ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「トドメは次のお楽しみだ・・・!」

データ

別名身長体重出身地CV
策謀宇宙人50m1万5千tデスレ星雲郷里大輔


概要

策謀宇宙人 デスレム


ウルトラマンメビウス』第43話「脅威のメビウスキラー」で初登場し、第45話「デスレムのたくらみ」にて本格的に活動を開始。
後に出身地が設定されたため、正式名称はデスレ星雲人デスレムになる。

皇帝「エンペラ星人」に仕える「暗黒四天王」の謀将の地位に就いており、外見はシーボーズよろしく筋肉が逆転した様な姿。
グローザムと同じくかつて3万年前に引き起こされたウルトラの星との全面戦争「ウルトラ大戦争(ウルティメイトウォーズ)」に参加している古参である。
先を越された新参のヤプールに対して怒りの感情を見せるなど、彼とはあまりウマが合っていない様子。
の様に発達した左腕での攻撃「デスレムクロー」や、時空を歪ませてあらゆる所から火球を降らす「デスレムインフェルノ」が主な武器

その肩書き通り、卑劣作戦を立案して相手の精神を追い込んでいく攻撃を何よりも得意としており、GUYSをフェニックスネストごと人質にする事でメビウスの戦意を削いでしまい、人間の反感を買う様に仕向けた(市民たちは最初はGUYSが犠牲になったと思い込み、GUYSの犠牲を悲しむような発言をしていたが、生存していたと知ると恥知らずと罵詈雑言を飛ばし、マスコミもGUYSを避難するような記事を書くように…)。
しかし、善良な市民もまた存在していた。電気屋「きくち電器商会」の社長がGUYSの通信をアマチュア無線で傍受し、TV局のKCBを通して拡散したのである。GUYSの仲間達の励ましを受け立ち上がったメビウスの逆襲を受け、フェニックスネストを攻撃しようとするがそれもウルトラマンジャックに阻まれてしまう。
挙句の果てに地上の民衆にデスレムインフェルノを向けるも、イカルガ・ジョージによって全弾撃墜。
最期はメビュームバーストとスペシウム光線を同時に浴びて倒された。GUYSを非難していた市民も自分たちの所業を悔いて改心したようだ。

その後

ウルトラマンメビウス外伝ゴーストリバース』ではアーマードメフィラスの力によって復活させられ、他の四天王と共に「ギガバトルナイザー」を手に入れて皇帝復活を企んだが、タロウにストリウム光線で倒された。
に行く為に地下爆破したのはいいものの、強固な外壁に歯が立たずアーマードメフィラスと共に咳き込んでいたり、ヤプールが憑依したメビウスキラー達と大喜びをするなどコミカルなシーンも目立った。
また、新技として顔面から火球を放つ姿も見られた。

メビウス最終回以降のパラレル設定となる『ウルトラマンプレミアステージ』では暗黒エネルギーの影響で他の四天王諸共復活。皇帝復活の為に怪獣軍団を率いて暗躍していたが、最期はウルトラ兄弟を支援する為に現れたウルトラマンマックスウルトラマンゼノンウルトラマンネクサス(ジュネッスブルー)に敗れた。

内山まもる作の『ウルトラ兄弟VS暗黒大軍団』でも復活し、インペライザー軍団でタロウを苦しめ、巻き込まれたピグモンを助けようとするウルトラ兄弟たちをビームミサイルキングとの連携で追い詰める優れた謀将っぷりを発揮するが、流離いのロボット剣士メカザムに脅されて頼みの綱であるビームミサイルキングを瞬殺された挙句、駆けつけたウルトラの父のファザーショットを受けて致命傷を負ったところにヤプールの召喚したバキシマムのツノが突き刺さってしまうという悪役とはいえ、哀れすぎる末路を迎えた。

大怪獣バトル』ではNEO第2弾で登場。グローザムとのタッグ必殺技が設定されており、グローザムが敵を串刺しにして凍結させた後にデスレムインフェルノでトドメを刺す「双天煉獄氷斬」がそれである。

