ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

千葉県千葉市に存在する、JR東日本および千葉都市モノレールの駅。
近く(細い道を挟んだすぐ隣)には京成電鉄京成千葉線京成千葉駅(旧「国鉄千葉駅前」駅)もある。
1894年、総武本線の開通時に市民会館のあたり(今の東千葉駅の手前方)に開業した駅で、東京から外房線内房線方面へ向かう列車はスイッチバックが必要だった。
京成千葉線は外房線を乗り越えて千葉の市街地に突っ込み、栄町千葉中央公園のあたり)に京成千葉駅があった。
1963年に現在の場所に開業。この少し前に京成も現在の路線に切り替えている。
2012年7月1日から駅ビル建て替えに伴う工事が行われ、2016年11月20日に新たな3階改札コンコース駅ナカオープン。モノレール駅とも直結を果たし、新たな出口も開かれた。
2017年には1・2階の駅ナカもオープン予定で、最終的な駅ビルの完成は2018年夏を予定している。

駅構造

京成電鉄京成千葉線については「京成千葉駅」を参照のこと。

JR東日本

JRの乗り入れ路線としては、中央・総武緩行線(1、2番線)、内房線(3、4番線)、外房線(5、6番線)、総武本線(7、8番線)、成田線(9、10番線)、総武快速線/横須賀線(3~10番線)がある。ちなみに、成田エクスプレスのみ停車する。
今の場所へ移転した時に、路線の分岐部分にホームを詰め込み、分岐の間(今の6番線と7番線の間)に駅舎を押し込んだため、外房線・内房線から来ると3~6番線、総武本線(佐倉方面)から来ると7~10番線にしか入れない。総武快速線の東京方面行きの電車はどちらからも来る(3~10番線のどれかから発車する)ため、専用の発車票が構内に掲示されている。
内房線と外房線、総武本線と成田線は、路線の終点が同じ駅のため、ラインカラーを使用している。

乗り場路線方向方面備考
1・2中央・総武緩行線西行き津田沼錦糸町御茶ノ水新宿中野三鷹方面
3・4
  1. 内房線
  2. 総武快速線
  1. 下り
  2. 上り
  1. 蘇我木更津君津上総湊館山安房鴨川方面
  2. 津田沼錦糸町東京横浜大船逗子久里浜方面
5・6
  1. 外房線
  2. 総武快速線
  1. 下り
  2. 上り
  1. 蘇我大網成東上総一ノ宮勝浦安房鴨川方面
  2. 津田沼錦糸町東京横浜大船逗子久里浜方面
7・8
  1. 総武本線
  2. 総武快速線
  1. 下り
  2. 上り
  1. 都賀佐倉成東八日市場銚子方面
  2. 津田沼錦糸町東京横浜大船逗子久里浜方面
9・10
  1. 成田線
  2. 総武快速線
  1. 下り
  2. 上り
  1. 都賀佐倉成田成田空港銚子鹿島神宮方面
  2. 津田沼錦糸町東京横浜大船逗子久里浜方面

千葉都市モノレール

1995年8月1日に現在の場所に開業。島式ホーム2面4線を有する高架駅。
現在はJR駅の3階から改札口を経て4階(ホーム階)のホームへと登れるようになった。
また、3階からは京成駅やそごうセンシティタワー(共に4階)へも濡れずに行ける。
1・4番線が一号線、2・3番線が二号線となっている。

利用状況

JR東日本


乗降人員表

年度京成電鉄JR東日本
乗降人員乗車人員乗降人員
2008年度24,563人107,122人214,244人
2009年度24,428人106,434人212,868人
2010年度24,804人105,777人211,554人
2011年度24,448人104,788人209,576人
2012年度25,506人104,646人209,292人
2013年度26,619人105,812人211,624人
2014年度26,577人103,592人207,184人
2015年度27,470人104,503人209,006人
2016年度28,118人105,205人210,410人


関連項目

房総特急 - しおさいのみ停車。
千葉中央駅 - 元「京成千葉駅」。
京成千葉駅
千葉県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「千葉駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 207

コメント