ピクシブ百科事典

新松戸駅

しんまつどえき

千葉県にあるJR東日本の駅。常磐緩行線と武蔵野線が乗り入れる。
目次[非表示]

概要

千葉県松戸市にあるJR東日本。1973年開設。
常磐線武蔵野線が乗り入れ、乗換駅としての役割を果たしている。
常磐線緩行線電車のみ停車する(快速線は当駅を通過する)。

常磐緩行線は島式ホーム1面2線を有する地上駅で、ホームは2階、武蔵野線は相対式ホーム2面2線を有する高架駅で、ホームは3階にある。
常磐快速線にはホームがないが、隣の馬橋駅北小金駅から武蔵野線方面への分岐線があり、線路がつながっている。

改札・出口は北西方面の一ヶ所しかなく駅の裏側へ行くには線路沿いにかなり離れた場所にあるトンネルをくぐる大回りをしなければならない。
また、すぐ近くに流鉄流山線の幸谷駅ホームがあるが微妙に出口が不便な場所にあるため、隣の馬橋駅で乗り換えることが推奨される。

尚、武蔵野線の西隣駅にはつくばエクスプレスと接続する南流山駅があり、東京都心やつくば駅等に用があるならそちらで乗り換えた方が便利な他、成田空港北総鉄道と接続している東松戸駅に乗り換えた方が楽。
又、小田急線で通しで利用すると当駅と新松田駅と誤認する事態が相次いでいる。

乗り場

乗り場路線方向方面備考
1常磐緩行線下り我孫子取手方面
2常磐緩行線上り松戸・(千代田線)北千住大手町代々木上原・(小田急線)唐木田伊勢原方面
3武蔵野線上り吉川美南南浦和東所沢府中本町方面
4武蔵野線下り西船橋南船橋東京方面


利用状況

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗車人員は39,015人である。


利用状況比較表

年度乗車人員乗降人員
2008年(平成20年)度36,647人73,294人
2009年(平成21年)度36,192人72,384人
2010年(平成22年)度35,834人71,668人
2011年(平成23年)度35,784人71,568人
2012年(平成24年)度36,288人72,576人
2013年(平成25年)度37,285人74,570人
2014年(平成26年)度36,911人73,822人
2015年(平成27年)度37,926人75,852人
2016年(平成28年)度38,438人76,876人
2017年(平成29年)度39,015人78,030人


関連項目

JR東日本 常磐線 常磐線各駅停車 常磐緩行線 武蔵野線 松戸駅
千葉県内の駅一覧 南流山駅 柏駅  新松田駅

コメント