ピクシブ百科事典

触手貫通

しょくしゅかんつう

触手貫通とは、触手が体内を貫くことである。

触手が肉体を貫通してるもの。
基本的にはR-18R-18Gであり、リョナ、グロを含む。

R-18に分類されるものは、触手が口から入り、食道胃袋小腸大腸を経由して尻穴から顔を出すという、触手プレイの中でもハードな攻め描写が該当する。
(尻から入って口から出るという逆の流れもあり)
体内を異物に蹂躙されることにより生じる、苦痛を伴う攻め、又は精神的なダメージをウリにしている場合が多く、このシチュに絶賛するファンも少なからずいる。また、内臓フェチ(口フェチ・舌フェチ)やアナル攻め、描写から移行する場合もあるため、そちらの性癖とも合併する場合がある。
体内を蹂躙する異物は触手にとどまらず、スライムなどの軟体・粘液系、ムカデミミズといった虫系、伸びた人間の腕やペニスといったものまである。
R-18ジャンルでは出血描写が見られず(あっても少量)、内臓に大きなダメージを与え無いように順当に通過する場合が多い。

R-18Gに分類されるものは、体内の内臓を突き破り、反対側へ到達しているものを指す。
まれに、口から尻穴まで到達している板ストもあるが、内臓を貫くなどして破壊している点がR-18のものと異なる。
触手の形状もR-18の者と異なりハリガネや機械、ドリルトゲのついた触手が導入されるパターンや、触手の先端を棒状に尖らせた状態で串刺しにするパターンも見受けられる。

コメント