ピクシブ百科事典

スタンデル星人

すたんでるせいじん

特撮番組「ウルトラマンティガ」に登場する架空の宇宙人。 メインイラストの左がレドル、右がアボルバス
目次[非表示]

概要

ウルトラマンティガ』第17話に登場する、スタンデル星に住んでいる宇宙人。夜しか活動できない青の種族、昼しか活動できない赤の種族が存在する。
そんな中、青の種族が昼の間を支配しようと宣戦布告し、両種族は昼夜問わず戦える地球人を(かつ格闘技の使い手を中心とした)自分の兵士にしようと地球にやってきた。
従って、別に青族が悪で赤族が善というわけではなく、たまたまレドルが話の分かる優しい人だったという話になる。

アボルバス

青色夜型宇宙人  スタンデル星人アボルバス


別名青色夜型宇宙人
身長2.1~54m
体重150kg~48000t
声優塩屋浩三
青の種族の代表として地球に派遣されたスタンデル星人。
好戦的な性格で、地球到達後レドルを負傷させた。武器は腕からのビームショット。巨大化すれば、5万tのタンカーを持ち上げるほどの腕力を有するらしい(参考:テレビマガジン別冊『ウルトラマンティガ図解超百科』講談社)
任務を着々と遂行し、兵士となる地球人を誘拐宇宙船に入れていた。
夜の種族のため明りに弱く、ティガのタイマーフラッシュスペシャルで溶けるように倒された。

余談だが、自ら「アボルバスに協力しろ」と発言しているので、もしかしたら所属団体や部族の名前なのかもしれない(単に一人称が自分の名前が当たり前の文化圏なのかもしれないが)。

レドル

赤色昼型宇宙人  スタンデル星人レドル


別名赤色昼型宇宙人
身長2.08m
体重140~145kg
声優麻生智久

おばあちゃんといっしょ(ウルトラマンティガ)


赤の種族の代表として地球に派遣されたスタンデル星人。武器は特にないが、テレパシー能力を有しており、これを使ってGUTSやおばあさんと会話をした。一人称は「私」。
アボルバスとは逆に善良な性格で、傷ついて倒れている所を助けてもらったおばあさんの心に触れ、任務を放棄して地球人をアボルバスから救うことを決意する。
GUTSの協力を得て単身アボルバスの宇宙船へ侵入するが、真夜中だったため本領を発揮できず返り討ちに。救援に駆け付けたダイゴ(ティガ)にアボルバスの弱点を告げた後、誘拐した人達を開放。アボルバスがティガに倒された後は、おばあさんに別れを告げてスタンデル星へと帰還した。
昼の種族の為、(ウルトラマン同様)暗闇と寒さに弱い。

余談

  • 言うまでもなく、『ウルトラマン』に登場した怪獣・アボラスバニラのオマージュである。
  • 物語前半、レドルがおばあさんの家でこたつに入っていたシーン、GUTSに見つかってしまい、おばあさんを背負って昼の商店街の中を逃げ回るレドルのシーンは必見。
  • デザインは『ウルトラマンネオス』のザム星人の準備稿を再デザインしたもの。
  • プロットでは、肌の色の違いにより争っているという設定だった。
  • レドルとアボルバスの中の人は後に『ONEPIECE』のゲンゾウナコー役として共演している。


関連項目

ウルトラ怪獣 赤と青
ミステラー星人:似たような厄介ごとを地球まで持ち込んだ内ゲバ星人。

pixivに投稿された作品 pixivで「スタンデル星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34819

コメント