ピクシブ百科事典

触手

しょくしゅ

触手とは、感覚器官・捕獲器官として使用される器官。
目次[非表示]

概要

アシナシイモリの口のそばの髭や無脊椎動物のの周りにある突起物を指す。
一般的な例ではタコイカ(正確には腕)や、クラゲイソギンチャクの水に漂う部分などが触手にあたる。
細長い形をした器官であることは共通だが、長さ・太さ・色・細かな形状はまちまちである。
種によって異なるが感覚器官と捕獲器官の二つの用途があり、前者はアシナシイモリ、後者はタコを想像するとわかりやすいだろう。



創作における触手

イラストにおいては主に謎の生命体の身体部位、あるいはそれそのものとして扱われている。
あるときは拘束具、またあるときは生殖器、またあるときはの代わり、場合によっては高速かつ鉄壁な凶器となって活躍する万能選手。
触手単体で描かれることは少なく、人物に絡み付くなどの接触をしているイラスト多い。

また、pixivでは触手タグが付いた絵の8割以上がR-18であり、触手がエロースな役割を担わされるケースが多い(非R-18ならエロくない触手)。
男性と触手の絵の場合、他の男性との同性愛要素が無くても「腐向け」とされる場合がある。
しかし、中には人間と共存するフレンドリーな触手もいたりするので、必ずしもR-18ばかりとは限らず、なかなか侮れない。

歴史は意外に古く、日本では江戸時代に既に葛飾北斎が作品「蛸と海女」で触手ものを描いている。
参考:→日本の伝統

海外では日本を代表する文化の一つとして知られており、ファンも多い。
英語版Wikipediaには「Tentacle erotica」の記事があり、そこでも上記の北斎の作品が取り上げられている。

4月1日が日付のニュースで、日本で触手ものの開発が禁止された、との報道は、海外のファンをパニックに陥らせた…。

触手いろいろ

全選手


決まり手


関連キャラ


関連イラスト

ステーキ
センシティブな作品


触手の描き方っぽいの



関連タグ

生物 動物 生命体  器官  
頭足類 タコ イカ イソギンチャク クラゲ
Tentacle

R-18 R-18G
日本の伝統 蛸と海女
触手に定評のある作者 触手に定評のあるgoo!
エロくない触手 ディフェンスに定評のある触手

他の記事言語

Tentacle

関連記事

親記事

器官 きかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「触手」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1185632792

コメント