキーな動きが武器。
前述の人気投票では3位。女性票が高かった
仮面ライダーZX』に登場する悪の組織・バダンの最高幹部・暗闇大使は彼の従弟であり、『仮面ライダーSD』の悪の組織にして、二人が所属する「グランショッカー」では犬猿の仲である。
地獄大使を演じていた潮健児氏(故人)も故天本氏同様に、悪の幹部役で有名な俳優であった。ちなみに潮氏の従兄弟(いとこ)も悪の幹部役で有名な俳優であった。(故安藤三男氏)

その他の構成員


ショッカー怪人

ショッカーの作り出した改造人間(一部例外有り)であり、幹部にして主戦力。
詳しくは当該項目参照。

ショッカー戦闘員

【消しゴムはんこ】いろいろ 詰め合わせ
しょっかー☆


イーッ!
大幹部や怪人の指揮の下で悪事を働くショッカーの構成員で、戦闘以外にも拉致や諜報などの任務も行っている。

全身タイツを着ただけの洗脳されたおっさん」だと思っている視聴者も多いと思うが、実際は人間の細胞をもとに培養された人造人間であり、低コストでいくらでも量産できる(ただし初期のベレー帽戦闘員は、人造人間ではなく洗脳・改造を経たれっきとしたサイボーグだったようだ)。死亡した場合、機密保持のためにたちまち融け去ってしまう(大ショッカーでは自爆型に変更)。
悲しいかな完全に消耗品扱いであり、機密保持のために殺されるようなのはまだいいとして、怪人の機嫌を損ねただけで殺されることもあれば、「実験台が足りないから犠牲になれ」なんてことで生体実験の材料にされることまであった。
そしてその扱いのブラックさは、ゲルショッカーになった際にピークを迎えるのである。

主な武器はロッドナイフ短剣、仕込みスティック、火炎放射器など。場合によっては怪人の特性を持つ武器を使用することも(溶解泡を発射するバブルガン植物のムチ等)。女性戦闘員は手に装備されている毒針を発射して攻撃する。

余談だが旧1号編の戦闘員は「イーッ!」とあまり言わず、殆どが「アーッ!」という掛け声だった。

みんなのトラウマ、作戦一例

  • 人員確保のための拉致

ショッカーのために働く人間を強制的に拉致し、連れ帰る。しかも「手術に耐えうる体ではない」とされた者は、本人の意思など無視して殺処分されてしまう。サラセニアンアマゾニアゴースターなど。

  • 強制的な洗脳
拉致以上にてっとり早く、不特定多数の人間をショッカーの傘下に置くために洗脳活動を行う。蝙蝠男ムカデラスアリガバリギラーコオロギビッグマシンなど。
  • 武器の密造
毒ガスや爆弾などの大量破壊兵器の密造。これらの非戦闘的作戦は、洗脳しただけの一般人をこき使うことが多い。蜂女ドクダリアンなど。
  • 資金調達
今後の活動資金を得るべく、埋蔵金や黄金などを強奪する。ダーク破壊部隊などは銀行を破壊して札束を奪取していたが、ショッカーは現金を直接狙うことはあまり行わなかった。コブラ男死神カメレオンエジプタスなど。
  • 発明品の奪取
特撮番組のお約束として、科学者が作り出した発明品を暴力や脅迫で奪い取る。ヤモゲラスムササビードル、化石を盗んで改造したザンブロンゾユニコルノスなど。大概その発明品でしっぺ返しを喰らうのもお約束。
  • インフラ設備の破壊
爆弾テロや人工災害等により、ライフラインや交通機関を破壊し、その機に乗じて特定地域の占拠を行う(殺戮がメインというわけではない)。日本国内では成功したためしがないが、サボテグロンメキシコの首都制圧を成功させていた。トカゲロン地獄サンダーエイキングなど。
  • 敵対者の暗殺
読んで字の如く、暗殺活動である。各界の要人やアンチショッカー同盟などがターゲットになる事も多いが、勿論、敵対者には仮面ライダーも含まれる。ピラザウルスベアーコンガープラノドンなど。
  • 大量殺戮
浄水毒物混入、ABC兵器の使用などのように、ごく稀に行う大殺戮。インフラ設備の破壊とは異なり、ただ単に「いっぱい殺せばいいや」という大雑把かつ残虐非道なテロ活動。ギリーラギルガラスセミミンガなど。

テーマ曲

あまり知られていないが悪魔のショッカーというテーマ曲がある。



関連タグ

仮面ライダー 石ノ森章太郎 特撮 怪人 戦闘員
ゲルショッカー デストロン ネオショッカー 大ショッカー ジョッカー スーパーヒーロー大戦GP レッツゴー仮面ライダー スペースショッカー

pixivに投稿された作品 pixivで「ショッカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1601943

コメント