ピクシブ百科事典

奇械人カメレオーン

きっかいじんかめれおーん

奇械人カメレオーンとは、仮面ライダーストロンガーに登場するカメレオンの怪人の名称である。※メインイラスト中央の怪人。

「 しめたーっ!どうしたストロンガー!こっちだー!あーらょっと‼」
CV/沢りつお

概要

仮面ライダーストロンガー』第11話「カメレオーン!悪魔のフィルム!?」に登場するカメレオン型改造人間

日本に来日した石油大国アラフトのカザール国王暗殺し国際問題を引き起こす事で、日本への石油輸出をストップさせ石油ショックを誘発し、日本の経済に大混乱を起こそうと目論み、映画監督に憑依して暗躍する。鳴き声は「ルロロルロロ‼」

戦力は左に取り付けられたノコギリと、としても使用可能な尾っぽから射出する液で、そのほか保護色を使って姿を消すことも可能。また自身が映されたフィルムを通じて神出鬼没に実体化する能力も持っているようだ。

最初の襲撃でストロンガーに邪魔されてしまった為、今度は自身の姿を映したフィルムを通じて今度こそ国王を暗殺しようとするが、駆けつけたストロンガーに阻止されてしまい最後の勝負を挑む。

戦闘の最中に自身の毒液根目が一時的に見えなくなったストロンガーを挑発するなどして屋上からの転落死を企むも、最後はその直前でなんとか視力を回復したストロンガーの放った決死の『電キック』を受け爆死した。

関連項目

奇械人 ブラックサタン(仮面ライダーストロンガー) カメレオン 仮面ライダーストロンガー

コメント