ピクシブ百科事典

ウルトラマントレギア

うるとらまんとれぎあ

ウルトラマントレギアは、特撮ドラマ「ウルトラシリーズ」に登場するキャラクターで、悪のウルトラ戦士。
目次[非表示]

※このキャラクターの評価は現在、賛否両論となっています。編集の際は賛否どちらかの立場に傾く事なく、公平な記述になるよう注意してください。

「私はトレギア…君の願いを叶えにやってきた」
「君達の言う『絆』は簡単に壊れる」

データ

身長50m(伸縮自在)
体重3万7千t(伸縮自在)
最大飛行速度マッハ9.9
最大走力マッハ4
水中潜航速度マッハ3.8
地中進行速度マッハ3
最大ジャンプ力850m
腕力9万t
握力7万5千t
出身地???
年齢1万2千歳
人間態霧崎
変身アイテムトレギアアイ
CV内田雄馬
マイケル・リース(『ウルトラギャラクシーファイト』英語版)


概要

劇場版『ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』で初登場する謎多き悪のウルトラ戦士
偽物ではない純粋なウルトラマンだが、様々な宇宙に干渉しては人の心の弱さに付け込んで星々を滅ぼしてきた存在である。

初登場時は異空間のような場所に身を潜めており、こちらの世界に干渉する際はテレビなどの画面を介して現れる事が多かった

口調は至って紳士的で、表面上は物腰柔らかな態度を取っているが、その本性は狡猾にして残忍かつ冷酷で、突如として異空間から姿を現し、夢破れて行き詰ったり悩み事を抱えたりしている人間を言葉巧みに誘惑し悪や絶望に誘い込む。
そして自分が持ちかけた選択を選び取った結果、悲劇に見舞われた人間たちを見て嘲笑いながらその様子を楽しむという姿勢はとてもウルトラマンには見えず、悪魔といった方がしっくりくるかもしれない(しかも本人はあくまで「夢を提供しているだけ」と言ってはばからない)。
それ以外にも劇中ではリクとペガを連れ去り、ペガを怪獣の中に閉じ込め、その怪獣をリクに殺させる事で悲劇を演出しようとした事もある。
またウルトラマンR/Bの前日談小説『蒼い瞳の少女は灰色と名乗った』ではルーゴサイトの遺伝子に手を加えて狂わせ、数々の星を滅ぼさせようとした青い仮面をつけたウルトラマンの存在が語られており、それがトレギアであることが示唆されている。
つまりは美剣サキの2人の兄の命を奪い、サキの心を歪める遠因となったばかりか、見ようによっては『R/B』の物語それ自体の真の黒幕でもあったということになる。

想定外の事態が起きようとも特に動じる事なく飄々と人を食ったような素振りや言動を取り続ける様は、一見すると愉快犯の様にも見えるが、彼自身の思惑自体は現段階では全く明らかになっておらず、どこか掴み所の無い、得体のしれない不気味さを漂わせている。
その一方で、自分の計画を台無しにされたり、相手が(故意か否かに関わらず)自分のトラウマ(?)を刺激するような言動を取ったりした際、さらにはある人物のことが絡んだ際などには、それまでの紳士的な態度から一転して感情を露わにする場面も描かれており、意外に激情家な面も持っているらしいことが伺える。

容姿

私はトレギア 君の願いを叶えにやってきた


基本的なカラーリングは青
カラータイマーが位置する部分はX字のプロテクターのようなもので覆われており、ハンターナイトツルギのように鎧を纏っているように見える。また、腕や足の部分にベルトのようなものが見受けられ、プロテクターの形状と相まって鎧というよりは、むしろ全身に拘束器具を身に付けているようにも見える
仮面を付けたような顔が特徴で、仮面らしきものから覗く目の表情はウルトラマンビクトリーウルトラマンロッソの頭、ウルトラマンジードのツリ目を思わせる(目が赤いのでロッソの赤要素も一応は補完している事になる)。

額はクリスタルのようになっているつま先も先端が反り返るような形状をしている

また、顔の輪郭や耳の形はあのルーキーと呼ばれた戦士に似て、胸や頭部の意匠はある戦士を彷彿とさせ、カラーリングも含めるとどことなくあの黒い戦士のようにも見えるが、関連は不明。

と、このように初登場作品が平成ウルトラマン最終作である為なのか、新世代ヒーローによく似た特徴を有している。

後に判明した彼の出身からして本来の姿ではない可能性があり、そのカラーリングも別の事情によるものと思われる。

戦闘スタイル

グルーブVSトレギア


基本的に権謀術数を巡らせて暗躍し、戦闘は配下の怪獣たちに一任する策略家ではあるが、自身の戦闘力もかなり高く、ジード・ロイヤルメガマスター/ウルティメイトファイナルウルトラマングルーブとも互角に渡り合えるほど。劇中ではグルーブと壮絶な空中戦を展開し、最後の最後まで一進一退の激しい攻防を繰り広げた。

ただし、戦闘能力が低い訳では決してないが、冷静さを失ったりして得意の舌戦抜きの真っ向勝負だと意外と脆いフィジカルの弱さも抱えこんでいる。これに関しては前日談で語られているが彼が生粋の戦士ではないという事情も関係しているのだろう。

本人もこの事は自覚しているのか、自らの力で敵を直接叩きのめすベリアルとも異なり、話術や幻覚、罠を多用することで相手の力をフルに発揮させない戦い方を好んでいる。

また、グルーブが現れるや否や「残業をしない主義」と言う捨て台詞を吐いて撤退しようとした事から、自身の想定外の戦闘にはあまり関わりたがらないような節も見受けられる(若しくは、相手の手の内がわからない間は、不用意な戦闘は極力避けているスタンスなのかもしれない)。

主な必殺技

トレラアルティガイザー
全身のエネルギーを両腕に集めて打ち出す必殺技。グルーブを大きく吹き飛ばした。
「ウルトラマンタイガ」でも使用するが、エネルギーを貯める際に発生する魔法陣や撃ち出した際の赤い稲妻が省略されることが多々ある(現状、劇場版R/Bと同じ演出が見られるのは第23話のみ)。

トレラ・スラー
空間を歪ませて異次元のゲートを作り出す超能力の一種。ここから巨大な腕を伸ばしてリクたちを別宇宙へと引きずり込んだり、カツミ地球から7452光年も離れたホスター21星系の惑星へと誘い出したり、異空間から怪獣を地上に召喚したりした。

イスキュロス・イーバ
防御技の一種。ロッソブルのバリヤと同等の防御力を持つとされる。

イスキュロス・ダイナミス
相手の怒りなどを加速させて増幅させる凶暴化光線で、正気を取り戻しかけたスネークダークネスを再び狂暴化させた。
ウルトラマンコスモスフルムーンレクトとは真逆の性質を持った光線技ともいえる。
これの派生技と思われるものを使用したこともあり、やはり落ち着いた怪獣を再度暴れさせている。

トレラケイルボス
ロッソやブルの必殺光線と同等の威力を持つとされる破壊光線。

ギアギダージ
身体を高速回転させつつ突撃して相手を弾き飛ばす必殺技。ロイヤルメガマスターのジードがプリミティブに戻る程のダメージを与えた。

オプトダクリス
目から撃ち出す破壊光線。

トレラアルディガ
両手先から放つ破壊光線。グルーブのデルタブレストランサーとぶつかり合い相殺した。

トレラテムノー
両腕から放つ10本のカッター光線。
タイガ第21話にて使用し、パンドンを撃破した。

トレラシウム光線
名前から判断するにおそらくスペシウム光線系統の必殺技と思われる。『劇場版R/B』などでは使用されなかったが、『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』においては意外な形でこの技の存在が判明した。

