ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ゲルショッカー

げるしょっかー

ショッカーがゲルダム団と合併した悪の秘密結社。ショッカー時代よりも強力な怪人と戦闘員で構成されている。
目次 [非表示]

概要

仮面ライダー第80話より登場した悪の組織。

構成員たちの作戦が悉く失敗し、いよいよ組織を見限ったショッカー首領がアフリカに立ち上げていた過激派組織・ゲルダム団との統合に踏み切った事で誕生した(これに伴い、シンボルマークがショッカーの鷲とゲルダム団のヘビが絡み合ったデザインに変更)。

ちなみに結成された時に旧ショッカーの残党を容赦なく粛清・殺害しているため、事実上ゲルダム団が実権を握っている(=実質乗っ取られている)が双方ともリーダーはショッカー首領なので本質的にはほぼ同じ組織。

 

だが近年の作品でブラック将軍やゲルショッカー怪人などが客演する際は、単に「ショッカー」と呼称される事も多い(インタビューなどによれば、ショッカーに比べて従来の特撮ファン層以外には知名度が低い事が理由の一つらしい)。

 

目的

ショッカー時代同様に世界征服を掲げ、その為ならばどんな卑劣な悪事もやってのける。また邪魔者である仮面ライダー打倒にも力を入れる。


怪人の特徴

やはり人間を素体に動植物の特性を移植した「改造人間」となっているが、今回は二体の動植物の長所を組み合わせたり、一方の短所を補い合うような組み合わせで作られた「合成改造人間」になった。また戦闘員も遙かにパワーアップしており、ショッカーライダーのようなインパクトのある悪役を数多く生み出した。

  • その例

カニの鋏・装甲を持ちコウモリの翼で飛ぶ「ガニコウモル

 

クラゲの放電能力との瞬発力を持ったクラゲウルフ

 

保護色で暗躍しつつ密かに人間の血を吸い、そのエネルギーで死んだ怪人を再生させる「ヒルカメレオン

など


作中では

一般の警察官が本郷猛と怪人について会話する場面がある(第90話)。ゲルショッカー期になると、組織や怪人の存在が社会的に認知されていたことがうかがえる。


大勢の元ショッカー関係者を粛清したが、後年に彼らの粛清を免れたと思われる戦闘員優秀ゆえに殺される事なくそのままゲルショッカーに移籍した者、更には後継組織総司令成り上がった者もいた事が判明している。


ゲルダム団

アフリカコンゴでショッカー首領が立ち上げた組織であり、元々は「ゲルダム教」なる宗教を崇拝していた宗教団体。だがこの組織はカルト宗教の気があり、首領がゲルダム団を結成したことで過激派の信徒は砂漠で特訓を積み、一大武装勢力となった。

本編の第80・81話のみナレーションで「ゲルダムショッカー」と発言するシーンもある。

なお、すがやみつるの漫画では、経営直後は「ゴーストショッカー」(TV版の没設定)という名に変わり、それから「ゲルショッカー」に正式に決定したということが語られていた。単行本ではこのような設定は削除され、ゲルショッカーに統一されている。


構成員

大幹部ブラック将軍


ゲルショッカーに栄光あれ!


ゲルショッカー最高幹部。元は帝政ロシアの軍人…ということで実年齢が100歳を超えていてもおかしくない物凄いジイサンなのだが、一部ファンの間では「改造人間故に年を取らないのでは」とも言われている。

経歴ゆえか非常に勇猛果敢な性格で、数々の作戦が仮面ライダーに破られた後に自ら怪人体・ヒルカメレオンの姿でライダーに挑み雄々しく散っていった。

仮面ライダーや再生怪人軍団もその勇姿を称えている。


映画『スーパーヒーロー大戦GP』では襲名した二代目が登場している(作中では単にブラック将軍と呼ばれている)。


ゲルショッカー怪人

前身であったショッカー怪人が、動植物単体の能力を人間に移植していた改造人間だったのに対しこちらは、二体の動植物の能力を掛け合わせた改造人間でライダーを追い込んだ実力者もいる。


ゲルショッカー戦闘員


ゲルショッカーのおきて


ゲルショッカーの幹部の指揮の下で悪事を働くゲルショッカーの構成員。ショッカー戦闘員よりも遙かに戦闘力が高い。コウモリを模したマスクと服を身につけており、戦闘以外にも人間の拉致や諜報などの任務もこなす。

そして裏切り防止の為、ゲルパー薬という劇薬を飲まされており、3時間に一回服用しなければ消滅する。また人間に憑依する能力もある。

こちらにも、白いコウモリを模したマスクを被り、白衣を着込んだ科学班もいる。


ディー博士

ゲルショッカー随一の頭脳を誇る科学者で、仮面ライダーの変身時の0.5秒の隙を解析し、冷却装置で1号の変身を封じた実績がある。

原作では冷却装置の開発を命じられたシーンのみで出番を終えた、所謂「チョイ役」であったが……?


余談

SFCソフト『ロマンシングサガ』の水棲生物系のモンスターで同名のモンスターが存在する(ちなみにレベル4系統のモンスター)。


その姿は一つ目がある焦げ茶色っぽいポルクス(ちなみにポルクスはレベル1のモンスター)で、設定によれば進化した原生生物らしい。

睨みや粘液を飛ばして攻撃してくるが、大して強くない。


さすがに著作権的にヤバいと判断されたのか、ワンダースワンガラケーアプリに移植されて以降、名前が“ショッカージェリー”という見方によっては結局ギリギリアウトっぽい名前へと変更されている。


関連タグ

ショッカー デストロン バダン

大ショッカー スーパーショッカー スペースショッカー

ゲルショッカーの掟


ショッカー/ゲルショッカーデストロン

関連記事

親記事

ショッカー しょっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 689974

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました