ピクシブ百科事典

目次[非表示]

うねる壁、飛び交う胞子、狂った原住生物
骨格と内蔵だけの化け物が、つかみかかる

概要

シューティングゲーム『R-TYPE』ステージ2のタイトル。

その名の通り、バイド汚染によって生体肉壁化が進行した横穴を通過するステージ。天井と床はエイリアンのような悍ましい頭部、骨格、臓物らしき物体に覆い尽くされ、その中には無数の生体バイドが隠れている。

先述の紹介文(アイレム公式設定資料集に記載されたもの)には「狂った原住生物」という一節があるが、生体洞内にはガラス製の培養槽と思しき人工物も存在しており、ここが本来自然に形成された『洞窟』だったのか、それとも何らかの人工空間がバイド汚染されたものなのかは定かではない。

R-TYPEΔ』5面『邪悪』の序盤には破壊された培養槽や後述のガウパーが迫ってくる場面が存在する。また、シミュレーションRPG『R-TYPE_TACTICS』では土星付近のバイド研究施設「ベストラ研究所」がバイドの異常増殖によって生体洞と化したという設定で登場。本作では派生ステージとして艦船搬入ドックにあたる「生物兵器施設入口」や、バイドが除去されて人類の施設として復旧した「ベストラ研究所」も登場している。

登場バイド

独自の生態系を築いている為か、全てこのステージにしか登場しないタイプである。

ガウパー

Gauper


画面上下の生体肉壁内に潜む中型バイド。付近にR-9が接近すると、肉壁を掻き分けて奇襲攻撃を仕掛けてくる。その肉体は異常進化により骨格と内蔵だけのグロテスクな形態と化しているが、超高速電磁レールキャノン(通常弾)を数発耐える程度の防御力はある。不用意に接近すると複数体が次々に飛び出してきて危険だが、肉壁に隠れているうちに撃破する事も可能。
TACTICSではバイド軍のユニットとして生産可能なほか、『R-TYPEⅢ』に登場する進化系「ガウパー2」へと強化改造することが可能。

ウッキー

赤い瞳を持つ緑色のオタマジャクシのような小型バイド。容易に倒せるが稀にR-9を追尾する個体がいる。二週目になると出現数が増して侮れない存在となる。TACTICSではバルトルの武器として登場した。

バルトル

植物に似た組織構成を持つ中型の生命要塞バイド。道中に二体配置されている。イソギンチャクのような形状をしており、体内に寄生された小型バイド「ゾイド」を吐き出す能力を持つ。ゾイドを出される前に倒しておく方が安全だが、要塞だけあって耐久力は高め。TACTICSでもゾイドを搭載しているほか、ミサイル迎撃が可能な武器「ウッキー弾」を装備している。

ゾイド

バルトルに寄生する小型バイド。体内に脳髄のような器官を持つ緑色のクラゲのような形をしている。攻撃手段は体当たりだけだが地味に耐久力が高く、特に二週目では危険な存在となる。TACTICSではユニットとして開発可能だが、体当たりしか攻撃手段がなくHPも低いので使い道はない。また、何故かムカデ状の大型バイド「ムーラ」への改造も可能だが、こちらも産廃である。
言うまでもないが、惑星Ziに棲息する金属生命体とは無関係。

インスルー

ステージ中盤から現れる巨大な蛇の如き大型バイド。どんな攻撃手段を使っても撃破不可能であり、画面内を大きく蛇行しながら徘徊するため、中盤以降はこれを回避しながら進んでいくことになる。胴体の拡散弾を放つ部位は破壊可能だが、ゴマンダーと合体すると再生してしまう。
TACTICSでは撃破可能になったが、HPはラスボスよりも高い。

ゴマンダー

ステージボス。生体洞の最深部に鎮座し、R-9を待ち受けている。
詳細はゴマンダーの記事を参照。

関連タグ

バイド 肉壁 洞窟

関連記事

親記事

ゴマンダー ごまんだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「生体洞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100180

コメント