ピクシブ百科事典

スライム

すらいむ

この項目では、主にファンタジー・SF等の作品で登場する、ゲル状もしくは軟体のモンスターについて扱う。その他の意味については記事冒頭を参照されたし。
目次[非表示]

概要

スライムという言葉には、

  1. SFファンタジーなどを題材とした作品に登場するモンスター
  2. 魚や軟体動物などの表面に存在する粘液。転じて、粘性が高く生臭い液状の生命体を指す。
  3. 銅の電気精錬時に不純物として生ずる汚泥。多種の金属を含むため資源として使われる。
  4. 硼砂の水溶液とポリビニルアルコールを混合すると生成されるゲル状物質の俗称。
……といった用例がある。以下、この項では「1.」について説明する。

1.1 粘性生物として描かれるスライム

スライムはアメーバの発見やそれに伴った怪奇小説の台頭などがきっかけで誕生した、割と歴史の新しいモンスターである。小説や映画においては「巨大化したアメーバ」というイメージそのままで表現されることが多く、海外で生まれたTRPGやファンタジー小説などで描かれるスライムも、基本的にそのイメージを共有している。
ダンジョンや薄暗い洞窟などにじっと潜んでいる姿は、注意して観察しないと一見、水溜りか岩場のシミのようにしか見えない。その存在に気付かずスライムのそばまで近づいてしまった場合、哀れな獲物はさしたる間もなく粘性の身体に包み込まれてしまうだろう。(天井から落下するようにして覆いかぶさってきた場合、まず回避はできない)
いったん取り込まれれば脱出は難しく、スライムの大きさによっては、仲間に助け出される間もなく瞬時に消化されてしまうことすらある。原生生物ゆえ知性は持たず、交渉の余地もないという恐ろしい存在だ。打撃などのいわゆる物理攻撃が効かない事も多い。

1.2 ぷるぷるした生物として描かれるスライム

ウィザードリィ』シリーズや『ドルアーガの塔』など、コンピュータゲームでも定番のモンスターとして登場する(※この時点ですでに序盤に登場する最弱モンスターとして確立している)。
そんな中、ファミコンソフト『ドラゴンクエストⅠ』に登場した鳥山明デザインのスライムは当時としては斬新であった。水滴状の身体に、くりくりとした目と半開きの口というとぼけた風貌は、従来のスライムにあったイメージを払拭し、新しいイメージのスライム像を構築することに大きく貢献したと思われる。
このタイプのスライムは、先述したような不定形のアメーバ状生物ではなく、グミのような柔らかくて弾力がある質感、まん丸で顔や表情がついており、攻撃方法も溶解ではなく主に体当たりとされている。また、愛嬌のあるデザインでドラクエのスライムの様に作品のマスコットを兼ねるタイプも多い。

キャラクター

関連タグ

モンスター 生物 ゲル 液体 不定形  
ヘドロ ゼリー 寒天 グミ わらび餅 ポルテ
雫型 タマネギ型 ぷるぷる 溶解 
スライム娘モンスター娘) スライム化モンスター化

類似モンスター

ブロブブロッブ

関連生物

アメーバ 粘菌変形菌

他の記事言語

Slime

関連外部リンク

関連記事

親記事

モンスター もんすたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スライム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50357189

コメント