ピクシブ百科事典

怪獣使いと少年

かいじゅうつかいとしょうねん

帰ってきたウルトラマン第33話のサブタイトルにして、ウルトラシリーズ屈指の問題作。
目次[非表示]

概要

1971年11月19日放送。脚本:上原正三 監督:東條昭平

差別や未知なるものへの恐怖心、集団心理の恐ろしさを描いた傑作エピソード。

登場怪獣


第33話予告

巨大魚怪獣ムルチ


やめろ! 乱暴するのはやめてくれ!! 金山の胸に鮮血が散る
怒り狂う巨大魚怪獣ムルチ吹っ飛ぶ車燃え上がるビル
ウルトラマンの必殺ブレスレットが飛ぶさぁ来週もみんなで見よう!」

あらすじ

ある嵐の夜の事。一人の少年が怪獣から逃げていた。
そこに現れた謎の男は不思議な力を使い、その怪獣を地底深くに封印した。

その少年、佐久間良はボロボロの衣服を身に纏い、河原の土を掘り返していた。
そこに不良中学生三人組がからかいにやってきた。いつからか宇宙人ではないかと噂されていた良は三人から陰湿ないじめを受けていたのだった。
良の家と思われる廃墟に近づいた三人を止めに入ったリョウを振り切り二階に上がろうとしたが、突如中学生たちの体が宙を舞い、放り投げられた。

「あいつが宇宙人ならいろんなことができるはずだ」と良は三人に掘り返した穴の中に埋められた上に泥水をかけられ、自転車ではねられそうになったが、間一髪のところで郷秀樹が止めに入った。
なんで酷いことをするんだという郷に三人はあいつは宇宙人だから倒してくれと言ってきた。
三人のいじめはさらに続いた。翌日、昼食のお粥を食べていた良の元に現れ、お粥を取り上げて地面にぶちまけ、下駄で踏みにじったのだった。
始めは耐えていた良だったが、ついに我慢の限界を迎えてしまう。突然の事に中学生たちは連れてきていた犬をけしかけた。だが犬は突然木っ端微塵に爆発してしまった。

そのころMATでは郷によって良の身元が洗われていた。
良は北海道の出身であり、就職目的で上京した父親が失踪。母も病死したことで天涯孤独となり、父を訪ねて自分も上京してきたのだった。
良はれっきとした人間だった。事情を知った伊吹隊長は語る。

「我々日本人は美しい花を作る手を持ちながら、一旦刃を握ると残虐極まりない」

雨の降りしきる中、良は商店街にパンを買いにやってきたが、パン屋は「巻き込まれたくない」とパンを売らなかった。
とぼとぼと帰る良。するとパン屋の娘が後を追い、彼にパンを渡したのだった。

「同情なんかいらないよ」
「同情なんかじゃないわ。だってうちパン屋だもん」

良は初めて笑顔を見せた。

廃墟へと帰ると、郷が来ていた。出ていけと噛みついてきた良を止める一人の老人が現れる。
ぼさぼさ髪に片目が見えない老人。彼こそがリョウが守っている「おじさん」であった。
おじさんの正体はメイツ星人という宇宙人であり、すでに郷に正体を明かしていた。
リョウが上京したのと同じ時期に地球の気候風土の調査のためにやってきたのだが、怪獣に追われている良を見捨てられず、念力を使って封印し、寒さと飢えに苦しむ良を保護したのだった。
星人はその後人間に変身して「金山」と名乗り、良と河川敷の廃墟で共に暮らし始めた。
その暮らしの中で、良と金山の間には親子愛にも似た絆が芽生え、金山も良とこのまま地球で暮らしてもいいと思い始めていた。

だが地球の環境汚染は徐々に金山の体を蝕んでいき、埋まっている宇宙船を掘り返せないほどにまで衰弱してしまった。良が掘り返していたのは彼の宇宙船だった。
全てを知った郷は、宇宙船探しを手伝うことを決めた。
一緒に河原を掘り返す中、郷は父親について尋ねたが、良は「父親なんかいらない。地球は今に人間の棲めない星になるから宇宙船が見つかったらおじさんと一緒にメイツ星に行く」と返した。

複雑な表情を浮かべる郷。だがその時、町の人々が大挙して押し寄せてきた。
MATがいつまでも宇宙人を倒さないなら自分たちでやっつけてやると武器を片手に攻め入ってきたのだった。

