ピクシブ百科事典

ダークネスファイブ

だーくねすふぁいぶ

ウルトラシリーズに登場する、ベリアル陛下の忠臣達。
目次[非表示]

概要

ウルトラマン列伝』内にて放送された『ウルトラゼロファイト』の第二部より登場した、5人構成の悪の宇宙人連合。ファンからの通称はD5。令和のR1号ではない。
それぞれが過去にウルトラ戦士を苦しめた宇宙人と同じ種族で構成されており、赤く輝く目と非常にカッコいい二つ名を持ち、個体名まで明かされている(2のみあり)のが大きな相違点。

進めベリアル軍団!!


当初は『ゼロファイト』第一部のボスであるバット星人グラシエと同じく、「あのお方」と呼ばれる何者かに従う強敵宇宙人集団として描写されており、グラシエもダークネスファイブから見れば、ウルトラマンゼロの能力を探る為の触角に過ぎなかった。

ウルティメイトフォースゼロと激しい戦いを繰り広げた後、シャイニングの力を発現させたゼロの「シャイニングスタードライブ」の発動により、一帯の時間が巻き戻り、主の正体であるウルトラマンベリアルの魂の消滅を感じて一時撤退を図る。
が、その影響でベリアルが完全復活を果たした事で、再び彼と合流し、彼の許で全宇宙の征服を目指して覇道を歩む事となる。

後日談として放送された『列伝』特別総集編では、いわゆるオフ時のベリアルとD5が描写され、ベリアルのご機嫌取りに四苦八苦したり番組ジャックをして楽しんだりとコミカルな一面を見せていた。また、悪役キャラにも関わらず妙に冴えたツッコミ本当は善人なんじゃないのかと疑ってしまうようなコメントを多数残す姿を披露していたばかりか、ベリアルにただならぬ覚悟で付き従う強い忠誠心も見せており、単なる悪役チームではない事実を視聴者の目に焼き付けた。

ショーやイベント等にも姿を見せるどころか、ゲームでも大怪獣ラッシュ第4弾にゲスト参戦しており、UFZのライバルチームとしての活躍にも期待が寄せられている。

生生不息


ベリアルの息子が登場する作品でも姿を見せてくれるのではないかと期待する声もあったが、残念ながらそういった気配はなかった(ただし第11話で本人ではないがグローザ星系人の同族が登場した)。ベリアルが地球に襲来してきた時や、パワーアップして再び地球に襲来した時にも行動を共にしている描写はなかった。

その後、最終回で回想シーンではあるが、タイラントを除いてようやく登場(ただし台詞はない)し、伏井出ケイと共にベリアルに付き従っている様子が確認できた(このため、ダークネスファイブとケイは互いに面識があったという事になる)。

なお、彼らがどうなってしまったかは語られておらず不明。ベリアルの回想シーンの内容的には、もしかしたら闘いの中で……

所属メンバー

メフィラス星人 魔導のスライ

メフィラス星人 魔導のスライ


メフィラス星出身の冷静沈着なリーダー格。
常に余裕に満ちた態度で戦況の変化を見据えている。
中間管理職的な立ち位置故、他のメンバーとベリアルの間で苦労している。

ヒッポリト星人 地獄のジャタール

ヒッポリト星人 地獄のジャタール


ヒッポリト星出身の暗殺者で、メンバー随一の不憫担当。
手で触れるだけで相手をブロンズ像に変えてしまう能力を持つ。

テンペラー星人 極悪のヴィラニアス

テンペラー星人 極悪のヴィラニアス


テンペラー星の出身で、相棒のタイラントとタッグを組む超武闘派。
実力は確かだがネーミングセンスは絶望的。

グローザ星系人 氷結のグロッケン

グローザ星系人 氷結のグロッケン


かの豪将グローザムの同族であるグローザ星系人で、チャラい言動が目立つ氷使い。
メンバーで唯一デスローグの言葉がわかる。

デスレ星雲人 炎上のデスローグ

デスレ星雲人 炎上のデスローグ


謀将デスレムの同族であるデスレ星雲人で、言葉を話せない寡黙な炎使い。
喋れないのでグロッケンに通訳してもらったり、大げさなジェスチャーをして感情表現をしている。

暴君怪獣タイラント

よしよし


正確にはメンバーではなくヴィラニアスの相棒で、赤く輝く目が特徴。
役立たず呼ばわりされても従う忠犬で、ジャタールにとってはある意味最大の目の上のたんこぶ。
5人組にも関わらずジャタール不在で4人となり欠員が生じていたのだが、タイラントがいるために画的にも違和感がなく、何も知らなければこいつがメンバーと勘違いされてもおかしくない。公式もそれをネタにしたのか、メンバーの一枠にジャタールではなくタイラントと記載したことがある。事実上の補欠メンバーと解釈するべきか
ただ、大怪獣ラッシュの世界であるプラズマギャラクシーやウルトラマンジードの回想シーンでは登場していない。前者は大怪獣ラッシュの世界観的に連れてこれなくても別におかしくはないが、後者ではタイラントがどうなっていたかは不明(『ジード』第9話に出てきたタイラントはケイが召喚した別個体。ただしゼロはヴィラニアスの個体については特に言及していない)。

