ピクシブ百科事典

要塞

ようさい

戦力の中心として設立された建物や場所。
目次[非表示]

概要

 戦力中心となる場所。基本的に、居住地を兼ねない。
 戦力以外の要点が大きいと基地、小規模なものを。中世・近世以前のものまたは居住地を兼ねるものをと呼ぶ。
 攻撃を受けてもやすやすと倒れたりなどしない堅牢なつくりをしている。

 中世的な城や砦ではない近代的な「城塞」は、ヨーロッパでは、大砲の威力が上がり、一般の都市に備え付けの城壁で防ぐのが困難になってきた頃に登場。近付いた敵を集中攻撃するために、外壁は複雑な星型を描き、多数の大砲を備え付けた。
 だが、要塞は動けないので、交通の要衝に建てないと意味が乏しく、敵の軍隊に遠回りされると何の意味もないため(要塞を連続して線状に造れば解消できるが、要塞自体と軍事力の維持に莫大な費用を費やす)、軍隊の機動力が上がるとともに存在意義が薄らぎ、航空機やミサイルにも対処が難しいため、直接戦うというよりは出撃・補給拠点を防護する役割が中心になっている。

 日本では、幕末に沿岸防備のための台場(砲台)が各地に造られ、その一部の跡地一帯を埋め立てたのがお台場である。本格的なヨーロッパ風城塞は、箱館五稜郭長野県の龍岡城が造られたが、どちらも当時は時代遅れ気味の星型で、龍岡城は小さ過ぎ、五稜郭も外部構造を省略したりうっかり奉行所を中に入れたりで、結局それほど役に立たなかった。
 明治時代になって、海岸沿いの要所(東京湾の入口など)に要塞が造られ、第二次世界大戦まで機能していた。

要塞の種類

現実


架空


関連イラスト

いつでも来い!名人!
要塞



関連タグ

基地 城郭 空母 キャンプ 都市
お台場台場) 五稜郭
デス・スター イゼルローン要塞 ジャブロー

要塞に例えられるもの

テリー・ボジオドラムセット…ドラムの数がやたらと多い。
京浜急行電鉄京急蒲田駅…複雑な立体構造。地下が主体の場合は「ダンジョン」。

pixivに投稿された作品 pixivで「要塞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309615

コメント