ピクシブ百科事典

北千住駅

きたせんじゅえき

東京都足立区にある鉄道駅。
目次[非表示]

概要

東京都足立区千住〜千住旭町にまたがる駅。同区を代表する大規模なターミナル駅である。

現在4社5路線(さらに同社の一路線別会社の路線とも直通している)が乗り入れているが、つくばエクスプレスを除いて改札内ですべて繋がっている。そのため、千代田線の改札ではいろいろな切符が回収されているとか…。地下乗り場改札口は東京メトロ・JR・東武のいずれにも対応しているが、橋上改札口は標示する各社線乗車券のみに対応している。東武とTXの利用者は共に2位の利用率を持つ。

他のターミナル駅に負けず劣らず駅構内が複雑になっており、各鉄道会社の構内図も説明が追いついていないレベルである。説明な下手な鉄道会社のものだとどの路線が何階にあるのかすらわからない。同じ伊勢崎線直通でも日比谷線と半蔵門線どっちを走るかで階層が全く異なる事や後述のつくばエクスプレスの階層の問題もあってますますややこしい事になっている。

余談

  • クレヨンしんちゃん野原ひろしみさえにプロポーズした場所としても知られている。
  • 2015年に東京メトロの駅名標更新の際、ミスで「北住」が「北住」の表記となってしまった。やむを得ず「」の字のシールを上から貼り、駅名標を再度取り替えた。
千代田線北千住駅?
【路線擬人化】駅名標修正したよ!


  • 実は、住所上北千住という町名は存在しない。逆に隣駅の南千住駅には南千住という町名が実在し、駅の住所にもなっている。

JR東日本(常磐線快速)

2面3線の地上駅(1F)。駅番号はJJ05。
2番乗り場は上下線共用の待避線である。1番乗り場の発車メロディーは新橋駅で使われているものと同じ。

乗り場路線方向方面備考
1常磐快速線下り取手土浦水戸成田空港方面
2常磐快速線上下線兼用の待避線
3常磐快速線上り日暮里東京方面

東京メトロ千代田線(常磐緩行線)

島式1面2線を有する地下駅(B2F)。駅番号はC18。
当駅~綾瀬駅間は特殊で、常磐線方面を利用する場合、JR東日本の初乗り運賃が適用される。また、当駅~綾瀬駅間のみを乗車する場合は、運賃は東京メトロの初乗り運賃ではなく、JR東日本の電車特定区間の初乗り運賃が適用される。

常磐緩行線の停車駅亀有駅新松戸駅に直接行くためにはJR線ホームではなく千代田線ホームのこちらから乗らないと停車しないというトラップがあるので注意。特に都内にある亀有駅目当てで間違えてJR線ホームに乗ってしまった場合、千葉県の松戸駅まで飛ばされる羽目になる。

乗り場路線方面備考
1千代田線大手町代々木上原新百合ヶ丘唐木田本厚木小田原方面小田原行きはロマンスカーMSEのみ
2 綾瀬新松戸我孫子取手方面

東武伊勢崎線・東京メトロ日比谷線

地上(1F)島式2面4線と高架(3F)2面3線の構造。駅番号は東武はTS09、日比谷線はH21。
浅草方面発着系統や半蔵門線直通系統は地上乗り場から、日比谷線直通系統列車は高架乗り場から発着する。当駅~越谷駅までは私鉄最長の複々線区間になり、竹ノ塚検車区周辺を除いて踏切は基本的に存在しない。
乗降人員は45万人前後で池袋駅に次いで多く、伊勢崎線では最も多いが、池袋駅の減少により差が縮まってきている。因みに日比谷線の乗降人員は28万人である。

地上ホーム(浅草発着・半蔵門線方面)

乗り場路線方向方面備考
特急東武伊勢崎線下り東武日光鬼怒川温泉赤城伊勢崎宇都宮方面1番乗り場とホームを共有。
1・2東武伊勢崎線下り新越谷春日部久喜南栗橋方面浅草・半蔵門線方面からの電車。
3・4東武伊勢崎線上り
  1. 浅草押上方面
  2. 半蔵門線渋谷田園都市線長津田中央林間方面


