ピクシブ百科事典

寄生

きせい

生物が他の生物に住み着くこと
目次[非表示]

概要

生きている他の生物の体内に住み着き、そのまま共生すること。

寄生による効果は宿主に良かれ悪かれ様々な影響を及ぼし、最終的に宿主の身体を乗っ取ってしまうものもあれば、身体に良影響を与えるものもある。後者のように、宿主にも得がある場合を共生と呼び、寄生と区別する事もある。
また、一口に寄生と言っても様々な種類の寄生がある。

  • 捕食寄生
宿主の身体を内部から食い尽くして最終的には殺してしまう。
そこから応用として、宿主の身体から宿主の産んだ卵へ潜り込んで卵を食べる事もある。

  • 外部寄生
宿主の体表面に寄生する種類。
典型的な例としてシラミ等が当てはまる。

  • 内部寄生
宿主の体内に寄生する種類。
宿主との相性が悪いと悪影響を及ぼし、宿主の状態が悪化する事もある。

  • 細胞内寄生
宿主の細胞の中まで寄生する種類。
マラリア等が当てはまる。

  • 重複寄生
寄生している者に他の個体が寄生するといったもの。

  • 労働寄生
盗み寄生とも呼ぶ。
宿主の身体に直接寄生している訳ではないが、宿主が捕らえた獲物(もしくはそのおこぼれ)を横取りする種類。
自然界ではよく見られる現象であり、特に肉食動物にこの行為は発生しやすい。
寄生行為としてのパターンは様々で、捕らえた直後の獲物を狙って攻撃してくるもの、子育ての為に蓄えた食糧を盗むもの、集団生活を行う者の中に紛れ込んで餌をかすめ取るものなど。

  • 社会寄生
労働寄生と同じく、これも宿主に直接的な寄生はしない。
他種族の幼体を連れ去り、自分達の利益になるよう奴隷化させる種類。
サムライアリ等が当てはまる。

  • 死物寄生
動植物の死体から養分を得ていると考えられていた種類。菌類に多く見られる。
現在では見解の違いからあまり一般的に使われておらず、代わりに腐生植物または菌従属栄養植物と称されている。

派生

これらから転じて、「他人の利益を我が物にしようとするだけで自分は何もしない者」といった意味として用いられる事もある。
オンラインゲームなどでもこの言葉が用いられる事があり、例としては「複数のメンバーでないと挑戦できないミッション等に参加するも、実力のあるプレイヤーばかりに働かせて自分はほとんど高みの見物をしている(それには至らずとも、そのミッションに挑戦するにはレベルが低すぎてすぐ敵にやられてしまう)」というプレイヤーを意味する用語として使われたりもする。
また、似たような意味としてそういったプレイヤーを「地雷」と称する事もある。

関連タグ

生物 寄生体 寄生生物 寄生植物 寄生虫
ヤドリギ 菌類 冬虫夏草 カビ 細菌 ウイルス
共生 感染 感染症 病気 病原体 乗っ取り 捕食 憑依 悪堕ち 洗脳 状態変化
水虫 いんきんたむし 虫歯
オンラインゲーム 地雷 ふんたー

関連作品

インスルー 寄生獣 パラサイト バイド パラサイト・イヴ
七星龍 ベビー

pixivに投稿された作品 pixivで「寄生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27903847

コメント