ピクシブ百科事典

ルーゴサイト

るーごさいと

ルーゴサイトとは、『ウルトラマンR/B』に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

初登場作品『ウルトラマンR/B

別名コスモイーター
身長72m(怪獣形態時)
体重5万9千t(怪獣形態時)
出身地宇宙

概要

ウルトラマンR/B第23話「滅びのクリスタル」、第24話「私はハッピー」、最終話「朝日のあたる家」に登場する怪獣。実際はガス状の形態が回想シーンやレーダー上に第20話から登場しており、第22話終盤にてガス状の形態が映像内に初登場している。

本来は宇宙内の害を齎す存在を排除する存在であったが、しかし現在では原因不明の暴走状態に陥っており、宇宙全体の星を手当たり次第に喰らい続ける厄災を齎す存在と化してしまっている。
この辺は第22話で湊ミオがこのルーゴサイトを「宇宙の白血球」に例え地球との関係を細胞に置き換えて人体における花粉症といったアレルギーのようなものと説明している。

普段は紫色のエネルギーを纏った雲やガスに似た気体状の生命体だが、実体化すると全身が赤、青、金で彩られた龍人のような姿をしており、下半身が袴やスカートのような衣類を身に着けているように見えるなど、神々しさの中に禍々しさも入り混じったかのようなそのデザインはウルトラ怪獣の中でも異彩を放っている。背中から生えている両翼は地上での活動時に体内へと収納されるが、必殺技を放つ際などに幻影のような形で浮かび上がる特徴を持っている。

ガス状の時には捕獲も攻撃もできず惑星を包み込んであらゆる物質を原子崩壊させて消し去る力を持っている。またこの状態でも「ゲネシスレクイエム」と思わしき光線を放っておりウルトラマン2人とグルジオボーンを宇宙から地球に吹き飛ばしウルトラマン2人を死においやる程の力をみせている。

実体化状態では常にホバー移動状態であり、地上を歩く時も足を一切動かしておらず足音もしない。体表のトゲをミサイルのように飛ばす「ルーゴバリスティック」、そして胸部の発光部位にエネルギーを溜め込んでそれを発射する「ゲネシスレクイエム」と呼ばれる怪光線であらゆる物質を原子崩壊させ、消し去ってしまう。格闘戦では両手から鞭のような触手を伸ばして相手を攻撃する。

ちなみにソフビ人形と同時に先行販売されているルーブクリスタルでも鳴き声を先行して聞くことが出来るが、機械の駆動音や甲高い叫び声とも違う異様な鳴き声をしており、この怪獣が只者ではないことが分かっているほか、クリスタルの属性が「」であることも判明している。

それを示唆するかのようにルーブ本編の第23話で湊ミオが異次元空間で見た未来の時間軸ではロッソとブルをいともたやすく葬り去るなど、その実力は計り知れない事が窺い知れる

劇中の活躍

「コスモイーター」という別名の通り、宇宙の星々を喰らうがの如く滅ぼし続けている存在だと言われており、第17話にて美剣サキが地球爆破計画を宣言した際に触れた1300年ぶりに地球に到達するであろう怪獣とは、このルーゴサイトのことであった。

第19話のサキの証言によれば、約1300年前に“とある惑星”を食べてしまおうとしていたところを、惑星O-50で力を授かった3人の戦士が阻止しようと戦ったが、ルーゴサイトがあまりにも強く1300年周期の楕円軌道に乗せるのがやっとだったという(第20話では先代ロッソとブルの光線の同時攻撃をルーゴサイトの光線と相殺させた際に大爆発が起こっている)。

地球に迫る大怪獣ルーゴサイト


第20話ではそのガス状の状態で登場しており、第22話では本来の姿は「実態を持たない捕獲も攻撃もできないガス状生命体」であることが明言されている。第23話では地球上に飛来したものの、湊ミオの発明によって怪獣クリスタルに変えられるという形で封印されてしまう。そのままの状態で異次元空間へと放逐されるはずだったが、問題の解決にはならないとしてサキに回収されると今度こそ完全に葬り去る為にグルジオレギーナへと変身したサキによってレイラインエネルギーの集まるポイントであるアイゼンテック本社ある場所へと持ち運ばれて行く。しかしクリスタルの状態でも自我を保ち続けており、サキの持つジャイロを使って自分自身を召喚するという荒業を披露して実体化を果たし復活をはたした。

