ピクシブ百科事典

レッドスモーギ

れっどすもーぎ

レッドスモーギとはザ☆ウルトラマンに登場する怪獣の名称である。
目次[非表示]

データ

登場作品『ザ☆ウルトラマン
第4話『謎の赤い雲を追え‼』登場

別名:雲怪獣
身長:67メートル 
体重: 5万8千トン
出身地:日本アルプス上空

概要

突如として日本アルプスの上空に発生した赤いが、大雨に打たれる事により固形化し実体化、怪獣と化した存在。

赤い雲の正体は実は生命体であり、乾燥状態では本来の姿である気体状の赤い雲では大人しく無害な存在であるが、低温なったり水分を含むと固形化と共に苦痛を感じ、余りにもの苦しさで怪獣形態となり凶暴化し、暴れ回ってしまう。
また、元々が気体状生命体のためミサイルやレーザー攻撃などあらゆる攻撃を受け付けない不死身の肉体を持つ。

山間部に出現し、大雨に打たれると事により固形化し、怪獣化、想像を絶する苦痛からか暴れ回り、そばのダムを破壊とした所を間一髪駆けつけたウルトラマンジョーニアスに阻止され、彼がプラニウム光線(Aタイプ)を使い雨雲を散らした事で体が乾燥し、元の期待へと戻る。
そして、二度と苦しんで暴れることが2度とないよう配慮したジョーニアスの手によりバリヤーガスで保護され、雨が決して降ることがない宇宙空間へと運ばれていった。

その後

ウルトラ銀河伝説にて、ベリュドラを構成する怪獣の1体としてまさかの再登場
アニメ版のウルトラマンからは唯一の選出であり、ウルトラマン列伝でもベリアル陛下による100回記念回で紹介された。この時同じくナビゲーターを務めていたダークネスファイブは、レッドスモーギそのものよりも映像がアニメである事に驚き、その出来栄えに感心するなどメタ発言ばかりしていた
ちなみに、『ウルトラ銀河伝説 大全集』(小学館)での造形チーム座談会にて明かされた話によると、誤ってザザーンを2体加えていたため、「ならレッドスモーギにしちゃえ」というのが選出の理由だという。

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドスモーギ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3235

コメント