ピクシブ百科事典

デスレム

ですれむ

ウルトラシリーズに登場する宇宙人で、策謀宇宙人の別名を持つ。
目次[非表示]

トドメは次のお楽しみだ・・・!

データ

別名身長体重出身地CV
策謀宇宙人50m1万5千tデスレ星雲郷里大輔


概要

ウルトラマンメビウス』第43話「脅威のメビウスキラー」で初登場。
後に出身地が設定されたため、正式名称はデスレ星雲人デスレムになる。

皇帝「エンペラ星人」に仕える「暗黒四天王」の謀将の地位に就いており、外見はシーボーズよろしく筋肉が逆転した様な姿。
グローザムと同じくかつて3万年前に引き起こされたウルトラの星との全面戦争「ウルトラ大戦争(ウルティメイトウォーズ)」に参加している古参。
先を越された新参のヤプールに対して怒りの感情を見せるなど、彼とはあまりウマが合っていない様である。
の様に発達した左腕での攻撃「デスレムクロー」や、時空を歪ませてあらゆる所から火球を降らす事が出来る「デスレムインフェルノ」が主な武器

その肩書き通り、卑劣作戦を立案して相手の精神を追い込んでいく攻撃を何よりも得意としており、GUYSをフェニックスネストごと人質にする事でメビウスの戦意を削いでしまい、人間の反感を買う様に仕向けた。しかしそのGUYSの仲間達の励ましを受け立ち上がったメビウスの逆襲を受け、フェニックスネストを攻撃しようとするがそれもウルトラマンジャックに阻まれてしまう。挙句の果てに地上の民衆にインフェルノを向けるもイカルガ・ジョージに全弾撃墜される。最期はメビュームバーストとスペシウム光線を同時に浴びて倒された。

その後

ウルトラマンメビウス外伝ゴーストリバース』ではアーマードメフィラスの力によって復活させられ、他の四天王と共に「ギガバトルナイザー」を手に入れて皇帝復活を企んでいる。
に行く為に地下爆破したのはいいものの、強固な外壁に歯が立たずアーマードメフィラスと共に咳き込んでいたりとコミカルなシーンも目立った。

闘士デスレム

ウルトラマン超闘士激伝新章』でもグローザムと共に第四回銀河最強トーナメントに出場。グローザムとは対照的に冷静で「謀将先生」と(皮肉を込めて)呼ばれている。
亜空間「皇帝空間」にメビウスを拉致し追い詰めたが、乗り込んできたウルトラマンネオスの捨て身の戦法で戦闘不能になったグローザムを処刑(後述の仕様もあって実際はデスルーラに近い)。現実世界に帰還するも脱出してきたメビウスの攻撃で上下に両断されたが、自らデストクローで喉を突き破って自害(これも後述の仕様によるデスルーラであり「皇帝騎団はなど恐れぬ」と嘯いていた)。過たず噴き出した血液が体を再構成し、怪獣形態魔獣デスレムに変身。
超闘士タロウ含む会場全闘士の一斉攻撃で撃破されたが、彼の目的は闘士ウルトラマン拉致にあり、自分かグローザムのどちらかがウルトラマンの体に触れることで成し遂げられるものだった。
魔獣化する前にウルトラマンと握手したことで目的が達成されてしまい、動き出した天騎甲がウルトラマンを拘束し、何処かへ連れ去ってしまった。

その後、皇帝空間最上層にて暗黒司祭ジェロニモンにより蘇生させられ、同じく復活したグローザムと共に四天騎聖に選抜される。

同族

詳しくはデスレ星雲人の項目を参照。

余談

初期名は「ジェノア」。

デザインコンセプトは「筋肉と骨の逆転」。

デスレムとグローザムの中の人はスターフォックス64でも共演している。

デスレムとの対決回は、前話での暗黒四天王一番手との戦いで、下衆さではデスレムをも凌ぐ外道の暴挙を目の当たりにした事で、人間にも悪意や私利私欲といった悪い一面があった事を知って衝撃を受けたばかりだったメビウスにとって、更に精神的追い打ちをかける事となり、前話の様に傍について激励してくれる存在がいなかった事もあって、未だかつてなかった人間不信へと陥る事となり、地球や人間を守る事に疑念さえも抱きそうにまでなってしまう。
そんな時に今回のメビウスと同じく人間に愛想を尽かし、見捨てそうになったことのあるウルトラマンジャックは、自身が見つけた答え=「人間を愛する為には、人間の弱さや醜さも知らなければいけない」 事をメビウスに教える等、「怪獣使いの遺産」と同じく「怪獣使いと少年」の続編とも言える回となっている。

また、謀略を得意とするとなっているが…

・暗黒四天王の他3人の内、2はデスレム以上に頭の切れ、過去作においても数多くの実績がある策略家である。

・『メビウスに地球人の醜い一面を見せて、地球人に対する不信感を煽る』という作戦は前座のヤプールが行った作戦と内容が被っているとも言えなくもない。

・初戦では追い詰めたものの自身の優越感の為だけに敢えてトドメを刺さなかった事で、結果的にメビウス、GUYS双方に再起するチャンスを与えてしまう(デスレムの後釜でメビウスと戦ったグローザムも敢えて初戦でトドメを刺さなかった事で、結果的に自身の敗北を招く事となったが、彼の場合は「他のウルトラ兄弟を誘い出す為」という合理的な理由に基づいていた)。

ジャック参戦以降は一方的に追い詰められ、あっさり敗れてしまう

というように、暗黒四天王の中ではやや小者臭が強い

デスレムの声を演じた郷里大輔は『ゴーストリバース』が発売された1ヶ月の1月17日に亡くなっているが、その4年後にはアニメ映画や特撮などで多く共演した初代メフィラス星人の声を演じた加藤精三も亡くなっている。更に自身が亡くなる3年前には『ウルトラマンコスモスTHE FIRST CONTACT』、『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』、『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』で共演した俳優の風見しんごの長女が交通事故で亡くなっている。

関連タグ

ウルトラ怪獣
ウルトラマンジャック
ウルトラマンメビウス
エンペラ星人
メフィラス星人三代目
グローザム
ヤプール
暗黒四天王
ダークネスファイブ

pixivに投稿された作品 pixivで「デスレム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19667

コメント