ピクシブ百科事典

スレンダーマン

すれんだーまん

スレンダーマンとは、海外の都市伝説に登場する怪人である。
目次[非表示]

概要

主に、アメリカを始めたとした海外でのCreepypasta都市伝説)などに登場する異形の怪人。
世間的に名前が出始めたのは比較的最近、情報共有の普及したネット社会となってからだが、
このスレンダーマンと思われる存在が登場する神話や民間伝承などは広範囲の国々、そしてかなり古い時代から存在したともされる。


スレンダーマン


主な目撃談での外見は、スレンダーという名前の通り全身ガリガリに痩せ細り、
背丈は180センチから3メートルとかなりの長身で、手足も胴体に比べ異常なまでに長い。
顔は顔面蒼白で、目鼻や髪などは一切ないのっぺらぼう。もしくはマスクの様になっている。
黒いビジネススーツにネクタイを着こなすが、この服装は最近になってからの目撃談によるもので、登場する民話や伝承の時代背景によって服装は多少異なる。
ただし、基本的に黒ずくめである場合が多い。
目撃談によってはこれらに加えて背中から無数の黒い触手が生え、常に不気味にくねらせている。


地域の伝承によって彼がもたらす恐怖は様々だが、比較的多い例は
気に入った人間をどこまでも追い回し連れ去らう、または憑り殺すというもの。
伝承などでは成人前の若者、特に子供をターゲットとする場合が多い。

能力として何処にでもテレポートすることが可能で、
伝承や目撃談が世界中の広範囲にあるのもこれによるものとされる。
スレンダーマンを目撃した場合、記憶喪失、妄想症、恐慌といった極度の精神異常、血の混じった咳、止まらない鼻血などといったスレンダー症という症状を患い、
近距離で目撃してしまうと最悪の場合そのまま発狂し死に至るという。

日本での都市伝説で言えば八尺様くねくねを掛け合わせたような感じでもある。

その何時、何処から現れるのかわからない不気味さ、かつ、もしかしたら自分の身近にもいるかもしれないという恐怖、都市伝説の怪物としては見ようによってはスタイリッシュにも見える風貌、
そして「もしかして単に友達欲しい寂しがり屋じゃね?」という憶測によるキャラ付けから
海外での人気は高く、彼を題材とした歌、ゲームなども多数制作されている。


日本での知名度自体はまだそこまで高い方ではないが、最近のゲームで言えば
Minecraftに登場するエンダーマンの外見、行動パターンなどはスレンダーマンが元ネタとなっている。
また、オンラインゲームであるロードオブヴァーミリオン アリーナに登場する種族不死の使い魔バラバも恐らくスレンダーマンが元ネタと思われる。(異様な細身、長い手足、スーツ姿、瞬間移動と敵の拉致を行うスキル等)

Sympathy for slender man
エンカウント!



関連タグ

Creepypasta 都市伝説 UMA ホラー
クリーチャー 人外 スーツ

関連リンク(というかネタバレ)

海外の都市伝説…触手スーツの『スレンダーマン』って一体何者? NAVERまとめ

pixivに投稿された作品 pixivで「スレンダーマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1701820

コメント