ピクシブ百科事典

昭和ライダー

しょうわらいだー

1971年に制作された初代「仮面ライダー」に連なる昭和期に制作されたライダーシリーズの総称。
目次[非表示]

守るぞ平和!俺ら昭和!

概要


平成ライダーに対する、それ以前のライダーの便宜上の呼び名。

2009年、「仮面ライダーディケイド」において、制作会社の東映がそれまでファンの造語に過ぎなかった「平成仮面ライダーシリーズ」の公式ロゴを各媒体に露出。正式に「クウガ」を平成第一作と定め、「ディケイド」は平成十周年作品として様々な記念企画を展開した。

この「平成ライダー」に対して、「1号」から「J」までの15人のライダーを昭和ライダーと呼ぶ。ただし、「RX」以降は平成に入ってから放送・放映されている作品であり、厳密には「昭和」の作品ではないが、一般的にはこれらの作品も「昭和ライダー」に含める。もっと噛み砕いて言えば、原作者の石ノ森章太郎が存命中の時期に放映された時期のライダーという意味合いで使われる。

2014年3月にはこの「昭和ライダー」と「平成ライダー」が対決をするという映画平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊が公開された。

特徴

全てではないが、多くの作品に共通するポイントをあげると、

  • 仮面ライダーは改造人間である。ゆえに変身し超人的な力を発揮できるが、一方でそれは「普通の人間でなくなってしまった」悲劇でもある。
    • 初期は特にこの悲劇性が濃厚で、子どもの手を満足に握ることすら出来ない自身に苦悩する本郷猛、といった描写が見られた。一方スカイライダーになる筑波洋は「人類を守ることが出来るこの姿を誇りに思っている」というニュアンスの発言をしている。
    • 改造の経緯は多種多様。「悪の組織に改造されたものの、洗脳前に脱走」というパターンがメジャーであるが、Xやスーパー1のように「平和目的で設計されたボディ」というものもある。
    • 先輩ライダーによる改造という事例も存在する。1号2号は「重傷を負った後輩の命を救うための緊急処置」として風見志郎をV3に改造した。そのV3も、Xをパワーアップさせる手段として体内にマーキュリー回路を組み込んでいる。
    • なお、彼らの悲劇は何も改造後に始まった訳ではなく、ほとんどが肉親を失っているという人物が多い。

  • 昭和ライダーシリーズは世界観を共有した、壮大な「一つの物語」でもある。強大な敵の出現には今までのライダーが馳せ参じ、協力して立ち向かう。それを象徴してか、一旦の節目である「ストロンガー」の最終回予告では「次回、仮面ライダー最終回」とナレーションが入った。
    • 特に第一期はシリーズを通したキーマンとして「おやっさん」こと立花藤兵衛という後見人がいる。時にはライダーたちの特訓に協力したりと、正に「ライダーの父親」的存在であった。「スカイ」以降(一部の平成含む)にもこの立ち位置を受け継ぐ人物が登場していることからも、その重要性が伺い知れる。
    • また、時代を跨いだが昭和ライダーであるRXにおいても歴代昭和ライダー達が特訓を繰り広げて駆けつけるという熱い展開があった。
    • ネオライダー仮面ライダーワールドの描写を見るに同一の世界にあるようである。

  • ライダーが戦う相手は、同じく改造人間を戦力とする邪悪な組織。しかもその殆どの組織が、首領とだけ呼ばれる同一の個人によって作られた。その最終目的は全世界の征服である。
    • 首領の姿は一貫しておらず、一つ目の黒マント姿に始まり、岩石の巨人や空中に浮かぶ髑髏の姿で出て来たこともある。人間でないことは確かだが、この「正体不明」なことが視聴者の想像と恐怖をかきたてる。ただし、BLACKの創世王やRXのクライシス皇帝はそれらと全く異なる勢力である。
    • 戦闘員はあくまで一般怪人の派生または幼体である事が多い平成とは異なり、特徴的な奇声を発する見るからに怪しい兵士である事が多く、特撮作品における戦闘員の始祖ともいうべき存在と言える。ゴルゴムには戦闘員がいなかったと思われがちだが、毎回のように登場しないだけできちんと存在する。この流れはRXまで続いた。