人々に引きずられていく良の悲鳴も、郷の静止の声も、我を忘れ、暴徒と化した人々には届かなかった。
だがそこに金山が飛び出してくる。

「待ってくれ!宇宙人は私だ!その子は私を守ってくれていただけだ、宇宙人じゃない!さあ、その子を自由にしてやってくれ!」

一瞬静まり返り、良を解放する人々だったが、宇宙人をほおっておくと何をしでかすか解らないと金山に武器を向ける。
大混乱に陥る中、良はおじさんに酷いことをすると何が起こるか解らないと叫ぶ。
だが、警官の銃弾が金山に二発命中。金山は倒れ伏せ、死んだ。
泣きながら金山の亡骸にすがる良。最悪の事態に陥った悔しさから地面に拳を叩き付ける郷。

その時、河原から煙が噴き出し、地底から怪獣が現れた。
金山が死んだことで封印が解かれた大怪獣ムルチが復活したのだった。

帰ってきたウルトラマン 第33話「怪獣使いと少年」


驚き逃げ惑う人々は怪獣を退治してくれと叫ぶ。だが郷はその場に座り込んだままだった。

「勝手なことを言うな。怪獣を出したのはあんた達だ。まるで金山さんの怒りが乗り移ったかのようだ…」

人間に絶望した郷ことウルトラマンは、人々を見捨てる決断をした。
ムルチは愚鈍な人間たちに制裁を加えるかのように口から吐く火炎を武器に暴れ回り、町に入った。

誰もいなくなった河川敷。座り込みを続ける郷の前に、一人の僧侶が近づいてきた。

「郷、町が大変なことになっているんだぞ。郷、解らんのか?」

顔を上げる郷。その僧侶は伊吹隊長だった。

決意した郷はウルトラマンジャックに変身。降りしきる豪雨の中ムルチと戦い、スペシウム光線でムルチを粉砕した。その断末魔は人間の悲鳴に似ていた。

雨が上がった。だが良は再び穴掘りを始めた。

「おじさんは死んだんじゃない。メイツ星へ帰ったんだ。だから自分も宇宙船でメイツ星へ行くから、その時は迎えに来てくれ」

「彼は一体いつまで掘り続けるつもりだろう?」(上野)
「宇宙船を見つけるまではやめないだろうな。彼は地球にサヨナラが言いたいんだ」(郷)

そんな良の様子を、郷と上野は遠くから黙って眺めていた。

その後の良少年の消息…


この回以降、良がどうなったかは劇中では一切明かされる事はなく、その最終的な消息や生死は不明であるが、後にウルトラマンメビウス第32話『怪獣使いの遺産』や、その小説版である『アンデレスホリゾント』などで、断片的にではあるもののその後の良がどういう人生を送ったのかが描かれている。

メビウス第32話では、良と幼少期に出会ったという保育園の園長が登場。
園長の話によると、金山=メイツ星人亡き後も一人で宇宙船を掘り進めていた良は、育ての親を殺されて尚も地球に対して絶望する事はなく、メイツ星人が抱いていた『メイツ星と地球がひとつになる』という夢を引き継いで、2つの星を結ぶ架け橋になることを望んでおり、その夢を少女(後の園長)に語った。
そんな良の話を聞いて感銘を受けた少女は、 いつかその言葉を他人にも伝えていきたいと思うようになり、保育園の園長となった。
やがて数十年の時を経て、メイツ星人の息子 ビオと出会った彼女は、地球人に対する憎しみに駆られていたビオにその時の話を聞かせ、彼の怒りを鎮めるきっかけを作った。

小説版『アンデレスホリゾント』ではメイツ星人の事件の後、何度も孤児院に保護されるも、その都度脱走して最終的には件の場所に戻り、宇宙船を探すべく穴を掘り進めていたというが、ある日を境に忽然と姿を消し、その後は完全に行方知れずになったという。
因みに、怪獣使いと少年の本編にも登場した良に唯一優しく接していたパン屋の娘は後年、結婚して家庭を設けるも交通事故により他界したというが、その後、残された息子の教育費を送ってくれた『足長おじさん』なる存在がいたとされ、作中では断言されてはいないもののその正体が良である事を伺わせる記述がされている。

当時の反響

あまりにも過激な演出と救いようのない陰惨な結末ゆえ、TBSの上層部から痛烈な酷評を受け、監督の東條昭平は助監督に降格、脚本を担当していた上原正三も最終回まで仕事を干される羽目になった。

佐久間良を演じた二瓶秀哉は『ウルトラマンタロウ』第31話でもゲスト出演しているが、こちらは対照的に不良中学生役として出演している。

関連タグ

帰ってきたウルトラマン
怪獣使いの遺産

関連動画

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣使いと少年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3662

コメント