コスモイーター ルーゴサイト


第24話では実体化直後にゲネシスレクイエムを放ち街を焼き払い、更にサキが再変身したグルジオレギーナとの戦闘でも触手のようなトゲで拘束するなどして圧倒し、ルーブを変身解除にまで追いやったエルガトリオキャノンを食らっても平然とする強さを見せつける。そしてアイゼンテックの怪獣拘束システムを破壊しゲネシスレクイエムをグルジオレギーナ目がけて放つも、現れたロッソフレイムブルアクアの光線で相殺される。その後もう一度ゲネシスレクイエムを放ち、ロッソとブルを庇ったグルジオレギーナを倒す。そこでサキを斃された怒りに燃えるロッソとブルの猛攻を受けるも、平然とそれを受け流す。

第25話(最終話)ではウルトラマンルーブの攻撃にもビクともせず、ルーブがロッソとブルに戻るまで追い詰める。ここで一度はアイゼンタワーから放たれたビームで拘束されるも、これを破り活動を再開。再び現れたロッソやブルと戦闘となり、形態を次々と変えて戦う二人の猛攻にも耐え、更にルーブとの空中戦でもルービウム光線をゲネシスレクイエムで相殺し光弾でルーブを打ち落として追い詰めるも、湊三兄妹の絆により生まれたマコトクリスタルの力で放たれた真ボルテックバスターでゲネシスレクイエムを押し返され、胸を貫かれた末に大爆発を起こし完全に滅ぼされた。

余談

  • 名前の由来は白血球を意味する「Leukocyte(ルーコサイト)」から。
    • ルーゴサイト自身から見てその惑星の存在が宇宙にとって有害か否かの判断基準は不明だが、本来なら無害と見なされる星々さえも見境なく滅ぼして回るこのルーゴサイトの現在の状態はもはや免疫の役割を逸脱したガン細胞に近いといえるかもしれない。
  • 本編登場に先駆けてバンダイより「ウルトラ怪獣DX」シリーズでソフビ人形が発売された。例年通りだと11月上旬に先行販売される大型怪獣は物語のクライマックスに登場するキャラクターばかりなので、このルーゴサイトもルーブのラスボスではないかと目されていたが、その通りになった。
  • 元はチェレーザと似たような“ガス状生命体”だったとされているだけに、同じく星を食べて生きているバキューモンと酷似した存在ではないか?と考えているファンも多い。
  • 本編登場に先駆けて、データカードダス「ウルトラマンフュージョンファイト!」にもルーブノキズナ3弾よりプレイアブルキャラクターとして参戦しており、ここでその姿や使う能力などが初披露されている(これでのゲネシスレクイエムはあまりの威力に発射の際はルーゴサイト自身も仰け反り、更に地面もろとも相手を切り裂くような描写もなされている)。
  • 作中ではルーブも相当苦戦(そもそも最後の真ボルテックバスター以外でまともにダメージを食らってる様子は見えない)しているのだが、作中の展開では「『星を食らう存在』という恐ろしい設定の割にはさほど暴れてなく、最近のウルトラシリーズのラスボス達ほど絶望感を振りまく事もないまま比較的普通に倒されてしまった」ように見えた人は少なくなく、「ルーゴサイト自身よりもサキからの妨害で苦戦してる」「ガス化と攻撃力以外はそこまで脅威でもないのでは?」「ぶっちゃけ先代のロッソとブルが弱かっただけなのでは?」という声(というより印象論)が挙がっている。話の展開は湊家の人間関係に焦点を置いた、昭和ウルトラシリーズのラストに近い展開だったと言えよう。


関連タグ

ウルトラマンR/B ウルトラマンルーブ ウルトラ怪獣 ラスボス(ウルトラシリーズ)

ダークルギエル ビクトルギエル グリーザ マガタノオロチ ウルトラマンベリアル・アトロシアス - 新世代シリーズにおけるラスボス。マガタノオロチとは星を食らうという共通点があり、『フュージョンファイト』では組ませるとキズナボーナス「惑星の暴食者」が発生する。

邪神イリス - 見た目が似ているとの声多数。

はたらく細胞 - 同年の話題作で第22話の例えを分かりやすく視覚化しているといえる。とは言え、上記の通り本作のルーゴサイトはどちらかというと本体に有害な悪性細胞に当たる存在である。
ちなみにアニメで白血球を演じたこの人はウルトラシリーズに出演経験はないがライダーシリーズ怪人を演じたことはあるほか、同じくライダーシリーズで怪人変身アイテムを演じただけでなく、かつてウルトラマンだったこの人同作に出演している。

宇宙怪獣 - トップをねらえ!に登場する宇宙生物。こちらも宇宙の白血球と呼ばれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーゴサイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10388

コメント