実際の戦闘力

多彩で凶悪な必殺技を数多く持つトレギアだが、後述の前日談から実はこの技の殆どがとある存在から由来する力でトレギア本人の固有の必殺技ではないことが判明した。
事実、ウルティメイトファイナルとの対決では序盤こそ手数で押していたものの、一撃が重いギガファイナライザーでの攻撃で次第に劣勢になっていた上、格闘戦ではほぼ互角の戦闘力であるグルーブにもスネークダークネスと戦っている最中への不意打ち以外大きなダメージを与えられておらず、トライストリウム相手に至っては初戦で完敗して以降は殆ど正面から戦おうとしなかった。結局『タイガ』最終回でもトライストリウムには終始圧倒されており、単純な戦闘センスで言えばベリアルなどには及ばないと思われる。

また、タロウゼロリブットといった挑発などの搦め手が通用しない歴戦のベテラン相手とも相性が悪い傾向があり、ニュージェネレーションズ戦と比べても決定打を決めあぐねていた。リブット戦では最終的にはレッドキングを2体召還して足止めしながら撤退しており、ゼロには挑発を軽く流されている。

しかしゼロに「ベリアル以上に何を考えてるのか分からない食えないヤツ」とも評されている通り、トレギアの真の恐ろしさは純粋な戦闘力ではなく、裏で様々な怪獣や宇宙人を巻き込みつつウルトラマン達を苦しめ続ける執念と狡猾さとも言えるだろう。

主な行動記録

セレクト!絆のクリスタル

手始めにリク達をR/Bの世界に送り込み、上述の悲劇を引き起こそうと目論む。しかし、その目論見がロッソとブルの活躍の前に崩れると、今度はロッソの変身者たるカツミやその友人の戸井ゆきおに興味を示し、彼らの前に姿を見せて闇に引き込もうとする。その過程で自身が召喚した怪獣達を次々にジードや湊兄妹にけしかけ、ついにはスネークダークネスとともに自らの手で彼らを抹殺しようとした。

だがカツミは闇に引き込まれなかったばかりか、トレギアにとって想定外の事態が次々に発生。さらにトレギア自身が呼び寄せたジードまでも究極の姿となったことで、高みの見物のはずが一転して自ら戦うことを余儀なくされる。

そして激闘の末、ジードのレッキングノバを浴びせられ続けて爆散、倒された──
が、その時の台詞は「これが絆の力というやつか……勉強になった!」という、死に際の言葉としては聊か不自然なものであった。



そしてエンドロール後…

「なんだ、君たちまだ観てたのか」

何事もなかったかのようにトレギアが現れ、意味深な言葉とともに高笑いをしながら宇宙のどこかへと飛び去っていった…。

「私は忙しいのでね。この辺で失敬するよ」

「また会おう」

ウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル

第13話に登場。ブースカとペガの前にブースカ劇場のスクリーンから現れた。
ウルトラマンを苦しめた強敵を紹介し、ウルトラマンを応援するか、闇に身を委ねるかの二択を迫った。

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ

第6話より登場。
今作ではウルトラダークキラーと裏で繋がっていたことが判明しており、新世代ヒーローズのダークネスを作り出そうと目論んでいる。当のダークキラーに「何故そこまでダークネスにこだわる?」と問われた際には、「光も闇も、正義も悪も、等しく同じ価値しかないことをウルトラマンたちに証明したいだけさ」と語っているが…?

当初は全身を青黒いオーラで覆っていてはっきりと姿が映らず、クレジットでも青い巨人と表記されていたが、第8話にてウルトラマンリブットに暴かれる形で姿を現した(以降、クレジットもウルトラマントレギアに変更されている)。
その後はリブットと一進一退の攻防を繰り広げ、彼の実力を「名前だけは覚えておこう」と暗に認めると、ダークキラーとゼロダークネスを強引に復活させて新世代ヒーローズ達に仕向け、リブットを足止めするためにレッドキング2体(初代と二代目)を召喚して姿を消した。

ダークキラーが倒された後、新世代ヒーローズ達の前に結界を通じて突如現れる。
そして、彼こそが全ての黒幕であること、また、ダークキラーにウルトラウーマングリージョを狙わせたのはグルーブの力を使わせないためであることが明らかとなった。
「一面的な見方でしかものを見ない」と新世代ヒーローズ達の正義感を否定し、光の国について「やはり破壊するしかないな…」とこぼすと、どこへともなく消え失せた。
光の国を破壊しようとする彼の野望を阻止するため、『R/B』世界の防衛に戻ったグリージョと彼女を送り返すゼロを除く新世代ヒーローズ達は、トレギアの捜索に向かうのだった。

彼の暗躍によってグルーブの力は終盤まで使われず、グリージョによるバックアップも無かった新世代ヒーローズ達はダークネス軍団に大いに苦しめられることとなった。しかし一方で、ダークキラーにギンガ、ビクトリー、ロッソ、ブルのダークネスを催促したことで、ダークキラーが自分の居場所を新世代ヒーローズにばらした結果、グリージョを救出されてしまい、ダークネス軍団も未完成のままダークキラーもろとも倒されてしまうという、本末転倒な事態も引き起こしている。
もっとも、後述する彼の思想信条を踏まえれば、どちらが破滅しようと彼にとってさしたる問題ではなかったのかもしれないが。

また、交戦したことのある『R/B』組やジード、独自の情報網を持つリブットが存在を知っていた一方、幾多の宇宙を旅してきたオーブはその存在を全く把握しておらず、その神出鬼没の暗躍ぶりゆえに存在を知る者が多くない可能性が示唆されている。

なお、本作ではトレギアが潜む空間を「魔法空間」と表記している。

舞台DHL

ウルトラマンベリアルのサイドストーリーにシルエットとなって登場。
多くの惑星を破壊しつつも戻らぬ自分の力に苛立ち、テリオに向かうことを決めたベリアルの前に現れ、ベリアルの影響で闇にひかれたと語り、対話を求めた。

ウルトラマンタイガ

「宇宙の番人を気取るな…!光が正義だと誰が決めた!?」
「よき旅の終わりを…そして…始まりを」

こちらでは、全編を通して活躍するスーパーヴィランとして登場

闇に誘う者


本作では「霧崎」(演:七瀬公)という名の地球人青年に擬態して暗躍。変身アイテム・トレギアアイを所持し、必要に応じて元の姿に戻る。

「遊びの時間は終わらない…」



その正体はタイガの父親であるタロウの元親友
タロウ同様彼の出身もM78星雲・光の国であり、年齢も1万2千歳(放送当時のタロウと同じ年齢だが、銀河伝説以降の時間経過を考慮したものかは不明)と同い年。公式Twitterによると、元は光の国の科学者だったらしく、タイガたちの変身アイテムたるタイガスパークを開発したのも他ならぬ彼であった。

カツミやリクに異常なまでに固執しているようにも見えたのはタロウの力を使っていたが故とも考えられる。ジードが同郷の悪の戦士の息子でありながら正義のウルトラマンとして活動していることについても、何か思うところがあったと考えれば、劇場版本編でリクとペガに手を出したのも当然かもしれない。後の『トレギア物語/青い影』にてカツミを狙った理由に「いまいましくもタロウの力のこめられたクリスタルを使って変身するらしい」と知ったからであること(カツミがその時悩んでいたからというのも大きいようだが)、ジードを狙ったのは親友であるペガを殺すしかない道を選ばせることで父・ベリアルと同じ道を歩むかもしれないという興味からであることが判明している。

結果として、ベリアルに続いて光の国から新たな悪のウルトラマンが現れたことになった。
さらに皮肉なことに、ウルトラの父とタロウは、親子二代で親友が悪に堕ち、敵となってしまうという悲劇に見舞われることにもなった。
奇しくもベリアルとは「劇場版で初登場し一度倒されるも復活する」「二世ウルトラマンやその家族と因縁がある」という似た構図になっている。

『タイガ』第0話では、「ベリアルのように闇に身を墜としてしまった友」としてタロウの口から存在が語られた。また、この時のタロウの発言から、トレギアもまたベリアルのように心に弱さを持っていたことが闇に身を堕とす原因になったことが示唆されている。元科学者だったこと以外、その経歴も未だに謎が多い(タロウに対する態度から、タロウとの何らかの確執が遠因であったと推察することも考えられる)が、トレギアもまた、ベリアルと同じように光の国で犯罪を犯したのだろうか…?
なお歴代ウルトラマンに詳しいガイですら彼の存在自体を知らず、タロウの息子であるタイガもタロウとの関係を全く知らなかったことを考えると、やはり彼の事は世間ではあまり知られていない模様(ガイに関してはメタ的にはオーブより後発のウルトラマンだから仕方ない面もあるが)。

本編の第1話冒頭では、何らかの目的で光の国に迫り(上述の通り『ウルトラギャラクシーファイト』にて光の国の破壊と判明した)、ギンガを筆頭とした新世代ヒーローズ達をたった一人で相手取るが、劣勢に陥ったと見せかけてあらかじめ仕込んでおいた爆弾の罠で全員を一網打尽にするという狡猾さも見せ、タロウの制止を振り切って立ち向かったトライスクワッドをも全滅に追いやった。
一方、かつての親友であるタロウが現れた途端、それまでの人を食った態度が嘘のように感情を剥き出しにしている。
現状、タロウ相手に余裕を見せたのはタイガが消滅し、タロウが動揺した時のみであり、その前にタロウと戦闘していた時も、掛け声にかなり感情が籠り余裕がなかった。
また、全身に青い炎を纏ったウルトラダイナマイトに酷似した技も使用している。
その後、地球に降り立った後は、ヴィラン・ギルドゼガンのデモンストレーションに「贈り物」と称してヘルベロスを差し向けてオークションを引っ掻き回したり、タイガが現れることを予見していたかのような言動をとったりしている。
またボイスドラマ第3回でタイタスが「自分たちが同じ星で合流できたのは、偶然ではないかもしれない」と推測している(タイガは「偶然」と流してしまったが)。

第2話では、ヴィラン・ギルドの怪獣兵器であり、幼い頃の工藤ヒロユキの友達でもあったキングゲスラを一時的に操り狂暴化させる(イスキュロス・ダイナミスの応用と思われる)。タイガがキングゲスラと戦い、ヒロユキによって幼い頃の記憶を思い出した時、トレギアの姿になってタイガを挑発しつつ圧倒、それを見て怒ったキングゲスラをも翻弄し痛めつけた後、タイガに向かってトレラアルティカイザーを放ち、それを庇ったキングゲスラを撃破する。その光景に怒るヒロユキとタイガのストリウムブラスターをトレラアルティカイザーで押し返すが、続くフレイムブラスターは防御もせずに受ける…が既に空中に逃げており、トレラ・スラーで退却していった。

これ以降も、先述の初登場時と同じく、追い込まれた者達を言葉巧みに破滅や絶望への道に誘い込む愉快犯のような振る舞いを繰り返し、外道ぶりにおいてはベリアル以上の活躍を見せている。そのスタンス上、営利目的で悪事を働くヴィラン・ギルドの取引を上記のように台無しにする事も少なくなく、三角関係を保ちつつ彼独自の思惑のもと動いている模様。
その一方、ナックル星人オデッサがその本質と願いとの間で葛藤している所を見抜き、彼の本心を暴いて焚き付け、タイガと戦う道を選ばせた様は、あたかも彼が果たせなかった願いを叶えさせて救おうとしていたかのようにも見える。実際、その境遇には何か思うところがあったのか倒された際は彼にしては珍しく花を手向けて、一人その死を悼む様子も見せている戦っている最中は愉快そうに高笑いしていたので、どこまで本気だったのかは不明だが、これはタイガがナイトファングリングを使用した直後の高笑いであり、下記の事も考えるといろんな意味で面白くてしょうがなかったのだと思われる)。

なお、第6話にて等身大の変身を披露すると同時に、ガピヤ星人アベルに握手された際は最初こそ不敵に笑っていたものの、やたら長い握手「長いな!」と迷惑そうに手を離し、その後は手に付いたヌメリ気にしてどこからともなくハンカチを取り出して手を拭く(しかも「とれない…」とぼやきながら)というコミカルな一面も見せた。

その思惑

(本編中盤のネタバレにつき注意)















第3話以降も、タイタスフーマの帰還後、さらにタイガがフォトンアースに進化した際にも、まるで彼らの力を試すかのようにちょっかいを出しているほか、怪獣リングをタイガが使うことを喜ばしく思っている描写がある。
あたかもトライスクワッドの面々の成長を促すような行動をとっているかのようにも思えるが、第12話ではどうやらタイガを闇に誘おうとしているらしい事を口にしている

使える力は使うといい



次々と現れる敵の陰で彼が暗躍する中、第14話では怪獣リングを使ってきた影響なのか、「タイガが暗い空間の中で仲間を見失い激しい感情が渦巻く」「時々ヒロユキの頭の中で変な音がする」「タイガにヒロユキの声が届かなくなる」「戦闘の最中にタイガが無性にイラついている」「ギガデロスを執拗なまでに殴り続ける」など明らかに闇堕ちの兆候と思われる行動がいたるところに散見された。

「そうだ…もっと怒れ、残忍になれ…!そうすれば君は私になれる…」

found & lost


第15話でその企みの詳細が判明。それは、怪獣リングの力でタイガの心を闇に染め、自身の傀儡に引きずり込むという恐ろしいものだった。トレギアはそのために、自身の感情と力を植え付けた怪獣をけしかけてはタイガ達と戦わせ、怪獣リングを収集・使用させていたのである。
実はこのリングは、力を求めて使用しては好戦的になり次の戦いでより使いたくなるという、まるで麻薬のような作用をもたらす恐ろしいアイテムであり、しかも使わせていた怪獣リングの力は、正面からのパワフルな戦いを得意とするタイタスや、俊足と手裏剣を用いトリッキーな戦術で相手を翻弄するフーマにとっては、いずれも扱いづらいか彼らの能力と重複したものかのどちらかであった。
結果、収集自体はトライスクワッド全員で行なったにもかかわらずその力はもっぱらタイガのみが使用しており(おそらくはタイガのみが使うようトレギアが意図的に選んだものと思われる)、これが原因でタイガの戦闘スタイルは回を追うごとに怪獣リングに頼り敵に過剰な攻撃を加えるものへと変貌していった第15話に至ってはさほど苦戦していない敵を牽制するという、たったそれだけのためにリングを使用している)。

そして、第15話後半で現れたトレギアに対しヘルベロスリングを使用した直後、タイガはその身から膨大な闇を発しつつ苦しみだす(ちなみにこの時わざとヘルスラッシュの直撃を受けたが「いってぇなぁ……」と普段の演技がかった口調よりも砕けた反応をしている)。
それでもなお戦おうとする彼を軽くあしらいつつ、トレギアはその様子を楽しそうに嗤っていたのだが、タイガを説得するヒロユキに不快感を示す。

「絆……?二言目には、うるさいんだよ、地球人風情に何ができる……!」

それ以降は先ほどまでと違ってどこか不愉快そうにタイガを痛めつけ始めるが、ついにタイガに限界が訪れ……

「聞こえるかNo.6!
 闇がお前の息子を蝕んでいるぞ!ウルトラマンタロウの息子を…!」

闇の力に飲み込まれたタイガは自我を喪失し、ヒロユキ達とも完全に分離。
その様を見たトレギアは、自身の傀儡にして一部である怪獣リングをタイガから難なく取り上げる。
そして、放心状態の彼に対しまるでペットを愛撫するかのように接しながら、これまでにない程の愉快そうな高笑いを見せるのだった。

「昨日までのタイガは死んだ。新しいタイガの誕生だ」
「もう君は地球人がいなくても変身できる。新しい相棒は闇のエネルギーというわけだ」
「君と僕とで、バディゴー」

君と僕とでバディゴー



その後トレギアはタイガ、そして自身が光の力を奪い気絶させたヒロユキの精神世界に現れ、二人の精神をいたぶり続ける。

キミの声が聞こえない


「おやぁ?絆とか大層なことを言っておきながら…他の二人はどこだ?見捨てられちゃったのかなぁ?」
「父親を超える力を手に入れたんだ…私と一緒に、光の国に戻ろう。そして、父親にその力を見せつけてやれ」

タイガを手駒としたトレギアはそれに留まらず、自身やタイガの故郷である光の国への攻撃までも視野に入れていた。

しかし、うなされ続けるヒロユキを見かねたE.G.I.S.の面々による介入、タイタスとフーマの尽力、そしてそれらにより先に正気を取り戻したヒロユキにより、による足止めも実らずタイガを救出され、更にトライストリウムへの覚醒を許してしまうという想定外の事態に陥る。
差し向けた怪獣を瞬く間に蹴散らすタイガを目の当たりにし、トレギアはまるでタロウを前にしたように激怒するや、変身して自ら戦いに挑むも、冷静さを失った事が仇となってか、攻撃を全てあしらわれてしまう。その姿はまるで、地球で初めて二人が戦った時の鏡写しのようでもあった。

タイガ「今のおまえでは、俺たちの絆には勝てない!」

「まだ絆を語るのか!反吐が出る!!」
「この弱者が!貴様らが宇宙の番人だと、誰が決めたぁぁッ!!」

タイガ「お前は負けるんだ!俺達の!!」
トライスクワッド「「「「光に!!!」」」」

直後、必殺技・トライストリウムバーストを放つタイガにトレラアルティガイザーで応戦するもまるで敵わず、そのまま押し切られ爆散・敗北した。

「何が光だ……!貴様らに私の何がわかる……!!」

闇の支配から抜け出したタイガは、仲間との絆を更に深め、新たな力を会得。
その事実を突き付けられたトレギアは、タイガの仲間にして一部であるヒロユキの存在の重さを、今更ながら理解する。
そして、さんざん嘲笑い続けた絆の力に、自身が敗北した事実を噛み締めながら、これまでにない程の悲痛な高笑いを上げるしかなかったのだった。

この敗北以降、タイガのみならずヒロユキにも注意を向けるようになった。
第17話では社長を庇って亡くなった、セモン星人ミードの最期に憤るヒロユキの前に現れ、彼の精神を痛めつける言動を取る(もはや言わずもがなであるが、この一件にE.G.I.S.を関与させたのも、用済みとなったミードを始末したのも、他ならぬトレギア自身である)。
そして、「私は君に興味を持った。だから君の事をもっと知りたいし、君にも私の事を知って貰いたい」と口にしつつ、遂にその正体を明かした。まるでヒロユキの憎しみを、自分に向けさせようとしているかのように……

『私の名は…ウルトラマントレギア』
『これからも、私を愉しませてほしいなぁ…君と、君の大切な仲間達の、キズナの物語で』

ちなみに、この時E.G.I.S.のオフィスにある画面から、初登場時のように姿を映している。又、これが劇中で初めて、自らをウルトラマンと名乗った場面であった。

これ以降、

  • ヒロユキの同僚たる宗谷ホマレを襲撃し、ヒロユキがE.G.I.S.を去るように仕向ける
  • 自身が呼び寄せたゴロサンダーにカナを人質に取らせる
  • オフィスにいた旭川ピリカを操ろうとする(?)
と言った具合に、E.G.I.S.の面々を標的とした策謀を次々に仕掛けるようになる。
それらの目的は全て、タイガの変身者であるヒロユキを闇落ちさせるべく彼を精神的に追い込むことであった。
しかしながら、旭川ピリカを標的にしようと接触した際、何やらただならぬビジョンを目の当たりにすると、驚きと狂喜を顕にしつつあっさりと手を引き、ピリカを気絶させたのみで去っていった。
彼が見たものとは、一体…?

その後、第21話にて、地球人ゴース星人パンドンを巻き込んだ騒動を起こし、その過程でパンドンをタイガに倒させようとするも失敗。直後に変身して自らパンドンを始末すると、タイガに軽くちょっかいを出して撤退する。
そして、後を追ってきたヒロユキの目の前でゴース星人の地底ミサイルを勝手に使用し、惑星を構成する元素の一つと言われる物質『エーテル』を刺激。それによって「宇宙が恐れおののく存在」が地球に呼び寄せられたことを告げると、不穏な言葉とともに姿を消した。

「君が消えるか、君の大事なものがすべて消え去るか…。タイガ。君がどちらを選ぶのか、見届けさせてもらう」

第23話では、ウルトラマン抹殺をもくろむチブル星人マブゼニセウルトラマンベリアルを送りこみトライスクワッドを苦戦させたのを見て、自分の計画を邪魔されては困るという理由で乱入し、一時的だがトライスクワッドと共闘。ちなみにこの時はニセベリアルに蹴りを受け止められたフーマの軸足を蹴り上げてニセベリアルに直撃させ、ニセベリアルへの攻撃とフーマへの嫌がらせを同時に行うという彼らしい共闘の仕方を見せた。
ニセベリアルにマブゼらがいるビルを破壊するように仕向けた後は、しばしタイガとニセベリアルの戦いをビルの上に座って見物していたが、ウルトラマンゼロがかけつけるとニセベリアルに加担する形で彼との戦闘に突入。「生命は迷い悩むからこそ美しいもの」との考えから、まっすぐなゼロのことを「心底つまらない」と評している(厳密にいえば、今のゼロは数々の戦いを通じて迷いや悩みを乗り越え、肉体的にも精神的にも成長している為と思われる)。
最終的にはゼロツインシュートをかわす形で姿を消す。

呼び寄せた終末、その先に見た光(本編24話・最終回)

第24話にて、自身が呼び寄せたウーラーがとうとう地球に襲来。
まるで打つ手のないタイガが惨敗を繰り返す様子を嗤いながら見ていたが、「決して満たされない空腹故に自らが起こし続ける悲劇を止めたい」と願うウーラーの真意を知ったE.G.I.S.やトライスクワッド、ヴィラン・ギルドが共同作戦『バディ・ステディ・ゴー』を開始すると、計画の妨害に動く。
宇宙人を忌避する地球人が、同じ宇宙人のウルトラマンに頼ると言う矛盾をせせら笑いつつ現れ、トライスクワッドにちょっかいを出し、タイガを後一歩のところまで追い詰めるも、自身を救おうとしている事を悟ったウーラーにとどめを刺すのを阻まれ、心底驚いた様子を見せる。
表面上の余裕は崩さなかったが、その事態に怒るようにウーラーを痛めつけ、激昂したタイガに「怪獣との絆とか言い出すんじゃないだろうな」とまで言い放ち、今度こそ仕留めようとタイガに光線を放つ。

しかし、タイガは渾身の力でそれを受け止め、自身の光線とそれを合わせるようにウーラーに向けて発射。体内のブラックホールをすでに無効化されていたウーラーは、二人のウルトラマンの光線をその身に受け、「空腹」が満たされた歓喜とともに爆散。光線が放たれた当初こそ「邪魔者を排除する、それが答えか」と嘲笑していたトレギアだったが、決して満たされないまま宇宙を彷徨い、望まぬ悲劇を繰り返してきたその心が遂に救われた事実を、彼は知る事になる。
それは、守るべきものを持たないはずの自らが、誰かを傷付ける為に放った光線が、一つの救いようのないはずの魂を救う奇跡を起こした事を意味していた。
ウーラーが浄化された後に現れたオーロラのような光を見て、得も言われぬ感情に支配されるトレギア。

「暖かい…この光を……」

タイガ「俺一人のパワーだけじゃ、不可能だった…。俺とお前、二人のウルトラマンの光の力が、あの怪獣の心を救ったんだ…」

その奇跡に、その光に見とれる蒼き巨人の背中は、どこか哀しく、寂しげなようでもあった。
そんな彼に、タイガは、そしてヒロユキは続ける。

タイガ「どれだけ否定しようと…」
タイガ&ヒロユキ「「お前は、ウルトラマン…」」
タイガ「光を守護する存在なんだ!お前なんだろう?光の国を離れた、父さんの友達っていうのは!」

タイガ「お前がもう一度、光を守護する者として歩みたいなら…!」

数多の者たちの運命を狂わせ、自らの心や絆さえも引き裂かんとした悪魔に、それでも救いの手を差し伸べようとするタイガ。
そんな光の戦士を前にした孤独な男の出した答えは…。