ウルトラゾーン』ではマッサージ店の客として登場。性格は大幅に本編とは異なるが、一応原典通り、暗黒四天王の謀将デスレムその人である。

闘士デスレム

ウルトラマン超闘士激伝新章』でもグローザムと共に第四回銀河最強トーナメントに出場。グローザムとは対照的に冷静で「謀将先生」と(皮肉を込めて)呼ばれている。
亜空間「皇帝空間」にメビウスを拉致し追い詰めたが、乗り込んできたウルトラマンネオスの捨て身の戦法で戦闘不能になったグローザムを処刑(後述の仕様もあって実際はデスルーラに近い)。現実世界に帰還するも脱出してきたメビウスの攻撃で上下に両断されたが、自らデストクローで喉を突き破って自害(これも後述の仕様によるデスルーラであり「皇帝騎団はなど恐れぬ」と嘯いていた)。過たず噴き出した血液が体を再構成し、怪獣形態魔獣デスレムに変身。
超闘士タロウ含む会場全闘士の一斉攻撃で撃破されたが、彼の目的は闘士ウルトラマン拉致にあり、自分かグローザムのどちらかがウルトラマンの体に触れることで成し遂げられるものだった。
魔獣化する前にウルトラマンと握手したことで目的が達成されてしまい、動き出した天騎甲がウルトラマンを拘束し、何処かへ連れ去ってしまった。

その後、皇帝空間最上層にて暗黒司祭ジェロニモンにより蘇生させられ、同じく復活したグローザムと共に四天騎聖に選抜される。
原作通り闘士ウルトラマンジャックに苦戦するが所詮は時間稼ぎ、究極超獣戦艦Uキラーザウルスが起動するとすぐさま闘士ヤプール、グローザムと共に飛び乗りウルトラ戦士を虫けらのように捻り潰す。彼らがチャージスラッガーによる一発逆転を狙っていることを明晰な頭脳で見抜くとグローザムを引き連れてこっそり離脱、セブンを襲撃しチャージを妨害した。
しかし記憶を取り戻したメフィラス大魔王があっさり皇帝軍を裏切り、タロウに加勢したことで形勢は逆転。離脱も叶わずに抜群の連携の前に追いつめられ、「大丈夫だ! ジェロニモンがいるのだから我々は不死身だ!」と一縷の望みをかけるもメフィラスの口からそれが不可能と伝えられて完全に希望が断たれ、超魔光閃・二重撃を受けて跡形もなく消し飛ばされた。

同族

詳しくはデスレ星雲人の項目を参照。

余談

初期名は「ジェノア」。

デザインコンセプトは「筋肉と骨の逆転」。

デスレムとグローザムの中の人はスターフォックス64スターフォックスアサルトでも共演している。

デスレムとの対決回は、前話での暗黒四天王一番手との戦いで、身勝手な地球人の行いを目の当たりにした事で、人間にも悪意や私利私欲といった悪い一面があった事を知って衝撃を受けたばかりだったメビウスにとって、更に精神的追い打ちをかける事となり、前話の様に傍について激励してくれる存在がいなかった事もあって、未だかつてなかった人間不信へと陥る事となり、地球や人間を守る事に疑念さえも抱きそうにまでなってしまう。そんな時に今回のメビウスと同じく人間に愛想を尽かし、見捨てそうになったことのあるウルトラマンジャックは、自身が見つけた答え=「人間を愛する為には、人間の弱さや醜さも知らなければいけない」 事をメビウスに教える等、「怪獣使いの遺産」と同じく「怪獣使いと少年」の続編とも言える回となっている。

第45話では市民役でムナカタリーダー役で知られる瀧佳人(大滝明利)氏、電気屋の社長役として帰ってきたウルトラマンのスーツアクターとして知られるきくち英一氏がゲスト出演している。
きくちのトレードマークであるヒゲは健在であり、アマチュア無線のくだりは『帰ってきたウルトラマン』第51話で通信士役で出演していた事に、ジャックの登場に際し、「ウルトラマンが、帰ってきた!!」というくだりもかつてはジャックのスーツアクターであった事に由来する。

関連タグ

ウルトラ怪獣
ウルトラマンジャック
ウルトラマンメビウス
エンペラ星人
メフィラス星人三代目
グローザム
ヤプール
暗黒四天王
ダークネスファイブ

関連記事

親記事

暗黒四天王 あんこくしてんのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デスレム」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「デスレム」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41162

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました