2022年7月7日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:宗矢樹頼柴本浩行千田義正塩野勝美(『EPISODE FINAL』のみ)

登場話:映画『劇場版 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』 第41話「インペラー」第42話「401号室」 第45話「20歳の誕生日」~第47話「戦いの決断」

データ

身長225.0cm
体重145.0kg
特色/力口から吐く粘着性のある糸、集団での行動、レイドラグーンへの成長


概要

仮面ライダー龍騎』に登場するヤゴ型のミラーモンスター
映画EPISODE FINAL』で先行登場し、TV本編でも終盤で一斉に出現した。
体色はで、ミラーワールド内で大量発生しライダーたちを苦戦させた。平成作品の中でTV本編に最初に登場した戦闘員ポジションの怪人でもある。
常に集団で行動し、一斉に獲物に襲いかかるが、攻撃力はさほど高くない。

動き自体は緩慢だが、からの種子を飛ばして人間に植えつけ、体内で発芽した種子は触手状に成長して、まるで冬虫夏草のように宿主を苦しめる。そしてそのままの中に引きずり込んで捕食する。また、粘着性の糸を吐き出して逃走や拘束に使用する。
劇場版、TV本編のどちらでも現実世界に適合できる体質を得てしまい、現実世界に大量に出現した。

ファムがブランバイザーを口に突き刺した際の描写を見るに、口内は意外と機械的な構造をしている事が窺える。なお、この時に発した鳴き声はかなり不気味であり、トラウマになった視聴者も多かったようだ(Googleでもサジェストに『シアゴースト 鳴き声』と出るほど)。

脱皮(TV本編では繭から羽化)することでトンボ型モンスターのレイドラグーンに、更に進化することでハイドラグーンと呼ばれる完全なトンボ型に成長する。奇しくも、この過程は仮面ライダー龍騎に登場する13ライダーの強化過程に通じるものがあり、彼らに置き換えるとブランク体に相当する姿である事が窺える。その一方で、13ライダーやオルタナティブが人間がミラーワールドで活動する為の姿だとするならば、シアゴースト系はミラーモンスターが人間世界で活動するための姿、つまり、仮面ライダー達とは対になる存在とも解釈できる。

活躍

劇場版の個体はファムのミスティースラッシュやゾルダのギガランチャーで纏めて倒されたが、残りの個体はレイドラグーンに羽化した模様。

TV本編では第41話にて龍騎サバイブのメテオバレットに敗れ、逃げたもう一方の個体はインペラーのドライブディバイダーに敗れている。
第45話では龍騎サバイブのメテオバレット、ナイトの飛翔斬、ゾルダのエンドオブワールド、第46話では王蛇のベノクラッシュ、龍騎のドラグクローファイヤー、ゾルダのギガランチャーを受けて相当数が撃破されたが、その数を埋めるようにシアゴーストが出現し始めた為、キリがなかった。
こちらでもタイムリミットがあと3日に迫ると繭の姿からレイドラグーンに羽化したが、ハイドラグーンにはならなかった。

知能はあまり高くないようで、本来は守る対象であるはずの神崎優衣も捕食対象と見なしていたが、神崎士郎に睨まれて即座に捕食対象から除外している。

派生作品

無数に登場し、単体での戦闘力が低いというのもあって、後発の作品ではアントロードモールイマジンのように戦闘員ポジションで登場することが極めて多い。
『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』では大ショッカー戦闘員として登場。

龍騎』の北米向けリメイクである『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』ではゼイビアックス将軍配下の最下級戦闘員「レッド・ミニオン」(KRDK版ゲルニュート)が進化した「ホワイト・ミニオン」として登場した。

冒頭で登場している通り、『仮面ライダーウィザード』第52話「仮面ライダーの指輪」の魔宝石の世界でも登場した。
テレビシリーズで鎧武が初めて戦った怪人で、ある怪人と特性が共通している。

RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』ではゲルニュートと共に野良モンスターとして大量に登場している。

余談

群体で登場し、合体融合して巨大CGモンスターになるというオーダーから、「vs龍を見せるのが良いと考え、ドラゴンフライ=トンボがモチーフとなった。
仮面ライダーの亡霊、というデザインイメージがあり、顔の透明パーツには昭和ライダーの複眼のふくらみが盛り込まれている(『完全超悪』p141より)。

『仮面ライダー龍騎超全集 最終巻』p59では、崩壊するミラーワールドから現実世界に唯一適合できたのが急繁殖したトンボ型モンスターで、変態を経るごとに少しずつ現実世界に適応する体を作っていったと思われる他、神崎優衣の粒子化が始まった時期と急繁殖時期も一致している、と語られている。

名前の由来は恐らくsheer(透き通るような)+ghost(幽霊)。

スーツの1つは『特捜戦隊デカレンジャー』登場怪人アラドン星人ギャンジャバに改造された。体色が違うので分かりにくいが、胸部や股間のディティールに注目すると気付きやすいだろう。

劇場版に登場する敵戦闘員というポジションは前作『アギト』のアントロードから引き継いだもの。本編終盤にスーツを流用する点は続く『555』、『』に引き継がれている。

関連項目

ライダー怪人 進化 雑魚 ゲルニュート 城戸真司
アントロード ダークローチ アルビローチ ワーム モールイマジン
ラットファンガイア 下級ロイミュード
オルフェノク:単色でデザインを成立させるためのプロトタイプであったという。
メガヌロン:こちらも成長するヤゴの怪獣
アントロード前作における大群で行動する怪人繋がり。
ライオトルーパー次作における大群で行動するライダー部隊でTV本編終盤にて登場する点が共通する。
カリュブディスメギド:外見が酷似している。
飛蝗:同じく、終末の際に現れるという虫の群れ。

外部リンク

Web archive「仮面ライダー龍騎」公式サイト シアゴースト 

シアゴースト 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

ミラーモンスター みらーもんすたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シアゴースト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シアゴースト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70267

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました