ピクシブ百科事典

R-9

あーるないん

R-9とは、アイレムが製作した横スクロールSTG『R-TYPE』およびそのシリーズ作品に登場する 異層次元戦闘機。シリーズ後期では「R-9A "ARROW HEAD"」と呼称される(『R-TYPE TACTICS』では「Rwf-9A」)。R-9の名を冠する機体は複数登場するが、特に断りのない場合この「R-9A」を指す。
目次[非表示]

関連機体(自機に限る)

R-9(後にR-9A)『アロー・ヘッド』

R-9展開図


R-TYPE』の自機として登場。
汎用作業艇R-3をベースに数種の試作機が製造され、地球圏における初の異層次元戦闘機として対バイド戦に投入される。
R-TYPE COMPLETE CDではプロトタイプは複座となっており主人公達が登場している。

R-TYPEΔ』では、除染や修復作業すら行われず宇宙要塞アイギスに放置された前作戦時のR-9Aが引き金となり、「サタニック・ラプソディ」が引き起こされた。
STAGE4・6では意外な形でプレイヤーの前に現れる事になる。

R-TYPEⅡ』では、バイドの再生に必要な金属イオンを摂取する為に前作戦時のR-9A数機がウーム(最終ボス)によって捕獲されている。
パイロットは既に死亡しており、プレイヤーが駆るR-9Cはレーザー通信でR-9Aのシステムを再起動させ、バイドのクローニングプラントの破壊や脱出時の活路を開く為に利用した。

R-TYPE FINAL』のSTAGE F-B「夏の夕暮れ」では特別仕様のR-9Aが最終ボスとして登場。
フォースの強奪(と言うよりフォースが裏切った)、波動砲の連射、更にフォース装着時には3種のレーザーを自由に切り替えるなど、自機として使用できるR-9Aとは桁違いの性能を見せる。

R-9A2『デルタ』

R-TYPE R-9A2 デル太


R-TYPEΔ』の自機の1つ。
R-9A直系の後継機であり、大気圏内専用機として開発されたが、突発的な事態に対し急遽実戦投入された。
本機に搭載された拡散波動砲(試作型)は、後に改良型がR-9Cに組み込まれる事になった。

R-9C(R-9カスタム)『ウォー・ヘッド』

R-9C"WAR HEAD"


R-TYPEⅡ』の自機。
全自動工房で製造されたR-9Aとは違い、技術職人によるハンドメイド。
機体のサイズはR-9Aよりも小型化したが、装備可能なミサイルやレーザーの種類が増えており、波動砲も拡散波動砲へと強化されている。
しかしながら、パイロットの四肢(あるいは脳以外)を除去し、生体コンピュータユニットANGEL PACとして組み込む非人道的なマシンという側面もあり、バイドのクローニングプラント破壊の任を終えたパイロットは凍結状態で保存されるも、公式発表では死亡扱いとなっていた。(『FINAL』や『TACTICS』においてもこのシステムが用いられているかは不明)

R-9S


R-9Cの量産型として設計され、機銃にはプラズマニードル、波動砲にはR-9Cで使用された拡散波動砲を搭載していたようである。
その後、メガ波動砲が搭載され、地形を含めたあらゆるオブジェクトを貫通する。
その都合上、フォースはスタンダードフォースの改良型を使わずに、従来のスタンダードフォースを使用している。

R-9K

R-9Cの低コスト量産期として設計された。
コストの安さと汎用性の高さから試作機のベースモデルとしても利用されている。
波動砲は拡散波動砲、フォースはスタンダートフォースKに変更され、搭載兵装がショットガンレーザー改(赤)とスプレッドレーザー(青)に変更されている。

R-9/0(スラッシュ・ゼロ)『ラグナロック』

R-9/0"RAGNAROK"


R-TYPEⅢ』の自機。
障害物を貫通する「メガ波動砲」、波動砲を連射可能な「ハイパー波動砲」を搭載した超高性能機で、「エリミネート・デバイス」の異名を持つ。
更にラウンド(スタンダード)・フォース、シャドウ・フォース、サイクロン・フォースの3種のフォースデバイスを扱う事が可能で、「シリーズ最強機体」との呼び声も高い。
しかし、『FINAL』ではハイパードライブシステム使用後にオーバーヒートしなくなった代わりに若干性能が低下しており、使用可能なフォースもシャドウ・フォースのみのモンキーモデルとなっている。
また、『Ⅲ』登場時には肉体年齢を14歳に幼体固定された23歳の女性(スゥ・スラスター)を生体コンピュータとして機体に直結するという、ウォー・ヘッドに並ぶ非人道的な手法を用いていた。(当然機密事項であり、軍はこの事実を否定している)

R-9Leo(レオ)

R-9Leo “Leo”


R-TYPE LEO』の自機。
『LEO』ではフォースは装備していない。そのためレーザーもフォースを介さず、機体とサイ・ビットから直接発射する。
波動砲も搭載されておらず、チャージ攻撃ではビットが敵を自動追尾する攻撃(サイビットサイファ)を行う。
直線基調の攻撃が主である同機に曲線の攻撃を付け加えている。

『FINAL』の世界では、ビットに攻撃能力を持たせるという願いは成就され、ビット装備状態での攻撃力は群を抜くうえ、後方への攻撃もフォースの後方配置をせずにビットを後方へ向けるだけで可能になる。
1つのビットデバイスを獲得することで、同時に2機のビットを装備することが出来るなど、通常性能では他機と段違いの性能を見せている。
波動砲がビットの出力に喰われ、最大1ループという扱いにはなっているが、発射と共にサイ・ビット自体を発射し、波動砲の届かない所へと攻撃する事が可能になっている。


関連タグ

STG R-TYPE 波動砲
R戦闘機 自機

関連動画



外部リンク

R-9 DEBUT!!(リンク切れ) R-9の一般販売(!)が行われている……らしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「R-9」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168044

コメント