ピクシブ百科事典

京成千葉駅

けいせいちばえき

千葉市にある京成電鉄・京成千葉線の駅。JR東日本および千葉都市モノレールの千葉駅とは同一地点別構内の関係。
目次[非表示]

概要

千葉県千葉市にある京成電鉄京成千葉線
JR東日本および千葉都市モノレール千葉駅とは同一地点別構内の関係にあるため、相互に乗り換えが可能である。

歴史

かつての駅名は「国鉄千葉駅前駅」であり、全国の鉄道駅の中でもかなり特異な成り立ちの駅である。
京成千葉線ターミナルは初代京成千葉駅であり、現在の中央公園の付近にあった。現在の京成千葉駅の開業は1967年12月1日とかなり新しく、それまで京成は千葉駅国鉄と接続していなかったのである。
千葉市の戦災復興計画に伴う区画整理事業で1958年2月10日に京成千葉駅(現千葉中央駅)が現在地に移転した後、国鉄千葉駅1963年4月28日に現在地に移転開業する。旧千葉駅と旧京成千葉駅は離れていたが、移転開業した千葉駅と京成の線路は近く、国鉄との乗換駅となる当駅が途中駅として開業した。
1987年4月1日JR東日本発足と同時に当駅は京成千葉駅に改称され、元の京成千葉駅は千葉中央駅に改称された。

そごう千葉店に直接入店できる改札口がある。

総武本線蒸気機関車が引く列車ばかりだった頃は、本数が多くて東京駅まで速く行ける京成電車に乗る乗客も多かったが、「総武本線に電車が走り始めた」「京成としては支線なので、直通する優等種別の電車がない」などの理由で、JRに比べると遥かに利用者が少ない。利用者の多くは、京成(千葉線内か、JRが並行していない区間の駅)や新京成電鉄(京成津田沼駅経由で電車が直通している)へ行く人である。

駅構造

相対式2面2線の高架駅である。

乗り場路線方向方面備考
1京成千葉線上り津田沼松戸京成上野方面
2京成千葉線下り千葉中央ちはら台方面

利用状況

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は28,197人である。「乗降人員」は降車した人数を含むため、乗車人員はこの半分くらいになる場合が多い。
    • 前述したような事情で、JRより遥かに少なく、約10分の1の利用者である。


乗降人員表

事業者名京成電鉄JR東日本
年度乗降人員乗車人員乗降人員
2008年度15,210人107,122人214,244人
2009年度15,647人106,434人212,868人
2010年度24,804人105,777人211,554人
2011年度24,448人104,788人209,576人
2012年度25,506人104,646人209,292人
2013年度26,619人105,812人211,624人
2014年度26,577人103,592人207,184人
2015年度27,470人104,503人209,006人
2016年度28,118人105,205人210,410人
2017年度28,197人


関連項目

千葉駅 京成電鉄 京成千葉線 千葉県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「京成千葉駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42

コメント