ピクシブ百科事典

概要

R-TYPE』シリーズに登場する敵キャラクターの一種。

超硬質金属にバイド体が付着して誕生したヘビ型の大型バイドで、破壊不可能と言われるほど強固な肉体を持つ。攻撃手段は体当たりと、胴体の節々から付着した肉片(作品によっては光弾に見える)を撒き散らす「バイド炸裂弾」。

ゴマンダーとは共生関係にあり、自身で成長を抑制する事ができないゴマンダーに代わって体内のエネルギーを消費する事で適度な大きさを維持出来る。

初登場は『R-TYPE』のステージ2「生体洞」。
道中の後半あたりから画面内を徘徊し始める為、R-9はインスルーを回避しながら進行していくことになる。胴体の節々にダメージを与えるとバイド炸裂弾を発射不能にすることが可能だが、内部の骨格を破壊することは出来ず、ゴマンダーの体内に入ると攻撃能力も再生してしまう。

R-TYPE FINAL』のステージ6.0「宇宙墓標群」にはアウトスルーという亜種が登場。
この作品ではゴマンダーの体内に侵入して戦う事になる為、ゴマンダーとアウトスルー(インスルー)の生態の一部を垣間見る事が出来る。
また、ステージF-C「どこまでも」には宿主を無くしたアウトスルーが26世紀へと向かうプレイヤーの行く手を阻む。

R-TYPE_TACTICS』では生体洞再現ステージに当たる「No.13:生物兵器施設跡」に登場。
本作では頭部、8体の胴部、尾部で構成されており、頭部は隣接したあらゆるユニットを破壊する接触判定と「体当たりBH」、胴部は「バイド炸裂弾」による攻撃を仕掛けてくる。
また、本作では全部位破壊可能なうえに、一部を破壊すればその後部が連鎖的に破壊されるため、頭部と隣接した胴部を破壊すれば容易に無力化することが出来る。

一応頭部も破壊可能だが、HPはなんと660。胴部のHPは180、本作のラスボスでさえHP360であることを考えると、その異常な頑丈さが伺える。

なお、本作ではインスルー名義で登場しているが、CGモデルはFINALに登場したアウトスルーのものを流用しているようだ。

関連タグ

R-TYPE バイド ゴマンダー R-18 -○-○-○-

pixivに投稿された作品 pixivで「インスルー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18362

コメント