ピクシブ百科事典

アンチショッカー同盟

あんちしょっかあどうめい

仮面ライダーのショッカーに対抗する第三勢力
目次[非表示]

概要

仮面ライダー 92話から94話に登場したショッカーに対抗する第三勢力の組織。
世界規模で存在し、構成員のほとんどがショッカーとその後継組織ゲルショッカーの活動によって被害を受けた人々である。
作中で登場したのは小暮と石神千恵と名前の明かされていない三人の男。
ゲルショッカーの首領の正体をつかんだコンピューターテープを巡って、少年ライダー隊に協力を要請するが、エイドクガーショッカーライダーの襲撃を受けライダー隊のメンバーが人質にされても多数決を理由に動けなかったなど消極的な面も目立った。

ショッカーライダー6体により苦戦を強いられた時に援軍に駆けつけたが木暮はナメクジキノコに名無しの3人はエイドクガーに殺され、石神千恵が唯一の生き残りになった。

派生作品

仮面ライダーspiritsでは一文字隼人にショッカーの悪事を暴いて欲しいと依頼し、東京湾夢の島のアジトに乱入した

小説仮面ライダーでは田中一郎こと大使の弟の田中二郎が中心となり、ショッカー打倒を掲げる組織であるのは同じであるがいずれはショッカーに代わり日本の裏を牛耳るという野望を持っている

関連項目

ショッカー ゲルショッカー 一文字隼人 小説仮面ライダー

コメント