ピクシブ百科事典

Laughing_Jack

らふぃんぐじゃっく

Creepypastaのキャラクターである拷問好きのモノクロ道化師。 “Come on, its no fun if you don’t watch!” HAHAHAHA!
目次[非表示]

概要

彼は孤独な者のもとへ、キャンディーと死を持ってやってくる。

SnuffBomb氏作のCreepypasta
残虐な殺人を行う白黒の道化師である。
アート投稿サイトで 2011 年に Steve Aikins氏 (ステージ名"SnuffBomb") によって考案され作成。2013 年から有名になり知られるようになります。


ロンドンに住む貧しく孤独な7歳の少年アイザックのもとに贈られた箱(Laughing Jack-in-a-box クランクを回すとオルゴールからPop Goes The Weaselポップ・ゴーズ・ザ・ウィーズル/イタチがぴょんと跳ねたが鳴るビックリ箱。なぜか歌のクライマックスになる前に終わる)から出てきたカラフル道化師。
クリスマスの奇跡を起こした天使か神かによって箱は作られたようで、Jackの正体はコズミック・ビーイング、宇宙の法則に関わる程の巨大な力を持つ、神、もしくは神にも等しい存在だと自ら説明していた。
親友になった相手の精神しだいで人格が構成されていく様子。
アイザックと海賊ごっこをしている時、隣の猫を誤ってアイザックがJackに殺させてしまい、アイザックは寄宿舎に入れられることになるがJackは連れていけないため、箱の中で家に置きざりにされる。誰かがオルゴールを作動させるまで箱から出ることはできない。
長い年月放置され、絶望と虚無の黒と白のみの残虐道化師なってしまった。
カラフルだった頃はアイザックと母親の一階での口論が聞き取りにくい描写があり、モノクロになりつつある頃にはアイザックの両親が一階で争う声を聞けるようになっているため、退廃につれ聴覚が鋭くなっていたと思われる。

拷問めいた殺害方法をショーとするのは、大人になって帰ってきたアイザックの影響。
彼はJackをイマジナリーフレンドと思いこみ箱の存在も忘れていた。やがて町の家具修理屋をしていたアイザックは、自らの仕事道具を用いた凶悪な拷問殺人鬼になってしまう。(Isaac Grossman?)その光景を箱の中から(外の景色、音は聞くことはできた)すべて見ていたJackは、暴力的なものにまったく無知だったため、その様子をアイザックが新しい友達としている新しい遊び、素晴らしく魅力的なゲーム、ショーとしてとらえた。

アイザックにより再び自由になったJackは、最初の親友で解体ショーを実演し殺害したが、Jackは箱の中で「世界のすべての孤独な子供たちに自分の友情を広げる計画」を考え、それを実行するため始動する。
孤独な人なら老若男女問わず子供と認識する様子。ストーリーで大人になったアイザックに幼少期と同じように話しかけ、後日談である本編でも最後に病院にいるジェイムス(被害者)の母のもとへ訪れている様子だったため。

初めはイマジナリーフレンドのように優しく親友のように接し、しだいに悪夢を見せたり周辺で悪戯したりし精神的に追いつめ、相手が嫌ったり疎ましがると本性を見せる様子。ジェイムスの母親の様子から、その存在に気がつくと感染するように夢に現れるようで、これは怪談によくあるその怖い話を聞いたらその怪物がやってくるような印象。
攻撃目的で現れる際には部屋中のものをひっくりかえしたように散らかす。

廃墟の遊園地で、アコーディオンの恐ろしいトーンのポップ・ゴーズ・ザ・ウィーズルを弾いてる。その歪んだ禍々しい音色を聞いた者は催眠状態になり操られる。

被害にあった者たちはおそらく子供の姿にされ彼の人形にされている。拷問解体を受けた不気味な姿のまま廃墟遊園地を徘徊している。

本編ではジェイムスとその母が飼っている犬を殺し、キャンディーを腹部に詰め込んで照明器具に吊り下げた。

危険を察知すると黒煙になり姿を消すことができる。

おそらく非常に嫉妬深い。大人になったアイザックが行きずりの女友達を家に入れた際、自分は地獄のような監禁状態にあるのに、アイザックは新しい友人と楽しくしていると羨望と嫉妬を懐いて見ていた。

