ピクシブ百科事典

きのこ怪獣マシュラ

うそつきどくきのこ

本稿ではウルトラマンタロウに登場する怪獣について解説する。
目次[非表示]

データ

  • 身長:0m~46m
  • 体重:0kg~1万4千t
  • 別名:きのこ怪獣
  • 出身地:東京の地底

概要

第31話「あぶない!嘘つき毒きのこ」に登場。
最初は単に巨大な「お化けキノコ」として登場したがウルトラマンタロウの火炎放射によって倒された。
しかし生き残りが武田大介少年を騙した末に偶然食されたことで寄生し、彼が暮らしている団地の給水塔を利用して水分を蓄えることでメイン画像のような姿となった。

その目的は地球上全ての人間をキノコ人間にすること。毒素を体内に取り込んでしまった者は頭部がキノコになってしまい、意のままに操られてしまう。口から発射する毒水「シャンピーヌプワゾン」で人間をキノコ化し、ZATの荒垣副隊長や北島、南原隊員をキノコ人間にしてしまった。目から発射する怪光線は武器として使う以外にキノコ人間を操ることもできる。

元々がキノコなため、体は非常に柔らかく衝撃に強いため肉弾戦ではほとんどダメージを与えることはできない。弱点は

給水塔に仕込んだ毒素で団地の人間をしこたまキノコ人間にした後、全東京都民をキノコ化するため浄水場に向かい、阻止するべく現れたウルトラマンタロウと対決。
体の柔らかさを利用して格闘攻撃を無効化させ、パワーファイトでタロウを追い詰めるがという弱点を突かれキングブレスレットから放たれたドライヤー光線を浴びて体の水分が蒸発し干からびてしまった。大介少年も元に戻り助け出された。
その死骸はマツタケの温床となったという。エンディングでZATの面々にマツタケご飯にされて美味しく頂かれました。

巨大キノコ

東京のど真ん中に突然出現した「お化けキノコ」。
ZATのミサイル攻撃を受けても傷一つつかず、駆除のためばらまいた薬品をシャンピーヌプワゾン(こちらは建造物まで溶かす猛毒)に変えてあたりにばらまくなど大暴れした。

ウルトラマンタロウのタロウファイヤーで焼かれてしまったが、小さなキノコとなって生き残っており、それを不良中学生が大介少年に無理やり食べさせたため彼に寄生、キノコ人間にして操り団地の給水タンクの中に潜ませて力を蓄えていた。
その際シャンピーヌプワゾンを給水タンクから団地の水道に流し、団地の住人をキノコ人間にした後、マシュラとして復活した。

キノコ人間

キノコ人間(ZAT ver.)


マシュラのシャンピーヌプワゾンを受け、キノコになってしまった人間
シャンピーヌプワゾンの入った水を飲んだ団地住人やZAT隊員がこの姿になってしまい、マシュラの怪光線で操られてしまう。意思は無く、言葉は話さない。

マシュラの命令を受けて浄水場に向かおうとしていたが、タロウによってマシュラが倒されると元の人間に戻った。

余談

このエピソードは元々メフィラス星人二代目の回にストーリーこそそのままだが「怪獣、売ります!」というタイトルで放送される予定だった。この理由は過去のシリーズの怪獣を登場させるといった企画に伴ったため。

鳴き声はアストロモンスの流用。

この回に登場した不良中学生役の中に『帰ってきたウルトラマン』第33話「怪獣使いと少年」で佐久間良役を演じた二瓶秀哉がゲスト出演している。

関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣 キノコ マタンゴ・・・・こちらもキノコが人間に寄生するという共通点がある。

pixivに投稿された作品 pixivで「きのこ怪獣マシュラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 495

コメント