ピクシブ百科事典

要塞駅

ようさいえき

要塞駅とは、高架が二重構造になっている階層の多い駅のこと。
目次[非表示]

概要

重要路線が分岐する運転上の主要駅で、連続立体交差事業によりホーム・線路用の高架が二重構造になっている駅を指す。
元々は地上駅舎であり、線路も平面分岐であったが、運行本数の増発に際し、大勢の利用客の輸送の円滑化や支障する平面交差や踏切解消といった問題解決と駅周辺の市街地化が進み、土地の取得が難航しホームを水平方向に拡大配置が行えなくなった事象が同時に発生した状態で改修したことでこのような高架構造になっていることが多い。

要塞駅は、線路・ホーム階層の真下にも別の線路・ホームがあるという珍しい構造となっている。これは本来停車する路線の営業元が異なる場合は、乗り換え改札用の階層を挟む必要になるため。
単純に下に降りれば改札出口には辿り着けるので構造こそ単純で分かりやすい一方で、乗り降りに階段やエスカレーターを上り下りしなければならないデメリットもあり賛否両論。一番高い線路・ホームだとビル換算で8Fほどの高さに達するため、単純に高所恐怖症にもなかなかきついものがある。
高くて長い構造物になりがちなので、周辺が住宅地である場合は日照権などを考え地下化を選択する場合もある(例としては京王電鉄調布駅小田急電鉄下北沢駅)。このように地下駅で二層式の場合は要塞駅とは呼ばれない。
高架こそ積み重なっていても北千住駅新木場駅のように線路の上の階層に改札を挟む場合要塞では無いとする人もいる。

駅施設に地下構造もあり、停車路線に地下鉄も多く含まれている場合は要塞というよりもむしろダンジョンと称される。

要塞駅の殆どが空港と関係している鉄道会社が多い。空港アクセスは競争が激しいので、速度向上のためには立体交差させないといけないという事情がある。

主な要塞駅

青砥要塞(京成電鉄青砥駅)

住所:東京都葛飾区青戸
高架化:1970年 民鉄において初の重高架化分岐駅

階層路線ホーム構造備考
2F京成本線(上り)・京成押上線島式一面二線
  • 1番のりばは押上方面への列車
  • 2番のりばは京成上野方面への列車
3F京成本線(下り)・成田スカイアクセス北総線島式一面二線
  • 3番のりばは押上方面からの列車
  • 4番のりばは京成上野方面からの列車
M2F改札-

布施要塞(近畿日本鉄道布施駅)

住所:大阪府東大阪市長堂
高架化:1977年

階層路線ホーム構造
4F近鉄奈良線島式一面二線+通過線二線
3F近鉄大阪線島式一面二線+通過線二線
2F改札-

北千住要塞(JR東日本東武鉄道東京メトロつくばエクスプレス)

住所:東京都足立区千住旭町および千住二丁目
高架化:1996年(つくばエクスプレスは2005年)

階層路線ホーム構造備考
4Fつくばエクスプレス島式一面二線4Fとあるが実際は日比谷線の隣
3F東京メトロ日比谷線二面三線
2F改札-
1F東武伊勢崎線常磐快速線両方とも二面三線

地下には東京メトロ千代田線があるがここではノーカウントとする。

太田川要塞(名古屋鉄道太田川駅)

住所:愛知県東海市大田町
高架化:2011年

階層路線ホーム構造備考
3F河和線島式一面二線上りの河和線からの列車。
2F河和線常滑線島式二面四線上りは中部国際空港方面からの列車はこちらか発着。
1F改札-

蒲田要塞(京浜急行電鉄京急蒲田駅)

住所:東京都大田区蒲田
高架化:2012年

階層路線ホーム構造備考
3F京急本線・京急空港線京急久里浜線(下り)島式一面三線羽田空港方面から横浜方面の列車はこちら(1番のりば)。
2F京急本線都営浅草線京成押上線京急空港線(上り)島式一面三線横浜方面からの羽田空港行きの列車こちら(4番のりば)。
M2F改札-

要塞化予定駅

将来的には阪急電鉄淡路駅(大阪府大阪市東淀川区東淡路)と名古屋鉄道知立駅(愛知県知立市栄)も要塞駅の仲間入りが予定されており、現在建設が進められている。

関連タグ

 要塞
東京都 大阪府 愛知県

関連記事

親記事

えき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「要塞駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98

コメント