ピクシブ百科事典

ビザーモ

びざーも

ビザーモとは、ウルトラマンティガに登場した怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長56m
体重5万2千t
別名人工生命体
出身地惑星ビザーモ
CV麻生智久


概要

ウルトラマンティガ第31話「襲われたGUTS基地」に登場。別名「人工生命体」。南極で発見されたアメーバ状の生物。二酸化炭素を取り込み、大量の酸素を吐き出す大気の浄化作用を持つ。そのため、ビザーモの付近にいる生物は酸素中毒に陥る。また、電気エネルギーを吸収することで増殖し、高度な機械類の内部に侵入することで知能を高める特性を持つ。
名前の由来は、「奇怪」を意味する英語「bizarre」から。

正体

その正体は、惑星ビザーモで遺伝子操作によって生み出された人工生命体。惑星の大気浄化のために生み出されたが、個体数を増やすために電気エネルギーを吸収、さらに機械に侵入し知能を高めていき、遂には惑星ビザーモを滅ぼしてしまう。人間の心を理解する高度な知能を持つものの、「慈悲の心」が欠如しているビザーモは増殖のためなら多種族を利用し、滅亡させることも厭わない危険な存在となっていた。

GUTS基地の占拠

人類に有益な存在であるビザーモとの共存を考えたホリイを利用して、TPCのメインコンピューターを操作しダイブハンガーのシステムを麻痺させる。基地が大混乱に陥っている間に、基地の電力を吸収し増殖を続ける。しかし、ビザーモの目を盗んだホリイが基地のサブシステムのパスワードをダイゴ達に知らせたことで、メインシステムからの電力を絶たれてしまう。
ホリイを襲った個体は救出に来たダイゴ達の手で始末されるが、増殖した別個体がレナを拉致しガッツウイング2号に乗っ取って高純度エネルギー発電施設を目指す。追ってきた1号機との接触により撃墜されたものの、発電施設の侵入に成功し大量の電気を吸い込み巨大化。地球上の電気エネルギーを全て吸い尽くそうと企む。

巨大戦

巨大化時の攻撃方法は、目や腕から放つ電撃、腹部の口からの電撃光弾、腕から発生させるゼペリオン光線やマルチキックも防ぐ電磁波のバリヤーである。それらを駆使し、更に内部に気絶したままのレナがいる2号機を狙うというせこい手でティガを苦戦させるが、腕と目の部分を破壊されてしまったことでバリヤーと電撃を封じられる。口からの電撃光弾で応戦するも、ティガホールド光波で撃ち返されたところをパワータイプのデラシウム光流で倒される。
しかしその後もムナカタのPDIにダイゴの姿となってアクセスし、レナを驚かせたが取り落とした瞬間にノイズと共に消滅した。

ホリイはビザーモを「進んだ科学が生んだ許されざる命」と評する一方、純粋に生きようとしながらも他者と共に歩み寄ろうとする「心」を持たずに生まれたが故に倒されることとなったその末路に対して憐んだのであった。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣 ショゴス:元ネタと思われる神話生物。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビザーモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5412

コメント