派生作品にて

ロストヒーローズ2

ベリアル軍の残党にて結成された。スーパーヒッポリト星人やメフィラス星人は古参メンバーであり、現在のスライとジャタールに当たる。なお、前作ではヤプール以外の暗黒四天王が登場しなかったので、同族である彼らが登場したのはファンにとっては嬉しい…かもしれない。タイラント役はイカルス星人がダークライブした(SD)が務める。
当作では『列伝』のようなちょっと面白い感じのやりとりは全く見せず、ボスのベリアルを含めて全員戦死する。

余談

秋田書店の隔週誌ヤングチャンピオンで連載中の『ウルトラ怪獣擬人化計画 feat. POP Comic code』にはメフィラス星人とテンペラ―星人率いる「ダークネスブラック」というアイドルグループ…もとい侵略部隊が登場するが、作者は、元ネタはこのダークネスファイブであり、構成メンバーにメフィラスとテンペラーがいたことから名前の一部を拝借したことを明かしている(なお、ネームの段階ではダークネスファイブの名が使われていたが、さすがに本編のものと紛らわしいので変更したらしい)。

ヒーローもので悪役の側もチームを組むというのは、日本ではあまり例がないが、アメコミでは盛んにおこなわれていることだったりする(DCコミックスーサイド・スクワッドMARVELシニスター・シックスダークアベンジャーズなど)。

当初、ゼロの師匠であるウルトラマンレオと戦った事と、分かりやすくインパクトのある特徴からリフレクト星人の同族もメンバーとしての登場が検討されていた。

スライ、ジャタール、グロッケンの中の人は後に『オーブ』に登場する惑星侵略連合でも、別の宇宙人(魔導のスライの中の人のみ同じメフィラス星人一族)役として共演している(ただしこちらはダークネスファイブとは異なり、脱退した1人を除き全員が非業の死を遂げている)。

ダークネスファイブが倒されなかったのは、スタッフによると「ゼロに挑んだだけで特に悪い事をしていないのに敵というだけで倒してしまうのはどうかと思ったから」らしい。

また上記の通り、『ジード』にはほとんど登場しておらず、この間の彼らについて視聴者が独自に考察する例も散見される。
この点について、『ジード』の物語開始時点で死亡しているという説があるが、同作においてベリアルがそれまで以上に冷酷非道に描かれていたのは、守るべき大切な臣下であった彼らを失ったからではないかという考察もある。
人気のあるキャラが作品と作品の間で死亡しているという説がまかり通るのもなかなか珍しいが、

  • 彼らほどの忠義心のある面々がベリアルのこの事態に参戦していない理由が他にない。
  • 列伝や大怪獣ラッシュと言った下手をすれば映像作品との関連性を切られかねない部分ともつじつまがあう。
  • 上述したベリアルの変化。
と言った事を踏まえれば、そうした説が支持されているのも納得がいく。
もっとも、死亡説を支持する視聴者でも「生きているならそれはそれで問題ない」と言っている例も多く、やはり人気がうかがえる。中にはスライ・グロッケン・デスローグの同族を例に挙げて「死んだ程度で大人しくなるタマじゃない」という恐ろしい意見もあったりする。

ちなみに坂本浩一監督は機会があったら彼らの顛末を描きたいと超全集で語っている。また、自伝本ではクライシス・インパクト関連の話題の際に「ダークネスファイブが滅びるまで」と書かれており、やはり『ジード』前日譚にて戦死している模様。

関連タグ

ウルトラシリーズ
ウルティメイトフォースゼロ ウルトラマンゼロ:宿敵。
ウルトラマンベリアル:主君。
ウルトラマンジード:主君のご子息。
アイアロンダークゴーネザウラーバット星人グラシエ伏井出ケイ:同僚。ケイとは『ジード』最終回の回想シーンで共演している。

メフィラス星人 グローザム デスレム テンペラー星人 ヒッポリト星人

ザ☆ウルトラマン ウルトラマンジョーニアス:メンバーたちの好きな作品およびウルトラ戦士。

関連記事

親記事

ウルトラマンベリアル うるとらまんべりある

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークネスファイブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204055

コメント