「何度も言わせるな…この世には光も闇もない!!!」

自嘲するように笑いながら出したそれは、彼の思いに応えて光の戦士に戻る事でも、一笑に付してこれまで通り悪魔として生きる事でもない、あくまでも「光の守護者に挑む孤独な敵」としてタイガと闘う事であった。
普段とは明らかに違う気迫を見せ、真正面からタイガに挑みかかるトレギア。

タイガ「俺は、光を信じる!!」

しかし、トライストリウムとなったタイガの怒涛の連続攻撃の前に押され、タイガブラストアタックの直撃を受けて遂には倒れ込んでしまう。
それでも立ち上がったトレギアが上空に見た、太陽を背に立つ光の勇者の美しき姿。脳裏に浮かんだ一人の戦士の名が、その口から溢れた。

「タロウ…」

タイガ「そうだ!俺は、タロウの息子!!ウルトラマンタイガだ!!!」

眩いばかりに輝く光の戦士から放たれた、最大最強の必殺光線・「クワトロスクワッドブラスター」
避ける事も出来ただろうその光線を、トレギアは両手を広げて自ら喰らう。
それが、既に引き返せない道に踏み込んだ自分自身の、たった一つの取るべき道であるかのように。

そして、どこか吹っ切れたような高笑いとともに爆発。今度こそ完全に倒された……ようではあるが……?

その動機

基本的に他者を悪や破滅へ誘い込み、相手のペースを崩す為に煽るような言動を見せる事が多いトレギアだが、「光=正義」と言う価値観やと言う言葉に関してだけは、普段とは一転して激情を露にしている。
又、ホマレを奇襲した際に「君にも味わって貰いたい、『絶望』と言う甘美なる味を」と発言しており、絶望と言う単語にも、何らかの拘りがあるようにも見受けられる。

「正義」「絆」「絶望」、こうしたキーワードが、彼の道を狂わせた要因なのだろうか……?

尚、『タイガ』の番組公式Twitterによれば、『善悪の真理を探求する内に闇に魅入られた』らしいが、見出されたその答えは、本人曰く、「正義も悪もない、あるのはただ真空、底知れぬ恐怖」であり、ある種のニヒリズムのような思想を抱いていると思われる。その為か、光や闇と言った概念の価値を「等しく同じもの」「全部ぶっ壊れればいい」としか捉えておらず、ベリアルと違ってウルトラマンと呼ばれても特に動じる事もなく、それどころか上述したように自ら名乗ってさえいる。ガピヤ星人アベルにウルトラマンと呼ばれた事に対しては「昔の話さ」と答え、第21話でタイガに「お前もウルトラマンだろう!」と言われた際にも「ああ!」の一言で流している
その一方、ピリカにはその在り方を「あなたの周りに何もないだけ」と真っ向から否定されている。

上述のようにタイガを手駒に引き込まんとし、光の国の破壊を促すような言動までわざわざとっていたトレギアであるが、純粋に自身の傀儡を得たり正義の存在を破壊したりすることを目論むだけならば、過去に心の弱さが原因でを失ったタイタスや、力に選ばれなかった師匠の為にかつての自分を捨てたフーマをも含め、いずれも光の戦士であるトライスクワッドの全員を標的にしても全く不思議ではなく、タイガ1人に拘る必要は薄いどころか、事実そうなったように奪還されるリスクすらある。
にも関わらず、タイガの闇堕ちに失敗した後の第17話で、ヒロユキの前に現れた時でさえ「君はウルトラマンタイガなのになぁ」と述べており、最初からタイタスとフーマは眼中になかったことが見て取れる。23話の「生命とは思い悩むからこそ美しいもの」という発言を見る限り、コンプレックスを既に自分の中で戦士としての心の在り方に昇華させたタイタスとフーマは「つまらない」と言う事なのだろう。第23話では「心底つまらない」と評したゼロと対比する形で「タイガ君、やっぱり君は面白い」と告げている。

だが、タイガ最終回では、上述したように自らを「虚無と絶望に魅いられている」と称していながら、その実「完全に引き込まれる手前で迷っている」ようでもあり、皮肉にも自分自身が「美しく面白い」状態にあるようにも見える。

尚、タイガや『R/B』劇場版におけるロッソ等、わざわざタロウに関わる者ばかりを狙った理由が仮にあるとするならば、それは「かつての友への嫌がらせ」あるいは「正義を掲げるかつての故郷への挑戦」とも考えられる。だとすればトレギア自身も今なお歪な絆を持ち、ある意味光の戦士以上に善悪にこだわり続けているようでもあり、絆や善悪を忌み嫌う彼にとってはこれ以上無い皮肉と言えよう。

『ウルトラギャラクシーファイト』でも、光の国を破壊する決断をした際に「やはり」とつけていた事から、故郷への思い入れ自体は今も少なからずあったのかもしれない。

そして、その真意とそれにまつわる過去は『トレギア物語/青い影』にて明かされることになる…。

主な人物関係

宿敵にして元親友。
彼の前では普段の冷静沈着かつ余裕な態度が一変し、感情的になる。
一方のタロウも親友としての情を捨てて冷徹に対峙しているが、劇場版の対峙時に思い出話をし光の国へ戻るよう説得を試みる等どこか思うことはあった様子。

元親友の息子。
その為か、『タイガ』本編では彼への執着が凄まじく、一時は手中に落とすことに成功するも仲間との絆により奪還されてしまう。

タイガの仲間でトライスクワッドのメンバー。
本編第1話で敗北して以来の因縁だが、トレギア本人はタイガ以外にはちょっかいを掛ける以外そこまで興味はない模様。

トライスクワッドに変身する地球人の青年。
当初は歯牙にもかけていなかったが、自身の計画を台無しにされて以降執着するようになる。

トレギア初登場の際に対峙した兄弟ウルトラマン。
特にロッソはタロウの力を使う関係もあってか因縁深い。

彼をロッソ達のいる地球へ落とし、親友であるペガを手に掛けようとした。
後述のウルトラマンベリアルの息子でもある。

前述のジードの父親。
トレギアより前に、光の国で最初に闇に堕ちたウルトラマン。
悪のウルトラマンである以上、気が合う様に思えるが正義の価値観、闇に堕ちた切っ掛けが異なるのか、寧ろ敵視しあっている傾向が強い。
一方で同じ光の国出身の悪トラマン同士ということもあってか、ファンからはよく比較対象にされることが多い。

前述のベリアルの宿敵。
『タイガ』第23話にて初手合わせとなる。
トレギアはゼロのことを「問題児」と称しているが、ゼロからは「お前にだけは言われたくない」と返されている。
「生命は迷い悩むからこそ美しいもの」との考えから、(一人前の戦士として成長し悩みのそこまでない)ゼロに対し心底つまらない人物だと評している。

ロッソ、ブルの妹である女性ウルトラ戦士。
何気に兄達以上に因縁深い関係で、変身者である湊アサヒの唯一無二の親友である美剣サキの豹変、そしてアサヒがグリージョ覚醒への間接的な切っ掛けとなっている。
普段は余裕そうな態度を取るトレギアだが、マイペースなグリージョの前ではキレ気味な傾向があり、グリージョの方もトレギアには「名前も思い出したくない」と嫌悪感を出している。
人の不幸を喜ぶトレギアと皆のハッピーを望むグリージョは正に水と油、天使と悪魔な関係であり、ファンからはトレギアの天敵と謳われている。

余談

声を担当する内田雄馬の姉である内田真礼は、過去にモーションコミック版『ULTRAMAN』においてメインヒロインの佐山レナを演じたことがあった他、映画公開の少し前に展開された円谷プロの作品である『SSSS.GRIDMAN』でEDテーマ「youthful beautiful」を歌っており、これにより姉弟揃って円谷プロ作品に関わることとなった

トレギアはタロウと同世代設定があるが、内田氏と現在タロウの声を担当する石丸博也氏との年齢差は祖父と孫くらい離れており、年老いたタロウとは対照的にトレギアが若者のイメージが目につくが、後述の設定で極論ではあるが年を取っていないままなのかもしれない。

