ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

Go to sleep…


概要

Creepypastaという海外都市伝説や怖い物語の一つ「Jeff the killer」の主人公である少年殺人鬼。またその物語や画像の名前である。

NNN臨時放送」「オカルトマニア この画像なに?」等の検索してはいけない言葉でも見かける顔面蒼白の人のホラー画像の元ネタでもある。

元々は2008年のYoutubeの動画らしい。その時のストーリーはかなり違っている。


白いパーカーを着ていて、硬く真っ白い肌、裂けた口に真っ赤な唇、焦げた黒髪と回りが黒くまぶたの無い目、そして狂った人格。とかなりショッキングな特徴を持っている。画像では鼻がなかったり下の唇だけ赤い等の特長も見られる。

彼が殺人を犯す時は「Go to sleep」と言うらしい。


不気味ではあるが、一方で捉え方によってはこの上なく萌える特徴のため、コアなファンも存在する。

画像はよくビックリに使われるため怖い画像の一つとして挙げられる程有名だが、海外では多数の二次創作があり、人気のキャラである。


なお、Pixivでは「jeff_the_killer」タグと「Jeff_the_killer」タグがあるため注意。

(「Jeff_the_killer」タグの方が若干多い)


元の恐怖画像とは違う作者が書いたストーリーが存在する。

よくまとめられているのはこちらの方。


ストーリー

元の英文: http://www.creepypasta.com/jeff-the-killer/


ジェフとその家族が引っ越して来た先で、弟のリウと不良に絡まれてしまう。一応ジェフは撃退したものの暴行罪によりジェフが捕まりそうになってたところをリウがジェフの代わりに捕まり、そのショックからジェフは落ち込んでしまう。


弟が逮捕されたショックから立ち直れないなか、親にビリーという向かいに住んでる子の誕生日パーティーに連れていかれた。しかしそこに不良が乗り込んできて喧嘩になるが、漂白剤を被り最後に火を付けられ、火だるまになったまま意識を失う。その後ジェフは病院で意識を取り戻し、釈放されたリウを含む家族の前でジェフは包帯をはずしたが、その顔は白くなり、茶色い髪は黒く焼け焦げ、唇は深い紅色に変色していた。


ジェフは鏡で自分の顔を見て一言





「これは完璧だ!」



ジェフの精神は不良たちと喧嘩してた時からおかしくなっており、家族はまだジェフが「殺人鬼」になっていた事に気づいていなかった。

 

退院した日の夜、物音に気づいた母親が見たものは、洗面所で瞼を焼き、ナイフで口を裂いているジェフの姿だった。

ジェフは銃を取ろうとした親を殺したあと、リウの部屋に行き、彼に馬乗りになってこう言った。


「Just go to sleep」



(不良がジェフより一歳若いように見えることから、この時のジェフが13歳であることが分かる。なお、原作では兄弟とだけ書かれているので、リウが兄だという可能性もある。)


二次創作について

Pixiv、そしてdeviantART(海外SNS、日本のPixivのようなもの)などでのCreepypastaファンダムでは人気の存在で、二次創作も多数ある。同じく海外の都市伝説出身であるスレンダーマンとは、二次創作関連においてよくコラボや共演がなされている。


Pixivの作品を見ても分かるとおり、特徴から「人それぞれ」の彼のイメージが描かれるのも人気の一つ。中には表現が少しマイルドに描かれていたり、かっこよかったりかわいくなってたりするという、いわゆるトラウマブレイカーなんかもされている。


ちなみに元が曖昧なキャラなため起こりやすい問題でもあるのだが、「こんなのは彼ではない」といった決まりを勝手に押し付ける人もいるらしく、荒れる原因になったこともある。

(例えば鼻がないといった)


また急激に増えたファンの行動や、二次設定が流行りそれが基準のようにされ、上のような問題が起こるのに不満や疲れを持っている人達も一部いる。


しかしなによりそれが原因により争いが起きるのが問題である。


ジェフの容姿性格は原作を見ても詳細までは分からず、ストーリーはすべて英語のためどんな風に描こうと結局はその人の主観が入る。またストーリーのファンだが、画像は怖くて見られないまたはその逆という人もいる。その人達も同じファンである事には変わりない。

都市伝説だけに、他のジャンルとは違う所がある。


原作にあったとしても「これはこうじゃなきゃだめなんだよ」と言ったところで、主観の押し付けになってしまうのである。もちろん個人の好みや苦手は様々だが、だからと言って他の二次創作や解釈を貶したりしていい理由にはならない。

そして創作する側も、優しく教えたり閲覧者側に配慮するなどのマナーを守ることが大切である。特にホラー、口裂けキャラに耐性の無い人への配慮が必要である。


自由度が高いだけに、気を付けなくてはならないことは日本も海外も共通している。


元画像について

元画像が未だに未発見であり、外国の掲示板では、元画像を探すチャレンジが今も続いている。

かつてケイティ・ロビンソンという女性の写真を加工したという説が出回ったが、後に嘘であることが明らかになっている。


関連タグ

都市伝説 ホラー NNN臨時放送 Creepypasta パーカー男子


ジョーカー(バットマン)

その風貌と「事故によって容姿と性格が変わってしまった」と言う経緯から、少なからず引用したと思われる。


マリリン・マンソン

関連記事

親記事

Creepypasta くりーぴーぱすた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2767802

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました