ピクシブ百科事典

呪博士

のろいはかせ

呪博士とは仮面ライダーXに登場する人物の一人で、GOD機関の総司令の正体とされる科学者(マッドサイエンティスト)である。
目次[非表示]

「Xライダー……わしの名は呪博士。そしてお前の父親の親友」
CV/和田文夫

概要

仮面ライダーX最終回「さらばXライダー」でキングダーク内部に潜り込み中枢部に辿り着いたXライダーの前に現れた怪人物。

その正体はGOD総司令その人であり、かつて悪魔の天才と呼ばれた事や神敬介の父である神啓太郎の親友という事以外のプロフィールが一切不明で、キングダークのメインコンピューターと一体化しており、内部から大幹部キングダークとして直属の配下の怪人「GOD悪人軍団」に指令を下していたらしい。
なお、後に彼もまたデルザー軍団(更にその背後にはバダン)の協力者であったことが発覚した。

その容姿は度重なる自身への生体改造のためなのか、人間離れした白い怪物のような姿をしている。

マンガ「仮面ライダーSPIRITS」の解釈ではあるが、性格は慎重かつ用心深い性格、裏を返せば一大組織を任された人物としては小心者であり、劇中で彼と面会したことが有ると明言されたのは「アポロガイスト」だけで、彼以外では(実はキングダークの居場所を探るための芝居だったのだが…)キングダークを半永久的に動かすのに必要不可欠な「RS装置」の設計図を全て奪い取り、Xライダーを打倒することに成功した「サソリジェロニモJr」のみ。その他の怪人たちには正体はおろか姿すら見せた事もなかった(声も加工していたと思われる)。

キングダークの体内に潜入したXライダーと対峙し、身辺警護の大役を与えたサソリジェロニモJr.に「わしの目の前でXライダーを殺すのだ‼」と命じるが一歩及ばず、「わしを殺せばキングダークは爆発する!お前も死ぬぞ!」とXライダーを脅すが「覚悟の上だ!二人とも死ねぇぇーっ!!」ヒーローらしからぬセリフで一蹴され、Jr諸共ライドルホイップで腹部を貫かれ、瀕死の重傷を負う。死期を悟った呪博士はせめてXライダーを道連れにせんと頭から延びるコードを引き千切り(キングダークは呪博士の脳波が途絶えると自爆するようにセットされていた)、キングダークと共に自爆して果てた。

と思っていたらマンガ『仮面ライダーSPIRITS』で、まさかの再登場
(ちなみに、『S.I.C. HEROSAGA』でも生き延びており、こちらでは再生アポロガイストの身体に自身の頭部を移植し、Xライダーのパーフェクターを移植することで永久の命を得ようとしている)

設定では万が一に備え、密かにキングダーク2号機を制作しており、生前の意識を記録した「呪ステーション」(その他、GODの科学陣たちや偶然手に入れた神 啓太郎氏の意識も取り込んでいる)でデータ化して存在として状態で存命していたようだ。

用心深い性格は相変わらずのようでキングダーク2号機の起動には改造人間が操縦することができないように措置している等、徹底したものであった。

拉致したに自身の全知能と人格をインストールして肉体を得、我が物顔でバダン帝国の計画に協力していたが、SPIRITS第5部隊の生き残り「コンラッド・ゲーレン」に追い詰められ命の危機に陥った際、恐れおののき逃げてしまい(啓太郎博士曰はく「彼は科学者としては小心者過ぎる」とのこと)、その隙を突かれ、神 啓太郎博士に主導権を奪われてしまい、さらにの強靭な精神力や他のGODに協力して来た科学者の良心により抑え込まれ、を救出されてしまい、最後はXライダーの真空地獄車によって呪詛の言葉を残しながらキングダーク2号機と共に爆死、今度こそ完全に引導を渡された。

呪博士=GOD総司令?


最終回で呪博士が「そしてわしがGODであり、キングダークはわしの体の一部分なのだ」というセリフで説明した通り公式では彼こそがGOD総司令という事になっている。
しかし、ある理由により、本当に彼がGOD総司令なのかという疑問が未だにファンの間では物議を醸しだしている。

主な理由は次の通り

①声が初期(阪脩氏)と呪博士(和田文夫)と違う。
②第34話「恐怖の武器が三人ライダーを狙う!!」でRS装置の設計図を全て奪う事に成功した
タイガーネロ」に対し、キングダークが「お前をGOD最高幹部に推薦しよう」といったこと
③そもそも初期は日本壊滅が主な作戦内容だったのに何時の間にか世界征服に目的が変わっている。
④GOD機関は複数の大国が水面下で手を結んで日本壊滅のために結成した組織と劇中で説明されているにも関わらず、そのトップであるはずの呪博士は関連書籍などでは日本人とされている。

擁護しておくと、①については仮面ライダーSPIRITSの解釈から察するに、用心深い性格のため、部下を全く信用していなかったので下剋上を恐れて、念のため声を加工して指令を下していた、あるいは設定上は同じ声だが視聴者に正体を発覚させないために配慮した演出である(後の仮面ライダーアマゾンでは真の支配者の声がGOD総司令と同じ中の人だったのが、正体を明かした途端、声が変わった)と解釈できる。
②も上記の理由から部下と顔を合わせる時には大幹部の振りをしていた方が何かと都合がよかったのかもしれない。
③についてはまったくの謎だが、後々に背後にデルザーバダン)が関与していたことを考えると、日本壊滅は各国政府の協力を得るための口実で、本来は世界征服が目的だったのかもしれない。そう考えると④についてもGOD機関結成に関わった国の人間のふりをする事で正体を隠していた、あるいは日本壊滅を望む勢力からの協力を得るために話を合わせていたと取ることができる。

とにかく大人の事情で設定変更の煽りをうけた被害者なのだが、今一スッキリしない人物ではあった。

ちなみにX本編の後日談であるS.I.C.HEROSAGAにおいて明かされた事ではあるが実は彼は神博士だけでなく本郷猛の恩師である緑川弘博士とも友人であった事が明らかとなった。
呪博士と神博士、緑川博士の3人は共に城北大学で教鞭を振るっていた親友であったが、ある日呪博士はショッカーに参加し、緑川博士も仲間に推薦した。そして神博士も推薦しようとしたが彼は神ステーションを建造して引きこもってしまった。
その結果呪博士はショッカーの後継組織であるGOD機関の総司令に上り詰めたと言われている。
またアポロガイストは彼の息子であると言うらしいが真相は不明である。ただしアポロガイストとキングダーク(乗っているのは多分呪博士であろう)は2011年のレッツゴー仮面ライダーで共演しており、もし親子説が本当ならばこの作品において親子一緒に共演した事になる。

とにかく、呪博士とGOD総司令は同一人物なのか?という論争を持ち出すと確実に荒れる元になると思われるので、無闇に追及するのは控えたほうが良いだろう。


関連タグ

GOD総司令 マッドサイエンティスト
アポロガイスト:GOD大幹部だが実は彼の息子らしい

pixivに投稿された作品 pixivで「呪博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 974

コメント