内田は幼少期にリアルタイムで『ウルトラマンティガ』を見ていたという。

ベリアルに続く2人目の「ウルトラマン」の名を持つ悪に堕ちた悪トラマンである(偶然か否か、彼の敵の1人はベリアルの息子である)。実際、ベリアルに続く悪のウルトラマンという立場のようだ。ただし『絆のクリスタル』ではウルトラマンと名乗る事も呼ばれる事もなかった。一方でウルトラマンロッソを呼称で初めて用いたキャラである。

トレギアは、暴君で力押しな面が目立つベリアルとは対照的に、人の心を惑わせる狡猾な性格でありある意味でベリアルよりも悪魔らしいとも言える。ベリアルが悪魔の王サタンならば、トレギアはメフィストフェレスのような黒魔術における悪魔のような位置付けであろうか。
また、ヒュドラカオスウルトラマンしか存在しない青の体色を持った悪トラマンでもあり、カオスウルトラマンはニセウルトラマンという系統である為、ヒュドラから2人目の「悪の青トラマン」とも言える(ただし、彼のボディカラーは正確には紫である)。

ちなみに悪の戦士であるため、オーブダークと同様、ソフビ人形はウルトラヒーローシリーズではなく、ウルトラ怪獣シリーズからのラインナップとなっている。

尚、ニュージェネレーションヒーローズに似た特徴を持っているのは何らかのアイテムを使っているからという説がある。似た例でいうとニュージェネレーションカプセルを二つ使って変身したウルトラマンゼロビヨンドがそれに当たる。

トレギアの名はプロデューサーの鶴田幸伸によるもので、古代ギリシア語で「狂った好奇心」を意味している。
脚本の中野はツイッターで「【ギリシャ語メモ】 狂気(トゥレラ τρ?λα)  好奇心(テリエルギア περι?ργεια)」と、トレギアの名前の由来であろう意味深なツイートをしている。

『絆のクリスタル』のラストで第四の壁を破るメタ的な展開を披露したが、このシーンが挿入されたことにより、トレギアはまだ倒されていなかったことが視聴者にほぼ確信に近い形で示唆されることとなった。劇中などで見られる画面の中から人々に接触を図るシーンは第四の壁を破る事の暗喩または、上記の展開への布石だったとも取れる。
もっとも、爆散する直前の意味深なセリフから、彼がこの時点で死んでいないことを薄々感じ取れた視聴者も多かったことだろう。

トレギア自身に関しても、結局この作品にて明確な目的や出自(他のウルトラ戦士との関係や悪の道に走った原因)等、そのバックボーンの多くが謎のまま物語が終了したこと(超全集に掲載された小説作品にて、とある怪獣の誕生にかかわっていると思われる描写がある程度)、ゼロと同じく人気声優担当のウルトラマンであることなどから、今回限りのゲストキャラとは考えにくいという見方もあった。
そして、武居監督はパンフレットで「ウルトラマントレギアは、ウルトラマンベリアルに変わって今後のウルトラマン達の宿敵となっていくであろう、“新たな悪のウルトラマン”です。」と述べており、実際今後も登場させるつもりである事が伺えた。
なお、この演出が印象深かったためか、その年に開催されたウルフェスのライブステージでは、前半と後半いずれのエピソードにおいても、エンディング後に劇場版と同様トレギアが「君達、まだいたのかい?」という台詞共に現れ、不穏な動きを見せて去っていく…というシーンが設けられていた。

デザイン段階では設定が固まっていなかったため、後藤の独自解釈でウルトラマンの特徴である顔とカラータイマーを封印しているイメージとなった。全身のディテールは拘束具をモチーフとしており、尖ったつま先は初代ウルトラマンBタイプを意識している。
全身の拘束具や仮面という要素から特殊なプレイみたいに見える」とネタにされた他、どこか色気のある仕草も相まって「存在がいかがわしいなどとも言われている。
さらにはタロウと同年代という設定も明らかになったため、「アブナイ格好をして元親友の息子をストーキングするヤバいおじさん」というネタまで誕生してしまった。

フルCGのグルーブと対決する都合から、トレギアもフルCGモデルが制作された。

脚本を担当した中野は、ピラミッド型ヒエラルキーの頂点であったベリアルに対し、トレギアは顔を見せずに人の心に付け入る現代的な敵と位置づけている。また中野は、紳士的な態度で腹のさぐりあいを行うなど、『007シリーズ』に登場するようなブリティッシュ・ヴィランをイメージしている。実際、意識したのかは定かではないが、『UGF』英語版のマイケル・リース氏が演じるトレギアもイギリス英語で会話している。
また、PCモニターに出現する描写は、前年に放映された『SSSS.GRIDMAN』のヴィランであるアレクシス・ケリヴへのオマージュとの指摘も存在するが、中野は脚本を執筆したのはその前なので偶然の一致であるとしている。

記事の中で既に述べているように、純粋なウルトラマンであるにも関わらず、作中では愉快犯的なノリで極めて陰湿かつ悪質な所業を繰り返しており、これまでの怪獣や宇宙人よりも邪悪な絶対悪として描写されている。現に『劇場版ウルトラマンタイガ』公開直前スペシャル!「グリージョの30分で分かるウルトラマンタイガ」にて、あの湊アサヒことウルトラウーマングリージョにさえ『R/B』劇場版での邂逅を「思い出したくもない」とまで言われてしまっている始末である。
そのこともあってか、ファンの中ではかなり好き嫌いの分かれるキャラとなっており、「突き抜けた外道っぷりや狡猾で残忍な性格も含めて悪役として魅力を感じる」という人もいれば「行動も性格もあまりにクズすぎて冗談抜きで受け付けない」という意見も出るほど。
もっとも、トレギア本人からすれば自身の悪評なぞむしろ褒め言葉でしかないのだろうが。
ただ、トレギアが過去に手をかけたり破滅に追いやったりしてきた対象は、いずれも怪獣や闇堕ちの兆候のある者、あるいは利用価値を見出した者ばかりであり、意外にも無関係の善良な人間に直接手を出したことは一度もない

タロウに対する激しい執着心を抱いているが、何故かタロウ本人に戦いを仕掛けることはほとんどなく、タロウの力を借りた戦士達や息子のタイガにばかり攻撃を仕掛けている。その具体的な理由は本編では不明であった。

タロウの元親友という設定から『ウルトラマン物語』に登場したドックンを思い出した人も多く、設定が公表された当初は「トレギアの正体はドックンなのでは?」と囁かれたことも…。

イベントでの活躍も多く、ショーの黒幕として暗躍しタイガやショーに出ていた他のヒーローと戦っている。

関連項目

  • 悪トラマン
  • ウルトラマンベリアル
  • ダークザギ:ベリアルと並ぶ、ウルトラシリーズにおける強大な黒幕にして、作中の行動が極悪非道すぎる悪トラマンの筆頭格。ただし彼の場合は色々あって今現在カリスマ的な人気も得ており、少なくともトレギアほど好き嫌いは分かれてはいない。
  • 蛭川光彦ウルトラシリーズ史上最大の嫌われ者。好き嫌いが分かれるまでもなくトレギア以上に忌み嫌われているが、当のトレギア本人は好みそうな人物ではある。ちなみに彼は「ウルトラマンこそ地球が怪獣や宇宙人に狙われる元凶」という屁理屈同然の思想を抱いていたが、皮肉にもトレギアは「怪獣や宇宙人が地球を狙うきっかけとなったウルトラマン」とそれまで妄言にしか思われていなかった彼の思想を現実のものとしてしまった。
  • ギマイラ:トレギアと同じく他者を自分の力で怪獣化した者繋がり。後に『ウルトラマンタイガ』で共演することになる。
  • エルフ(ウルトラ戦士):内山まもるの漫画に登場するウルトラマンタロウの幼馴染。こちらも何らかの理由で光の国から離れて闇堕ちしている(トレギアほど情を捨てたわけではないが)。
  • サンダーアロー:かたおか徹治の漫画に登場するウルトラ戦士。こちらは自分を追放した光の国に復讐するために闇堕ちしており、最終的にタロウと彼の母を死に追いやるという暴挙に走った。








