ピクシブ百科事典

百目タイタン

ひゃくめたいたん

百目タイタンは、『仮面ライダーストロンガー』の登場人物。
目次[非表示]

タイタン「ブラックサタンへの攻撃をやめてもらいたい。金はいくらでも出す」 
茂「馬鹿にするな!!金なんか欲しかったら改造人間になんかならん!!」

概要

仮面ライダーストロンガー』に登場したブラックサタンの大幹部で、「地底王国の魔王」と言う異名を持つ。正式には「タイタン」だが、ほぼ定着してる名前なのでこれを本稿で用いる。

マグマの能力を持つ「改造火の玉人間」であり、パワーアップする前の「一つ目タイタン」時代から火炎技を得意としている。

今すぐ作るぞ!恐怖の国を~♪


こちらが一つ目タイタン。

リボルバータイプの「タイタン破壊銃」や目玉を外して火球にするファイアーボールなどの技を主に用いる。百目タイタンになった際には体温が720万度という狂ったような数値になったばかりかの速度での攻撃すら可能となった。
人間態のサングラスと正装で決めた「謎の紳士」の姿も印象的であった。
人質を取ったり部下を捨て駒にするなど目的の為に手段を選ばない冷徹かつ非情な性格は一つ目タイタンの時から変わらないが、任務遂行を絶対とする思想からか首領への忠誠心は厚かった。
後述する卑怯な行動が原因で雇われ幹部のジェネラルシャドウと反目し最高幹部の座を争う事が多く、互いに足を引っ張り合っていた。

ちなみに一つ目タイタン・百目タイタンのどちらの時も指揮をとる際は黒の三つ揃いのスーツに白いスカーフを着用しているが、ストロンガーと直接対決した際は黒革のつなぎにブーツとポンチョを着て登場した。

顛末

最終決戦ではタイタン時と同様に自らを以前の30倍の強さに強化して自身の故郷である地底王国でストロンガーに挑む。

返し技によりストロンガーの電気技を悉く跳ね返したが、前回と同様に無理なパワーアップの反動で肩からマグマが噴出している所をダブルキックを受けて致命傷を負う。
最後手段としてストロンガーに最後の握手を…と見せかけて火口へ道連れにしようとするが、振り切られて失敗。最後は「ブラックサタン万歳!!」とブラックサタンの栄光を讃え、全身からマグマを噴き出しながら火口の中へ落ちて死亡。

数々の卑劣な手段を行ってきたタイタンだったが、命を賭けてストロンガーを最後まで道連れしようとする執念とブラックサタンに対する忠誠心から幾度も無く戦ってきたストロンガーから「タイタン、敵ながらたいした奴だった」と称えた。

ヨロイ元帥程ではないが仮面ライダーシリーズきっての卑怯な幹部として有名。
出て来る度に部下ごとロケットランチャーを打ち込む(しかも部下に事前通達無し)・人質を取る・敵を買収しようとする等の手段を取る。
あまりに卑怯な戦い方を繰り返した為かストロンガーだけではなくタックル立花藤兵衛、どころかジェネラルシャドウからすら嫌われていた。
しかし策を弄し過ぎたのが裏目に出て最後の最後にストロンガーを罠にかけようとした際には誰からも信じられずに失敗した(ストロンガーに握手を要求したが城茂に見破られていた)。
自業自得のその最期を見た立花藤兵衛は「だから言わんこっちゃない」と呟いている。

その卑劣な戦い方から嫌われてこそいたが、最後までブラックサタンの栄光を讃える忠誠心や悪の美学を貫き通す姿勢はストロンガーもそれなりに評価していた様である。(対してヨロイ元帥は結城丈二が幹部候補になると自分の地位を脅かすとみて濡れ衣を着せて処刑しようとしたことから結城が風見志郎からヨロイ元帥について聞かれたときあまりいい評価はされなかった)

漫画での活躍

放映当時テレビマガジンに連載されていた漫画版ではほとんどいい所もなくストロンガーに倒され、逃走先でジェネラルシャドウに闇討ちにされて殺害されてしまう。
また、目からビームを放つ謎の技も習得していた。

仮面ライダーSPIRITS』ではがない状態で登場、その哀れな姿に盟友であるデッドライオンは悲しんでいた。
240万度のエネルギー雷雲を呼び自衛隊富士駐屯地を蹂躙して戦車部隊を全滅させるも、そのエネルギーでパワーアップしたストロンガーに顔面にロケットランチャー砲弾を叩き込まれて拠点の黒いピラミッド諸共木端微塵に砕け散った。

関連項目

幹部 ブラックサタン 仮面ライダーストロンガー 悪の美学 プラズマ

pixivに投稿された作品 pixivで「百目タイタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14819

コメント