ピクシブ百科事典

スタンデル星人

すたんでるせいじん

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する宇宙人。メイン画像の右側がレドル、左側がアボルバス。
目次[非表示]

お婆さん「出て行っちゃったんだね。言葉なんか通じなくったって……いいじゃない……」

概要

第17話「赤と青の戦い」に登場。
スタンデル星に生息する宇宙人。夜しか活動できない青の種族と、昼しか活動できない赤の種族が存在する。
お互いの領分を分け合って暮らしてきたが、青の種族が昼の世界をも支配しようと宣戦布告し、両種族は昼夜問わず戦える戦士を求めて地球にやって来た。
従って、青の種族が先に仕掛けたものの戦争のために拉致をしにきたという地球への来訪目的は赤の種族も同じであり、別に青族が悪で赤族が善というわけではなく、たまたまレドルが話の分かる優しい人だったという話になる。
どちらの個体も腕からの光線が武器。

アボルバス

青色夜型宇宙人  スタンデル星人アボルバス


別名:青色夜型宇宙人
身長:2.1~54m
体重:150kg~4万8千t
CV:塩屋浩三

お前は、他の地球人とは違う……。お前が自らの意思でアボルバスに協力するならば、奴隷になることは許してやろう。従え!アボルバスに!!」

青の種族の代表として地球に派遣されたスタンデル星人。好戦的な性格で、地球に来て早々レドルに怪我を負わせている。
アクション俳優や格闘家といった強い人間を兵士に仕立てるため、自身の宇宙船の中に拉致していた。
レドルからアボルバスの目的を聞き出したGUTSが囮となったことで、ダイゴとレドルに宇宙船に乗り込まれ、レドルを負傷させた後、船外に出て巨大化する。
夜の種族のため光に弱く、ウルトラマンティガのタイマーフラッシュスペシャルを浴びて溶けるように消えた。

余談だが、自ら「アボルバスに協力しろ」と発言しているので、もしかしたら所属団体や部族の名前なのかもしれない(単に一人称が自分の名前が当たり前の文化圏なのかもしれないが)。

名前の由来は勿論、「青」。

レドル

赤色昼型宇宙人  スタンデル星人レドル


別名:赤色昼型宇宙人
身長:2.08m
体重:145kg
CV:麻生智久

「私は知った……使命より大切なものがあることを!」

赤の種族の代表として地球に派遣されたスタンデル星人。アボルバスとは逆に善良な性格で、傷ついて倒れている所を助けてくれたお婆さんの心に触れ、任務を放棄して地球人をアボルバスから救うことを決意する。

おばあちゃんといっしょ(ウルトラマンティガ)


物語前半、レドルがお婆さんの家でこたつに入るシーン、不良に絡まれたお婆さんを助けた後、お婆さんを背負って昼間の商店街を闊歩するレドルのシーンは必見。

テレパシー能力を有しており、これを使ってGUTSやお婆さんと会話をした。一人称は「私」。

GUTSの協力を得て単身アボルバスの宇宙船へ侵入するが、真夜中だったため本領を発揮できず返り討ちに。
救援に駆け付けたダイゴにアボルバスの弱点を告げた後、誘拐された人たちを開放。アボルバスがティガに倒された後は、お婆さんに別れを告げてスタンデル星へと帰還した。

名前の由来は勿論、「Red(赤)」。

余談

言うまでもなく、『ウルトラマン』に登場したアボラスバニラのオマージュである。

デザインは『ウルトラマンネオス』のザム星人の準備稿を再デザインしたもの。モビルスーツのようなアニメロボットの要素も取り入れられていると言い、足周りやアボルバスの顔にその影響が見て取れる。

プロットでは、肌の色の違いにより争っているという設定だった。

脚本初稿での名称は「ステルトン星人」だった。また、脚本初稿ではレドルは「アーヴァ」、アボルバスは「ゼルダ」という名前で、アーヴァが操った地球人によって倒されるという展開が描かれていた。ちなみに後者は人気ゲームのキャラクターと同じ名前ではあるが、関連はない。

脚本の初稿ではおばあさんが登場する展開は存在しなかった。

ソフビのウルトラ怪獣シリーズでは旧ラインナップにてレドルのみソフビ化している。一応アボルバスも食玩のウルトラサウンドバトルで立体化はしてるのでフィギュアがないわけではない。この2人が同スケールで立体化されてるのはティガモンスター超全集のみである。

関連項目

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣 赤と青

レドル:pixivやニコニコ動画で活躍する特撮絵師。スタンデル星人レドルがハンドルネームの元である。

バレンタインアサヒちゃん


↑レドル(絵師)のイラストでは貴重な、レドル(スタンデル星人)が描かれたイラスト(2枚目の3コマ目)。文字にするとややこしい。

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スタンデル星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38078

コメント