トレギア物語/青い影

※以下、公開中の映画の内容含め、ある恐るべき真実が記されているためネタバレ注意


























なんと、彼はその体内に邪神魔獣グリムドなる邪悪な存在を封印していたことが判明。本編25話でトライストリウムに完全敗北した際に封印が緩み、トレギアから抜け出した様子。

…と思われていたが、実際にはグリムドの力の一部がトレギアの体内に残っていて、それにグリムドが引きつけられる習性からトレギアが滞在する場所へグリムドが引き寄せられる状態となっていた。これを利用して邪神の加護で死んでも復活できる(後述)トレギアは一度死んだタイミングでグリムドをわざと抜け出させ、自分が潜むバースの地球へ降臨するように仕組んでいたのが事実の様子。当然これは新世代ヒーローズに察知されたらしく、彼らは自分たちの変身能力を引き換えにグリムドを結界に封じるも、侵攻を完全には止めるに至らず『タイガ』本編より半年間分の時間を稼ぐのが精一杯だった。
その一方で、トレギアは自分の幻影を宇宙遺跡ボルヘスへ飛ばすのだが、そこにはかつての親友ウルトラマンタロウを誘き寄せていた…。

トレギアがなぜそこまでタロウに執着するか、また彼に抱いている思いはいかなるものかは映画でもあえて省略されていて描写はされていない。しかし諸事情で劇場版が公開延期した一方で、予定通り発売された超全集へ収録された小説を介し、真実が前倒しの形で明かされた。




トレギア物語/青い影
トレギアとタロウの出会い。それはウルトラ小学校でタロウに声をかけられ小さな冒険に出かけてからであった。
トレギアの名は、光の国の言葉で「狂おしい好奇心」を意味する。そんな名前に負けず自身の持つ強すぎる好奇心が招いた過ちをタロウに庇われ、その負い目を吹き飛ばすかのような笑顔に救われる。
彼の眼にはプラズマスパークに照らされ逆光となったタロウの姿が写っていた……

ウルトラ小学校卒業後も学業に励む傍ら、タロウと共に宇宙各地を旅するようになった。
星間ヒッチハイクをしたり、タロウの書いたラブレターの添削をしたり、と二人にとってのまさに青春の日々であった。

しかし惑星ティカ=ドゥにて宇宙創世以前の混沌の一片であるガゴゼに捕らわれ、自身か遠方で危機に陥る人々のどちらかしか助けられない状況で、自身を見捨て人々を救うようにタロウに懇願するも、タロウはその両方を救うことを選択。そしてそれを見事に達成した。

この頃から光の国に存在しないが故に闇への実感を得られぬままエンペラ星人がウルトラマンの対の存在であることを知り、形のないエネルギーに過ぎない光と闇が何なのか考えるようになり、タロウを太陽に見立てたポエムじみた怪文書を綴る

長い長い夜がやってきて
星の明かりすら見えなくても
太陽のような君がそばにいてくれたら
僕は怖くない
だからそばにいておくれ

タロウにそのメモを見られてしまうが、彼からは詩人の才能があると褒められていた。

タロウと共に並び立つために宇宙警備隊入りを目指し地獄の特訓を繰り返すが夢破れ、初めての挫折を味わうこととなる。
しかしブルー族特有の優秀さを買われて技術開発局に入りウルトラマンヒカリに才能を見初められるが、ヒカリがバット星人との戦争の責任を取りリタイアしたことで、ウルトラマン、それもスターマークを与えられるほどの人物と言えど苦悩することを実感。
ヒカリ辞職の混乱で、自身の発明に必要な外宇宙に派遣された戦士のデータを得られず無為に過ごす日々が続いていたが、やがて光の国に帰還したタロウの協力を得て発明品が完成。名称を決める際にプラズマスパークに照らされたタロウの姿を思い浮かべ「タロウスパーク」という案を出すが、タロウには却下され、代わりに提案されたタイガスパークを採用する。

この時に何を壊され何度倒れても立ち上がる地球人の素晴らしさをタロウに説かれるが、トレギアはすでにアーカイブで戦争や犯罪を繰り返す地球人の愚かさを知っていたため響くことはなかった。

復活したヤプールの暗躍を察知したタロウは再び光の国を去り、心に孔の空いた日々を過ごしながらも防衛のための開発を進めるが、光の国が護りを固めれば固めるほど同等に攻勢を強める尽きることのない侵略者から光と闇の表裏一体性に気付き、解決のために「闇」についての研究を始める。
アーカイブを漁るうちにウルトラマンベリアルの存在を知り、誰でも知る反逆の顛末ではなくベリアルの内面について調査を進めていた矢先、惑星アーブボガールに滅ぼされ、ヒカリがアーブギアを纏いハンターナイトツルギに変貌したとのニュースが届き、これがきっかけでトレギアは「光の国の住人も図体が大きいだけで、 自身がかつて危惧した地球人と変わらない未熟なメンタルの持ち主である」という結論に至り、そんな未熟者が正義を名乗り力を振るう現状に恐怖を覚え半狂乱となり光の国を脱走。
ゴミの惑星チュッオラにたどり着き自身も「ゴミ」だと隠居を決めこんだ。

チュッオラで過ごす日々の中ゴミから生命を生み出し、光の国の言葉でチビスケを意味する「スナーク」と名付け、自覚もないまま孤独を癒やす友とするが、星間連盟が持ち込む無限とも言えるほどに膨大なゴミによってスナークは暴走。人々を護るために友を手にかけ苦しみ藻掻く最期を目にし、何もない宇宙空間の孤独に包まれ長い月日を経て過ごす中、光と闇は表裏一体であるという彼の思想はやがて「闇を極めることは光を極めることと同一」というかすかな希望を生み、かつてガゴゼの欠片を目撃した際に得た手がかりから混沌そのものである邪神を探す旅に出る。

邪神を求めるため深淵を覗き続ける孤独で過酷な果てなき旅はトレギアの精神をすり減らしていき、ついには正気を失い光からも闇からも価値を見失い、全てのものは虚無であるという妄執に囚われてしまう
ようやくたどり着いた宇宙遺跡ボルヘスで探し求めた邪神達の力を手に入れた彼は、邪神達に引き寄せられるがままに出遭った夢を失った者に野心と力を与え、光の国、そして最愛の友「ウルトラマンタロウ」の信じた絆と光を否定し、友の影であり続けるため、力持つものを歪め破滅に導くことを目的とするようになっていた。


タロウ、私は君が生きられなかった反面だ。
ようやく私は君の「影」になれたんだ。


なお、本来のトレギア自身のフィジカルは意外にも低く、これまでに見せた技の殆どが邪神由来だった他、劇場版R/Bやトライストリウム戦などで倒された際に本当に死亡していたようだ。
しかし邪神の加護によりマルチバースに存在するトレギアがバックアップとなり、ほぼ不滅の存在となっていたことが判明したのだった。

上述の経緯から、少なくとも『ウルトラマンメビウス』の時代には光の国に居たことが分かり、(『ウルトラギャラクシーファイト』に至るまで)ベリアルが「光の国で悪の道に堕ちた唯一のウルトラマン」と言われていたのも、M78ワールドの時系列からすればトレギアが悪の道に堕ちたと判明したのがごくごく最近であったためであることが示唆されている(しかもその闇堕ちの経緯はどちらかというとツルギに近く、ベリアルと違って光の国で直接犯罪を犯した訳ではない事から、当事者がトレギア本人しか居らず、タロウ以外の光の国の住人達はその詳細を把握すら出来ていない可能性もある)。

また、トレギアの行動理念の土台となっているのは、『タロウのようになりたかったがなれなかった』コンプレックスと、それによって拗れてしまった自己無価値感と考えられる。子供の頃から賢く好奇心のあったトレギアだったが、そこで幼い頃から才能に溢れ実力を発揮していたタロウと繋がりの深い間柄になったことで親友の輝きに目が眩み、行き過ぎた好奇心の末で『タロウと同じ所に立つ』思考に囚われて自分自身の器を見失ったのが、彼の最初の間違いだった様子。その後、現実に打ちひしがれる内にネガティブな感情を募らせ『タロウと同じ所に立てなかった自分』への恨みと憎しみを膨れ上がらせていき、いつしかあのような性格へと変質したと推測される。