原案者であるSnuff Bomb氏がLJ本人の画像を制作。


人物像

彼はいつも微笑んでる。

肩まで長く傷んだ艶のない飛び跳ねた黒髪、幽霊の如く白いゴム質の肌、暗く黒い輪に囲まれた刺し通すような白い目、大きな渦巻き模様のコーン型の鼻、冷たい黒い唇、鋭いギザギザの歯とねじれた笑み、肩に羽根をのせ、黒と白の縞模様の長そでとソックス(靴下はよくサイハイかニーハイで描かれる)、床まで届く長い腕とグロテスクに長く歪んだ指、サスペンダーをつけた黒いバギー・パンツを穿いてる。背は高い。舌は絵の作者によってまちまちであるが、長く先の鋭い白黒の縞模様をしている。

声は吐き気を催させるほど恐ろしい高笑い、そして骨を凍てつかせる悪魔のようなゾッとする耳障りな声。

道具は、すべてアイザックの道具を使用している様子。
43インチの長い鉄釘、長い鋭いナイフ、鋭い釣り針、ハンマー、アドレナリンの長い注射器、Gを吐き出す。腕をゴム人間のように伸ばせる。人を操るアコーディオン(けして飽きない音色を奏でる達人であるらしい)。

キャンディーを持っていて、Rainbow_jackの時にキャンディーの詰め合わせを持っていた。口の中ではじけてとても甘いらしい。ジェイムスにも彼のポケットにやけにカラフルなキャンディをたくさん詰めこんでいた。一説には毒入り、幻覚作用があるものなど何らかの効力があるものもあるらしい。彼の道具の一つである。

プードルとキリンのバルーンアートができる。

誕生日はおそらく12月25日。クリスマスイブに箱が贈られ、クリスマスにあけられた。

台詞(決め台詞?)

HAHAHAHA!
“What a wonderfully fascinating game!”
“Suit yourself.”
“HAHAHAHA! Oh I'm quite real kiddo…”
“One. Last. Time!”
テーマ曲、Pop Goes The Weasel。

登場作品

Laughing Jack
The Origin of Laughing Jack
(前日談?Laughing Jackがモノクロ道化師になった訳。)

関連キャラクター

Rainbow_jack

以前のJack。カラフルで綺麗な色をした血色のよい好青年だった。鮮やかな赤い髪、渦巻き模様の虹色のコーン鼻。

Laughing_jill

Sabrina氏によるLaughing_Jackの妹的存在。
バッドマンのロビン的なパートナーであり親友であるモノクロ道化師の少女。制作者によると性転換キャラである。
Laughing_Jackが大好きで恋人になりたくて狙ってる。
闇の力で様々な武器、銃火器を制作可能で、中でもお気に入りはチェーンソー。
メアリーという少女はイマジナリーフレンドとしてJillを作り出し、12歳になるまで一緒に彼女と遊んでいた。Jillはその間とてもカラフルなピンクのドレスを着ており、幸せだった。実在しないものがいると主張し続けるメアリーを心配したメアリーの両親は娘を精神病院に入れた。しかし一向におかしなことを言い続ける症状が治らないメアリーの病状に苛立った精神病院の医者は最終的な治療方法としてメアリーを射殺してしまう。自分の創造者が殺害されたJillは完全に狂ったモノクロ道化師となってしまう。

Candy_Pop_and_Candy_Cane

Popはネオンブルーの男の道化師。Caneはピンクの女の道化師。双子であるが元々1つの存在らしく、合体すると紫になる様子。
作中にLaughing Jackと思われる道化師の人形が出てくる。

関連タグ

Creepypasta

すみません…編集求む

無かったので勝手に作ってしまいました。ぜんぜん慣れてなくめちゃくちゃなので、編集してくださる方いらっしゃいましたらお願いします。

Laughing_jillの項目を編集、追加しました。
更に情報があれば引き続き編集をお願いします。

pixivに投稿された作品 pixivで「Laughing_Jack」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53015

コメント