ピクシブ百科事典

仮面ライダーX

かめんらいだーえっくす

巨大な悪の組織GODに父と共に殺された神敬介は、瀕死の父の手によって仮面ライダーXとして甦った。その使命は、世界の平和と正義を守る為、敢然と謎のGOD機関を相手に戦うのである!
目次[非表示]

仮面ライダーXとは仮面ライダーシリーズの作品であり、劇中に登場するヒーローである。

概要

仮面ライダーシリーズ第3作目。前作の本放送時後半から、マジンガーZをはじめとしたロボットアニメブームにより視聴率にはかげりが見え始めたことから、この作品は企画初期段階で従来の同一の世界上の物語であること、従来作品でおなじみの立花藤兵衛が続投することも決まっていたものの、同時にいくつもの新しい試みが行われた。結局、視聴率は振るわず結果的に打ち切りとなってしまったが、本作で培われたアイディアはその後のシリーズにも活かされる事になり、仮面ライダーというジャンルを発展させた橋渡しとなったのも事実である。

あらすじ

ある日、神敬介は父親の城北大学教授・神啓太郎のもとへ、父の助手で恋人の水城涼子と共に訪れた。そこで敬介は啓太郎から人間工学の研究成果と自分の頭脳を狙ってGOD機関の魔の手が伸びていると警告を受ける。しかし、昔から厳格で頑固な父に反発し続けていた敬介は、啓太郎の言うことを一向に聞かない。そこに、ついにGOD機関の刺客が二人のもとへ訪れる。頑なに協力を拒否する啓太郎に業を煮やし、GOD機関は啓太郎を助けに入った敬介もろとも殺害する。

だが、瀕死ながらも啓太郎は生きていた。啓太郎は最期の力を振り絞り、敬介を人間工学の知識と技術を用いて深海開発用改造人間「カイゾーグ」としてよみがえらせると同時に息を引き取った。よみがえった敬介は仮面ライダーXに変身しGODの刺客を蹴散らす。今ここに仮面ライダーXが誕生したのだ。しかし彼の前に水城涼子がGOD機関の一員として現れた・・・。

登場人物

神敬介 / 仮面ライダーX
本作の主人公。仮面ライダーXに変身してGOD機関と戦う。

仮面ライダーX(Xライダー)
深海開発用改造人間(カイゾーグ)技術によって改造された水中戦を得意とするライダーで、ベルトには変幻自在の固定武装であるライドルが装備されている。
アイテムを用いて変身するスタイルを初めて取り入れたのだが時代を先取りしすぎて受け入れられず、後に仮面ライダーV3によってマーキュリー回路を与えられて以降は従来の変身ポーズによる変身に変更されている。
メカニカルなデザインの風貌だが、これはライバル番組にマジンガーシリーズをはじめとしたロボットアニメがあったためである。
それもあってかモチーフとなった生物は存在せず、配色の関係もあってかビジュアル的には全ライダー中、直接的にモチーフとしている仮面ライダースカルに次いでスカルマンに近くなっている。

敬介の関係者

立花藤兵衛
仮面ライダー」「仮面ライダーV3」に続き本作にも登場。敬介の頼もしいおやっさん。普段は喫茶店「COL」を営んでいる。敬介と協力しGOD機関と闘う。

神啓太郎
敬介の父。城北大学の教授であり、海洋科学と人間工学の世界的権威。その頭脳をGOD機関から狙われ、協力を拒んだため命を落とす。しかし死の間際に力を振り絞り、敬介を仮面ライダーXに改造して、海底の秘密基地「神ステーション」のコンピューターに自分の記憶と人格を移した。しかし敬介が改造人間となってしまった辛さから泣きついて来たため、わざと突き放して「神ステーション」もろとも自爆した。昔気質の頑固な性格のため、普段から敬介に冷たく接してきたが、それは敬介に強くなって生きてほしいと願っていたためである。

水城霧子
涼子の双子の妹。GODに潜入した姉に代わり、敬介を影から支援する。

チコ
城北大学の女子大生だったが、GOD機関との戦いに巻き込まれてしまう。危ういところを敬介に救われ、「COL」のウェイトレスになる。
マコ
チコの親友で同じく「COL」のウェイトレスになる。二人そろって人質になる等たびたび危険な目にあう。

風見志郎 / 仮面ライダーV3
かつて悪の組織デストロンと闘い、その後、旅に出ていたが、本編後半から仮面ライダーXの応援に駆けつける。

一文字隼人 / 仮面ライダー
かつて悪の組織ショッカーゲルショッカーやデストロンと闘っていた。V3と同じく仮面ライダーXの応援に駆けつける。

GOD機関

本作品の悪の組織。当時冷戦中であった大国同士が、脅威になりつつある日本を壊滅させるために創設した機関。
GOD総司令
GODを率いる謎の存在。普段は身の回りにある置物や人形に仕込まれたスピーカーから声を出し、怪人に指令を下す。

アポロガイスト
GOD秘密警察第一室長。仮面ライダーXのライバルである。銃に関しての技量は抜群で仮面ライダーXを何度も追い詰めた。Xライダーと闘い一度は死亡したものの、手術を受けて復活し、再度Xライダーに闘いを挑む。

キングダーク
アポロガイストに変わり登場した、GOD機関の大幹部。巨大なロボットのため、普段はアジトで寝そべり頬杖をついた姿勢で部下に指示を出す。歴史上の偉人をモチーフとするGOD悪人軍団を率いて仮面ライダーXに闘いを挑んだ。

水城涼子
敬介の婚約者であったが、GOD機関の手先となり敬介の前に立ちはだかる。実はインターポールの秘密調査官であり、GOD機関に潜入捜査していた。

余談

ロボットアニメの台頭により変身ヒーローブームにかげりが見え始めた頃の作品であるためか、様々な試行錯誤が盛り込まれたことでも有名。神話をモチーフにした造形の怪人、仮面ライダーシリーズ初の本格的ライバルキャラクター・アポロガイストの登場、国家間の政治的理由で組織された悪の軍団など意欲的なアイディアが投入された。

父の叫びは波の音
オーレーはーエックス



関連タグ

仮面ライダー GOD機関  神話 偉人
仮面ライダーV3仮面ライダーX仮面ライダーアマゾン

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 435140

コメント