ピクシブ百科事典

奇械人ケムンガ

きっかいじんけむんが

奇械人ケムンガとは、仮面ライダーストロンガーに登場する毒蛾の幼虫型改造人間の名称である。なお、ここでは成体の姿である奇械人ドクガランについても解説する。
目次[非表示]

「俺は不死身のケムンガだ!電気なんて感じるもんか‼」
CV/辻村真人(当たり前だがドクガランも兼任)

概要


仮面ライダーストロンガー』第22話「12時00分 ライダー死刑?!」に登場。

ストロンガー抹殺を使命とする毛虫(毒蛾幼虫)の奇械人
鳴き声は「ムケムケム‼」

ユリ子らが迷い込んだ怪しい洋館から孵るとタックルおやっさんを捕え、城茂=ストロンガーを誘き寄せようと目論む。

から状の粘液を吐き出して相手の動きを封じて捕える事ができるほか、人間へ化ける事もできる。
なお、この粘液で自らを作り成虫態であるドクガランへと変態する事もでき、さらに自身の卵を植え付けて、植え付けた相手を自身と共に繭へと閉じ込めて窒息死させることも可能。

なおこの繭は恐ろしく頑丈で、ストロンガー愚か、超エネルギー爆薬でも吹き飛ばす事が出来なかった…。

おやっさんとユリ子をダシにストロンガーを誘き寄せ、ストロンガーに卵を植え付けることに成功。そのままストロンガーを窒息死させようとするが、非情のタイタンは以前捨て駒とした奇械人エレキイカと同じくストロンガーを超エネルギー爆薬でケムンガ諸共吹き飛ばそうと(もちろんゲムンガはそんな事は知らされておらず、本気でストロンガーを窒息死させるつもりであった)するが、上記にある様にタイタンの予想以上に頑丈だったため失敗してしまい、ならばと自身の地底王国が存在する地下数千mの地底に放り込んで始末するが…。

奇械人ドクガラン


『仮面ライダーストロンガー』第23話「地底王国の魔王‼」に登場。

奇怪人ケムンガが成虫へと変態した姿で、繭に閉じ困られ、身動きが出来ず、地底の寒さで打ち震えるストロンガーが、成虫になるのを迎えたケムンガが熱を発するのに気付き、繭から脱出するためにストロンガーが放出した電気パワーで成長を促進された事により誕生した。
鳴き声は「ガガガガーッ‼」

幼虫の時と同じくストロンガーの抹殺を使命としているとみられ(ちなみに自分が繭になっていた為、捨て駒にされた事には全く気づいていない)、から散らす鱗粉と、口吻から発射する猛毒のが主な戦力。
また、幼虫時と同じく人間に化けることも可能で、タイタン直轄のタイタン専用拠点である地底王国においてストロンガーの命を付け狙うが、最後は自身の槍で突き刺され怯んだ隙に放たれた『電キック』を喰らい爆死した。

関連項目

奇械人 ブラックサタン(仮面ライダーストロンガー) ドクガ 仮面ライダーストロンガー

奇械人ブブンガー(最終回で再生怪人として登場したときに、ボディがドクガランになっていた)

その他の変態するライダー怪人
ドクガンダー 獣人ヘビトンボ

コメント