高架ホーム(日比谷線方面)

乗り場路線方向方面備考
5東武伊勢崎線下り草加新越谷春日部東武動物公園南栗橋方面日比谷線からの直通電車。
6日比谷線A線秋葉原六本木中目黒方面朝夕の一部の折り返し電車のみ。
7日比谷線A線秋葉原六本木中目黒方面東武本線からの直通電車。


つくばエクスプレス

5路線では最も新しい部類に入る高架駅。駅番号は05。
上述したように駅内で唯一改札が分断されているため、改札から上が独立された建物になっている。
島式1面2線ホームで当駅から千代田線に乗り換える乗客が多い。利用者は8.5万人前後で秋葉原駅に次いで2位。

ぱっと見ホームが日比谷線と並行しているように見えるが、建物自体が他の路線と分断されている関係上ちょっと高い位置にあるためホームが3Fにあるのか4Fにあるのかよくわからない事になってしまっている。(多くのサイトでは3Fと紹介されているがTX公式では4Fと言い張っている)

乗り場方向方面備考
1下り流山おおたかの森守谷つくば方面
2上り秋葉原方面優等列車は当駅から各駅停車。

利用状況

近況

JR東日本

  • 2016年度の1日平均乗車人員は214,322人である。
  • JR東日本の駅では10位。
  • 同社の上野駅高田馬場駅より多い。

東京メトロ千代田線
  • 2016年度の1日平均乗降人員は291,464人である。
  • 直通を除いたメトロの駅では池袋駅大手町駅に次いで3位。

東京メトロ日比谷線
  • 2016年度の1日平均乗降人員は293,231人である。
  • 但し、東武伊勢崎線の直通人員を含む。

東武鉄道
  • 2016年度の1日平均乗降人員は450,046人である。
  • 東武の駅では池袋駅に次いで2位で、本線系統では最も利用者が多い。
  • 同社の池袋駅とは利用者を差を縮めつつある。
  • 但し、日比谷線の直通を含む。

つくばエクスプレス
  • 2016年度の1日平均乗降人員は46,542人である。
  • TXの駅では秋葉原駅に次いで2位。

利用状況比較表

事業者名JR東日本つくばエクスプレス
年度乗車人員乗降人員乗車人員乗降人員
2008年度194,724人389,448人33,467人66,934人
2009年度193,976人387,952人35,146人70,292人
2010年度195,260人390,520人36,821人73,642人
2011年度194,136人388,272人37,306人74,612人
2012年度198,624人397,248人39,741人79,482人
2013年度203,428人406,856人41,750人83,500人
2014年度202,415人404,830人41,858人83,716人
2015年度209,994人419,988人44,592人89,184人
2016年度214,322人428,644人46,542人93,084人


事業者名東武鉄道東京メトロ
路線伊勢崎線日比谷線千代田線
年度乗降人員乗降人員乗降人員
2008年度446,474人304,567人306,865人
2009年度437,906人296,938人299,196人
2010年度434,524人292,545人293,307人
2011年度425,309人287,488人281,192人
2012年度435,017人289,324人287,433人
2013年度440,711人291,466人283,962人
2014年度437,156人288,610人285,742人
2015年度443,950人290,330人289,001人
2016年度450,046人293,231人291,464人

停車駅

常磐快速線

南千住駅 - 北千住駅 - 松戸駅

日比谷線

南千住駅 - 北千住駅(終点)

千代田線(常磐緩行線)

町屋駅 - 北千住駅 - 綾瀬駅

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)

牛田駅 - 北千住駅 - 小菅駅

つくばエクスプレス(TX)

南千住駅 - 北千住駅 - 青井駅

乗り入れ路線

JR東日本常磐快速線
東京メトロ千代田線(JR常磐緩行線との直通あり)、日比谷線
東武鉄道東武伊勢崎線
首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス

pixivに投稿された作品 pixivで「北千住駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1385

コメント