そしてここから、トレギアの悪行は憎い自分を他者に外化しての自己蔑視に過ぎないという、最低過ぎる本質を持つと考えることが可能である。つまり、自分の策謀にまんまと踊らされて苦しみと絶望の中潰れていく相手に『タロウと同じ所に立てなかった自分』を投影、それを嘲笑することで優越感に浸っていたということで、邪神の価値観と思わしき虚無主義を後ろ盾としたニヒリズムは自らの自己無価値感を思想に聞こえるよう飾った代物に過ぎなかったと思われる。

タロウへのコンプレックスにより、トレギアは憧憬の対象だったタロウの力を使う者達を許すことが出来なかったらしく(とはいえ、カツミに関してはそれ自体をいまいましく思いつつも、干渉したのは彼が進路で悩んでいたことが一番の理由のようだ。ジードに関してもベリアルの息子にタロウ同様に二択を提示した場合にどう行動するかの方を楽しみにしていたともとれる)、それに突き動かされる形で相手へ執拗に粘着、嫌がらせを行う真似をしていた。その中でもタロウの実子故に自分と同じコンプレックスを抱えるだろうタイガには、自分と同じ場所に墜とせる可能性を見出していたと思われ、あのような遠回しの策謀を用いて彼を闇に引きずり込もうとした。しかしこれは逆にタイガが絆の力を自覚するきっかけとなってしまい、結果的には自分が心身共に敗北を味わうことに。
だがこの経験により、抱えていたタロウへのコンプレックスと自己無価値感が同時に膨れ上がったトレギアはとうとう、憧憬しつつも思想面で張り合っていたタロウを自分の策謀に巻き込むことを決意。幻影を介す形で自分の体内より解き放ったグリムドを餌としてタロウを挑発、タイガのいるバース内の地球へ赴くよう誘導したことでそれに乗ったタロウがタイガ達の元に姿を現すこととなった。

ニュージェネクライマックス

親友の輝きを追い続けた男の辿り着いた真実、儚い結末

遂に封印を破って降臨したグリムドを追い、タイガたちの戦いに割り込むタロウ。息子たち若い世代を守るべく単身で戦い、切り札のウルトラダイナマイトでグリムドを粉砕したかに見えたが、グリムドは身体をエネルギー化してタロウに融合、トレギアの思い通りに動く人形へ変えてしまう。
その真意はタロウ親子の殺し合いをお膳立てするためであり、自分の誘惑に乗らなかったタイガに父親を殺すよう仕向けて絶望させるのが目的だった。

一度は動揺して手が出せないタイガを霧崎の姿で見物し、戦いの余波でタイガの落とした怪獣リングを回収。やがて集結した新世代ヒーローズに詰め寄られるが余裕の態度でタロウを伴い姿を晦ます。
そして日を跨ぎ、潜伏場所を突き止めて踏み込んできたヒロユキや、ウルトラアクセサリーにより変身能力を復活させた新世代ヒーローズと決戦を開始。怪獣リングで呼び出したに新世代ヒーローズを足止めさせつつ、ヒロユキへ長い間同化していたことで単独での実体を取り戻していたトライスクワッドと戦うべく、操られたタロウを引き連れて参戦。

やがて戦いはタロウとトライストリウムの一騎打ちに移行。ここで2人の戦いを止めようと怪獣軍団を倒した新世代ヒーローズが割って入ろうとするがトレギアが「親子水入らずの時間を邪魔するな」とこれを妨害。その間にタロウ親子はお互いにウルトラダイナマイトのぶつけ合いで勝負に出る。タイガの方は見よう見まねで技を再現する一方でクワトロスクワッドの仲間達の心の火も借りて火力を底上げ、凄まじいエネルギーをタロウに送り込むことでグリムドを引き剥がすのに成功した。これはクワトロスクワッドだけでなく、グリムドに操られたタロウが耐え切ってくれるのを信じた上でタイガが仕掛けた起死回生の一手だった(タイガ以外の3人の協力がなければタロウから追い出されたグリムドは憑依先をタイガに変えていたと言及されている)。

この幕切れに激昂するトレギアだったが、振り返って考えればタロウは、時には他者の助け=絆の力を借りて数多くの困難を乗り越えて輝かしい偉業を成し遂げた勇者であり、トレギアがこれまで陥れてきた者たちと違って心に付け入る隙もなく、たとえ策謀に嵌められても周りの手で助けて貰える環境を作り上げていた人物だった。
そもそもトレギアがタロウに心奪われたのはこの気質に間近で触れたからであり、その原点をコンプレックスと自己無価値感で忘れ去ってしまった時点でトレギアはどうあがいてもタロウや彼との絆を確信したタイガ、そしてその仲間達に勝てる道理を失っていたのだった。

その真実をこの瞬間で悟ったかは定かではないが、なおも持論と態度を曲げないトレギアは自分が吸収されるのを承知でグリムドに力を返還、完全体へと変化させる。
この時のトレギアからはかつてのような悪辣さと陰湿な感じが消えており、代わりに哀しみと儚さを醸し出していた。邪神の本質である虚無との一体化を素晴らしいと説いたのに、それとは真逆の感情に浸りながら本当に虚無と化した、皮肉としか言いようのない顛末だった。

完全体と化したグリムド/トレギアはタロウとタイガにその私怨を爆発させ最強タイプとなった新世代ヒーローズ達を圧倒するが、「俺たちは一歩も退かない!」と奮起したタイガが、タロウの提案でウルトラホーンに新世代ヒーローズの力を集めたことによりウルトラマンレイガが誕生すると形勢が逆転。レイガフォトンブローで手足による攻撃を受け止められ、最期は「レイガ・アルティメットブラスター」によって引導を渡された。その一部始終を見届けたタロウの前でグリムドの胸の顔にトレギアの顔がオーバーラップ、「タロウ……」と哀しげに呟きながらグリムドと共に消えていくのだった…。

なお、この結末を迎える過程でトレギアが自己蔑視に陥る前に発明したタイガスパークが大きな役割を果たしている。レイガが誕生するための骨子になったのは勿論のこと、タイガスパークで精製したウルトラアクセサリーの力を還元する方法で新世代ヒーローズが変身能力を取り戻してトレギアとの決戦に参戦、それに取り巻きの怪獣を任せたことでクワトロスクワッドがタロウの開放に集中できたのは大きい。

それに振り返れば、出奔した友の発明品を大事に保管していてなおかつそのネーミングにあやかり息子に「タイガ」と命名、そして絆の力を説きつつ息子に友の発明品を託した行動から、タロウはトレギアのことを親友として変わらずに見ていたのが読み取れる。
結局、トレギアの周りにいた親しい者はありのままの彼を愛しており、唯一彼を心の底から嫌っていたのは他ならぬトレギア自身だけだったと言える。そう考えれば邪神と一体化して以降、初登場時より上から目線で悪辣な振る舞いと暗躍を繰り返す姿はその実、嫌いなありのままの自分を嘲るのに全てを費やし関わった者を巻き込んだ哀れな道化でしかなかった。

これも含めた真実をタロウを策謀へ嵌めるのに失敗した結果、トレギアは気付いてしまったと思われるが、この結果へと至らせる道筋にかつてのありのままの自分が作って残した発明品が大きな役割を果たしたというのは何の因果か。

大いなる陰謀

本作では、邪神を取り込む前の素顔のトレギアが登場。PV内にてウルトラダイナマイトを発動したタロウと組み合う姿が見られる。公式サイトにおいてもグリムドと無関係のトレギア固有の技と思われるトレラシウム光線を使用できることが明かされている。

トレギアアーリースタイル

関連タグ

関連記事

親記事

悪トラマン あくとらまんあるいはわるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマントレギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 869812

コメント