  • 第一作以来敵の改造人間、すなわち怪人の多くはおどろおどろしい怪奇性に満ちた姿をしており、ストーリーもハードかつシリアスな面が強いサスペンス調な作風となっていて、TVの前の子供達をそのドキドキする硬派な世界観に引き込むと同時に震え上がらせた。
    • 怪人の殺人シーンは怪人のモチーフに関わらず、相手を溶かしたり、白骨化させたりという物が多かった。
    • 中には「スーパー1」のジンドグマが使役する日用品怪人のようなユニークなものも見受けられる。ライダーも時代とともに、視聴者への意識がかわっていったのだろう。
    • BLACKからは海外映画の影響で生物感を増しつつ、やはり怪奇路線のデザインへ回帰した。
    • 初期の頃は制作資金の問題上で大掛かりな演出ができず、それを逆手に取って考え付いたアイディアでもある。

  • エネルギー源は風や電気といった、実際の自然界にあるものを採用している。これは原作者、石ノ森章太郎氏が描いたテーマとして「昆虫の化身であるライダー(=自然)が、強大な科学力を持つショッカー(=文明)を討ち滅ぼす」という、現代社会へのアンチテーゼが作品の裏にあったため。

  • オープニング映像は「アマゾン」を除き、一貫して「バイクにまたがり疾走するライダーの姿をカメラがひたすら追う」という、シンプルながらも格好よくライダーのイメージを決定づけるスタイル(この方式は平成の「アギト」まで続けられた。余談だが「アギト」は、コロムビアレコードが楽曲を製作した最後のライダーでもある)。加えてその締めくくりにはナレーターの名調子によるライダーの設定解説が入り、物語の導入を引き締めた。
    • 劇伴は1号からZXまでのシリーズは過去作のBGMを流用する機会が非常に多かった。1作ごとにBGMを作り直すという試みはそれだけ画期的だった訳である。

  • デザイン面においてはバイクのライダースーツの意匠が取り込まれており、シリーズ中でも異彩なデザインを持つ事で有名なアマゾンさえもグローブ・ブーツ・マフラーといった特徴的なデザインは踏襲している(このデザイン上の記号を外したのはBLACKが初めてであり、以降の作品に大きな影響を与えている)。

  • 全体的にフォームチェンジというものが後の平成ライダーに比べ少ないが、代わりに総合スペックは基本形態としては全体的に高いライダーがほとんど。
    • 全てとは言わないが、平成に比べてアイテムによるパワーアップは少なく、特訓によって新たな必殺技を習得する事が多い。
    • マシンは総じてバイク。この為、RXに乗用車が登場して尚、仮面ライダーの乗り物はバイクという印象が根強い。実は初代放送時の玩具や変身前に車に乗ってた事があるのは内緒である。

  • アクションは基本的に徒手空拳が多め。多くの昭和ライダーが武器を使う場合、敵の武器を奪い取って巧みに扱うというパターンが多かった。
    • この為、武器を使うライダーはファンの間で賛否両論だったが、個人武器特殊能力で戦うも多く、全くアイテムを使わないという訳でもないのだ。
    • 変身しない非武装の協力者も結構戦う。ただし、主に戦闘員相手にだが。
    • 法律が今ほど厳しくなかった為か、藤岡弘、の降板騒動でアクション面が改善されて尚、ライダーマシンでのアクションシーンや火薬量、ロープウェイなどの危険な場所 (スタントマンではなく役者本人がやるシーンも多い)での撮影も非常に多かった。それだけに当時の子供達の心を捉えて離さなかったのである。

  • 当時の写真スチールでは同じ原作者の東映ヒーロー、果ては別の原作者のヒーローと握手をするスチールが多く見られた。この名残からか、平成ライダーでも石ノ森原作ヒーローと共演する機会が見られる。


など、この時期ならではの魅力も実に多い事に気づかされる。

関連タグ

仮面ライダー石ノ森ライダー平成ライダー石ノ森章太郎特撮変身ベルト

仮面ライダー1号仮面ライダー2号仮面ライダーV3ライダーマン仮面ライダーX仮面ライダーアマゾン 仮面ライダーストロンガースカイライダー仮面ライダースーパー1仮面ライダーZX仮面ライダーBLACK仮面ライダーBLACKRX仮面ライダーシン仮面ライダーZO仮面ライダーJ

仮面ライダー3号/仮面ライダー4号/仮面戦隊ゴライダー:世に出たのは平成時代だが、企画自体は昭和生まれ。4号はライダーマンの前身企画として考えられていた。

栄光の七人ライダー ネオライダー
仮面ライダーSDもう全部あいつ一人でいいんじゃないかな
仮面ライダーSPIRITS仮面ライダーをつくった男たち/仮面ライダーEVE

関連記事

親記事

仮面ライダー かめんらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「昭和ライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015144

コメント