ピクシブ百科事典

奇械人ガンガル

きっかいじんがんがる

奇械人ガンガルとは、仮面ライダーストロンガーに登場するブラックサタンの第1号怪人の名称である。
目次[非表示]

「能書きはその位でいい!」
CV/辻村真人

概要

仮面ライダーストロンガー』第1話「おれは電気人間ストロンガー‼」に登場。
カンガルーをモチーフとしたブラックサタン改造人間第1号。
鳴き声は「ヒュァーッ」

花屋を営む男性に憑依してブラックサタンが開発した猛毒花粉を放出するを栽培する一方、これを人々が集まる劇場やコンサートホールなどの人の多いところに配置して集まる人間を全員殺害する『毒花作戦』の実行を使命としており、これの輸送ルート確保の為にホバークラフトの奪取を目論んだ。

全身が強力なスプリングになっており、今まで生物的であった歴代組織の怪人たちとは違ってより機械的かつ無機質感を漂わせる容姿となっている。

順調に計画を運んでいたかに思えたが、ストロンガータックルの介入により、計画の初期段階から狂い始めてしまい、最後は『電キック』を受け爆死した。

能力

前述にもあるように全身が強力なスプリングになっており、トムボーイのようにを伸縮して驚異的なジャンプ力を発揮することができ、これを応用して放たれる『ガンガルスプリングアタック』やパンチ攻撃は強力な一言。

また、の部分のにある子供のカンガルーのような小さなに仕込まれた機関砲『ガンガルバスーカ』で敵を蜂の巣にしてしまうほか、この部分を目にも止まらぬ速さで敵に打ち付ける攻撃が奥の手であり必殺技で、そのスピードは凄まじく、ストロンガーでさえも『ライダービデオシグナル』を使わなければ見切れなかったほどである。

関連項目

奇械人 ブラックサタン カンガルー

pixivに投稿された作品 pixivで「奇械人ガンガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント