ピクシブ百科事典

仮面ライダー1971-1973

しょうせつばんかめんらいだー

仮面ライダー1971-1973とは、和智正喜著のTV版仮面ライダーの小説版である。総ページ数は約600ページもある。
目次[非表示]

概要

この小説は、“もし藤岡弘、が事故に遭わず、仮面ライダー本郷猛ただひとりだったら”というコンセプトで書かれている。
しかし、ショッカーの設定などを始めとしてオリジナルの設定が多く、「小説版仮面ライダー」という独立した作品となっている。

経緯

元々は五部作の予定で、本郷猛が改造される「誕生 1971」から1975まで構想されていたが、出版社での諸事情により「希望 1972」で一度打ち切りになっていた。
2009年に講談社からエンターブレインに移って完結編「流星 1973」が書かれ、「仮面ライダー1971-1973」として前2作と併せて収録された。

主な登場人物

本郷猛(小説版)/【仮面ライダー】
「ただ生きたいと願う魂を守る。自分の使命はそれだけだ」
本作の主人公。
明晰な頭脳と高い戦闘能力を併せ持ち、改造人間としてトップクラスの強さを誇る。
「流星 1973」では今までの度重なる戦闘から脳が変容を続け、最早ヒトではなくなっているということが語られている。
未来永劫ただひとりの【仮面ライダー】。

・ハヤト/【仮面ライダー】
「未来は、いい世界になってるだろう。……そうだよな」
「誕生 1971」で登場。
本郷を助け出し、改造人間の能力や、バイクの乗り方も教えた。
自身も改造人間であるが、改造に失敗していたため寿命は残り僅かだった。
最後は暴走した本郷を文字通り身体を張って止め、【仮面ライダー】の名と普段から首に巻いていたお気に入りのマフラーを授け、永遠の眠りについた。
名前から分かる通り、原作の一文字隼人に当たる人物。

・【弐番】/滝和也
「大した名前じゃないが……聞きたいなら、教えるよ」
「誕生 1971」から登場。
原作のようにFBIの人間ではなく、【アンチショッカー同盟】のコマンドになっている。
当初は名前が明かされなかったが、「希望 1972」の後半で明かされた。
「流星 1973」では、原作の相棒のようなやり取りを見せてくれる。
因みに著者は元々、【弐番】を滝和也とは考えていなかったらしい。

立花藤兵衛
「……ありがとう、ありがとう、ありがとう」
「希望 1972」から登場。
その名の通り、みんなが知るおやじさんである。
ただ、緑川グループに関わる人間という設定から、原作とは多少違いがある。
「希望 1972」の後半で、死を覚悟した本郷を救っている。

・緑川ルリ子
「私は【ショッカー】と戦います」
「希望 1972」から登場。
聡明な人物であり、【ショッカー】から狙われている事実を受け止め、敢えて【ショッカー】と戦うことを選んでいる。

・楠木美代子
「本郷猛、あなたを愛しています!」
【ショッカー】の腕利きエージェント。
本郷猛を改造人間にするため、拉致の中心的な役割を果たした。人生を変えた仇敵ともいえる。
しかし、「希望 1972」の終盤、【ショッカー】と戦おうと決意したルリ子に心惹かれ、緑川グループに移る。
性格は上記の台詞にもあるように、少しヤンデレ気味である。

・【大使】
「……『素晴らしき哉、人生!』」
【ショッカー】の最高幹部のひとり。表の顔は代議士秘書。
原作の地獄大使に当たる人物であるが、改造人間であるかは不明。
口の中を覗き込めば「地獄が見える」と揶揄されるほどの「悪意の天才」。本名は田中一郎。
その双子の弟である田中二郎は【アンチショッカー同盟】の幹部であり、地獄大使と暗闇大使の関係を思わせる。

・【大佐】
「走れ、本郷猛」
【ショッカー】日本支部の支部長。
「誕生 1971」に登場し、最後は改造人間の姿【狼男】に変身し、【仮面ライダー】に倒される。
原作におけるゾル大佐に相当する人物。

・【博士】
「我々は科学者だ。前進せねばならない」
【ショッカー】が誇る頭脳。原作の死神博士に当たる人物。
最新のコンピューターにも勝るほどの情報処理能力を持つ一方で、あらゆる免疫がなく、特別な液体で満たされた水槽の中以外では生きられない。その能力は超能力によるものであった。

・御子柴徹
【ショッカー】の科学者で、【博士】の片腕ともいえる人物、かつ彼の信奉者。
【博士】に心酔しており、彼の命とあれば組織に反旗を翻すようなこともためらわずに行う。

・【将軍】
【ショッカー】の幹部で、【大佐】の死後、暫定的にその地位にあった【大使】の後に正式な支部長となった。
原典におけるブラック将軍同様、ロシア革命を生き延びた設定であり、相当に高齢の人物。

・【アポロ】
【ショッカー】の上位に位置する、【GOD機関】に所属する男。
改造人間ではないが、ヒトの能力を遥かに超えており、【マイス】と呼ばれる。その能力は本郷を圧倒するほど。

・【彼】
原作におけるショッカー首領もしくは大首領に当たる。


The present day

エピローグ。
2009年に時代は移るが、そこでも、漆黒の強化服に飛蝗を模した仮面を着け、赤いマフラーを巻き、腰に【三連タイフーン】を装備して【サイクロン13】を駆る、あの戦士の姿があった。


おまえは走る。仮面ライダー。その名前と、ともに

関連タグ

仮面ライダー 本郷猛 ショッカー 石ノ森章太郎
異形の花々 Zを継ぐ者 アンクの章(共に平成仮面ライダーノベライズ版の個別項目)
小説仮面ライダークウガ 小説仮面ライダー龍騎 小説仮面ライダー剣 小説仮面ライダー響鬼

外部リンク

仮面ライダー (小説) - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー1971-1973」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19914

コメント