ピクシブ百科事典

エボリュウ

えぼりゅう

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣――に、なってしまった人間。
目次[非表示]

リョウスケ「お前たちに、僕の気持ちが分かるか……!」
ホリイ「分かるよ!わしら、友達やないか!」
リョウスケ「分かるもんか……!小さい時からずっとずっとナンバーワンでいなきゃならなかった、俺の気持ちが分かってたまるか!!」

概要

別名:異形進化怪獣
身長:53m
体重:5万3千t
出身地:千葉湾岸・ネオリゾート
演者:柚原旬(サナダ・リョウスケ


第11話「闇へのレクイエム」に登場。

TPC宇宙開発センターの職員サナダ・リョウスケが自らの能力を向上を目論んで「エボリュウ細胞」に触れたことで怪獣化してしまった姿。武器は両手の爪とそこから伸びる鞭、放電攻撃。

名前の由来は「Evolution(進化)」から。

当初は副作用(後述)に苦しみながらも理性を保っており、怪獣化しても人間に戻れたが、エボリュウ細胞の侵食が進むうちに制御ができなくなり、ついに巨大化して暴れ出してしまった。
ネオリゾート内に現れるが、ホリイ隊員に怪獣探知機「モンスターキャッチャー」を撃ち込まれ、GUTSの攻撃を受けて一旦人間に戻る。

モンスターキャッチャーの発信する電波で存在が露呈。TPCの医務局で治療を受けるよう説得するホリイと、リョウスケを追ってネオリゾートに来ていたイジュウイン・サヤカの前で制御が完全に効かなくなり、怪獣化して暴れ出す。

正体が人間だと知っているため、手を出せないウルトラマンティガを滅多打ちにするが、電気エネルギーを使い果たして力尽き、怪獣エボリュウではなく「サナダ・リョウスケ」という人間として息絶えた。

その後、怪獣メタモルガの事件が起きた際、ホリイたちのいる施設ごとティガを踏み潰そうとするメタモルガをエボリュウの幻が背後から羽交い絞めにして食い止めた。それがリョウスケの魂(幽霊)だったのかは、誰にも分からない。

エボリュウ細胞

地球に落下してきた隕石に付着していた謎の細胞。
自然に生まれたのか?人工的に作られたのか?その正体はネオ・フロンティア時代に入っても一切不明である。

侵食した生物の能力を飛躍的に向上させる性質がある(しかも素手でちょっと触っただけで侵食されてしまう)が、移植された生物は大量の電気エネルギーを摂取し続けなければ生きていけず、よしんば条件が満たされても怪獣化してしまうという、悪魔のような細胞
TPC宇宙開発局が進めていた宇宙飛行士の人体改造計画「ジニアスプロジェクト」の中核として研究されていたが、エボリュウ事件の結果計画は中止。サンプルも全て破棄されたはずだった……。
そして後の時代にも災いが……

余談

着ぐるみはガルラに改造された。

初期の脚本(第11話ではなく第6話として制作する予定で書かれた脚本)では「最後はティガによって宇宙に運ばれる」という展開で、監督・特技監督は川崎郷太が担当する予定で脚本が執筆されていた。第11話の監督・特技監督を担当した神澤信一は、川崎が本来担当しようとしていた脚本を自分が担当した結果シリアスさの目立つ展開が出来上がった事、そして脚本を担当した武上純希が「そこまでシリアスさの多い話にするつもりはなかった」と話していた事を明かしている。また、第6話として書かれていたものが放送順では第11話に変更されたのは、撮影場所の都合があったためだという。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エボリュウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2470

コメント